豆腐でエスニック!?何度でも作りたくなるヘルシーサラダ♡

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2020-04-25 18:02
投稿日:2020-03-15 06:00
 今回はおうちで簡単に作ることができるエスニックサラダをご紹介! 豆腐を使っているのでヘルシーに仕上がっているのもうれしいポイントです。しかも、すべての食材がスーパーで買えるもの。お手軽で簡単ですので、ぜひ試してみてくださいね♪

エスニック料理はお好き??

ビタミンカラー♡(写真:ぐっち夫婦)
ビタミンカラー♡ (写真:ぐっち夫婦)

 みなさん、こんにちは! 料理家のぐっち夫婦です。

 先日、ぐっち夫婦と仲の良い女友達から「このエスニックサラダ、最高においしそうです! 作ってみますー!」と連絡をもらいました。そこで……。

***

夫:そういえば、この間、僕らのInstagramにアップしたエスニックサラダが〈おいしそう!〉っていう連絡をもらったんだよね。

妻:あ、そうなんだ! 確かに女性は好きそうな味付けだね!?

夫:男性だとエスニックはちょっと苦手……という人も多い気がするけど、女性はエスニックが大好きなイメージがあるなぁ。SHINOさんもタイ料理やシンガポール料理、大好きだよね。

妻:うん、好き! シンガポール料理はバクテーが特に大好き(笑)。エスニック料理って言葉の響きだけでもおいしそうなんだけれど、家で作ろうっていうイメージはあんまりないかも。おうちごはんとしてはちょっぴり特別な感じがする。

夫:確かにそれはあるね。基本さえ押さえれば自宅で作るのも難しくないんだけど、家で作るには難しいイメージ。

妻:だから女子は外食でエスニックを食べたくなるのかもね? Tatsuyaさん、エスニック上手だから、簡単なレシピを紹介してみたらどう?

 ということで、今回はエスニックサラダをご紹介します! ドレッシングはほかのサラダにも応用が利くようにしていますので、料理のジャンル問わず、普段の一品にも取り入れてみてくださいね♪

フード 新着一覧


香りや食感まで美味しい「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
無印良品で始める“ぬか漬け生活” 2021.4.30(金)
 子どものころは苦手だったけど、大人になると好きになる――。ぬか漬けはその代表的な食べ物ではないでしょうか。友人に勧めら...
「筍木の芽焼き」水煮のタケノコにタレで香ばしさをプラス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「白魚と根三つ葉の卵締め」出汁さえ丁寧に取れば3分で完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「イワシのかば焼きサラダ仕立て」ご飯にのせれば最高の丼に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「空豆のチーズ寄せ」市販のプロセスチーズをチンして巻く!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
今度は「ペヤングW獄激辛」を食べてみた 2021.4.25(日)
 また、まるか食品さんがやってくれました。激辛シリーズ第3弾は、2020年2月に登場した「ペヤング 獄激辛やきそば」と2...
ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...