華やかな色合いの「ビーツとブルーチーズ」は独特の味と風味

コクハク編集部
更新日:2020-06-28 06:00
投稿日:2020-06-28 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・芦屋のビストロ「Isshiki」の一色幸作さんに、見た目も華やかな「ビーツとブルーチーズ」のレシピを教えていただきました。

ビーツの水分だけでゆっくり焼く

合う酒=オレンジワイン(C)コクハク
合う酒=オレンジワイン (C)コクハク

 ビーツは地中海沿岸地方原産のサトウダイコンの一種で、ホウレンソウと同じ科に属しています。ゆがくとお湯に色素が出て「ボルシチ」になってしまうので、ビーツの水分だけで焼きます。油でゆっくり焼くと、独特のきれいな色が逃げることもありません。

「色がいいので、ぜひ使いたい食材のひとつです。スーパーフードと呼ばれるほど栄養価が高く、味自体も良く、ゴボウのような土っぽい強さがある。カモと相性抜群なのですが、ビーツだけでも十分な一品になります」

 フランス料理にも使われ、色がきれいなことから、ホタテの貝柱と合わせることも。低温のオイルでじんわり火を入れることで透明感が増すそうです。

「ジョージアのオレンジワインは木の樽ではなく、陶器に入れて洞窟の地中で熟成させたもので、ビーツの力強い土の風味とよく合います。仕上げのブルーチーズの量はお好みで。多少、増やしても味も風味もビーツに負けることはありません。パルミジャーノはおまけです」

 ビーツのしっかりした食感と独特の風味が、食欲をそそりますね。

【材料】

・ビーツ 1個
・ローズマリー 1本
・塩 適量
・ブルーチーズ 20グラム
・パルミジャーノ 適量

【レシピ】

1. ビーツを洗って皮をむき、乱切りにする。
2. 鍋にオリーブオイル(分量外)、塩、ローズマリー1本を入れ、最初は強火で。
3. 「ジューー」と音がし出したら蓋をして、弱火で15分ほど混ぜながら炒める。
4. ビーツの水分だけで焼く感じ。軟らかくなったら火を止めて、熱いままの状態でブルーチーズを入れ、余熱で溶かすようにしてとにかく一生懸命混ぜる。

本日のダンツマ達人…一色幸作さん

▽一色幸作(いっしき・こうさく)
 神戸市灘区出身。中学生時代から寿司職人に憧れ、高校卒業後、辻調理師専門学校に進学し、和洋中料理を学び、最終的にフレンチを選択。神戸の「メリケンパークオリエンタルホテル」を経て、オーナーシェフのフレンチなどで修業を積み、2017年12月、芦屋の山手の閑静な住宅街に「Isshiki」をオープン。

▽Isshiki
 カウンター10席ながら店内はゆったりとくつろげる空間が広がる。ランチは、前菜付きの生パスタ(1080円)と目玉焼きチーズハンバーグプレート(1290円)の2種類。夜は、アラカルトのみの本格フレンチ。近所に住む芦屋マダムで賑わっている。兵庫県芦屋市東山町2―6。

(日刊ゲンダイ2019年9月21日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


【つばめグリル】欲望のまま爆食いしてきた! 2022.7.5(火)
 みなさんは老舗洋食店「つばめグリル」をご存知でしょうか? 筆者は幼い頃からよく連れて行ってもらっていたので、親しみのあ...
「茶わん蒸し~コルビ風~」2層の味がクリーミーにとろける
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
【セブン】「明太子おむすび」の圧がすごい 2022.7.2(土)
 みなさん、おむすびで一番好きな具は何ですか? 筆者は断然、明太子! 食感と辛味が米によく合うんだな。そんな明太子好きに...
レモンとお酢でキレイになろう!美容やダイエットにもグー♪
 毎日の生活にレモンとお酢を取り入れて、ラクしてキレイになりましょう! 暑い日々になってからはホットドリンクではなく、冷...
canちゃん 2022-07-01 06:00 フード
「野菜のスープ 黒豚のしゃぶしゃぶのせ」ワンランク上の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
「さつま黒酢ブリとかぶのエミュルション」まるでお花畑!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
「喜ばれるお菓子」の定義を考えてみた 2022.6.23(木)
 おいしいお菓子をいただきました(ありがたや~)。それからというもの、以前にも増して「贈り物上手」になりたいと考えるよう...
「霧島サーモンのマリネ」季節の野菜で作ったソースを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
ファミマの本気度すげえ!「ファミマ・ザ・クレープ」実食 2022.6.20(月)
 ファミリーマートが誇る、累計6200万食突破の大ヒット「ファミマ・ザ・シリーズ」から、待望の新作スイーツが登場します。...
「豆アジの丸ごとカルピオーネ」すし酢で超絶簡単に南蛮漬け
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷のイタリアン「Petalo」の酒匂駿佑...
「超簡単ポテトサラダ」NO作り置き!“5分で完成”時短レシピ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
超人気!ボンボローニを確実に購入するなら 2022.6.13(月)
「本日、完売となっております……」  ガーーーン! という冒頭から失礼をいたします。 「食」に限っては、流行...
「ジャガイモとアンディーブのグラタン」フランスの家庭料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
【フォカッチャ】初めてのパン作りに挑戦! 2022.6.7(火)
 最近、SNSでパン作りが流行っていますよね。ツヤツヤのパン種の動画を、ず~っと見ているとマネして作りたくなるもの。今回...
「季節の野菜のコンポテ」バターと野菜の甘みが溶けたスープ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
門前仲町のスーパーの屋上がビール天国な件 2022.6.4(土)
 いつの間にやら6月に。暑すぎず、寒すぎず、長かった花粉地獄も終わったこの季節が一番好きです。新緑も青空もキラキラまぶし...