シャキシャキ食感の「ゴニラ」味付はごま油とコチュジャンで

コクハク編集部
更新日:2020-07-22 06:00
投稿日:2020-07-22 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・お花茶屋にある居酒屋「東邦酒場」の遠藤泰典さんに、日本酒と相性抜群「ゴニラ」のレシピを教えていただきました。

コチュジャンは入れすぎない

合う酒=日本酒、ハイサワー(C)コクハク
合う酒=日本酒、ハイサワー (C)コクハク

 東邦酒場に行くと、まず最初に頼むのが「ゴニラ」です。お酒で潤した喉に、ごま油でコーティングされたニラがスルスルッと入っていきます。驚くのはニラの食感。水分があって、シャキシャキです。茹ですぎるとクタクタ、絞りすぎると繊維が潰れて食感を失ってしまうのだそう。

 コチュジャンは創業以来お世話になっている韓国食材店から買い付けています。味がまろやかなので、市販のものを使う場合は、半分~7割ぐらいの量で調節するのが無難だとか。入れすぎると味がとがってしまい、ニラが引き立たなくなるので要注意です。

 一番相性がいい酒は日本酒です。店では、奈良・上田酒造の「酒人」のみ。辛口で飲み口が軽くスッと入り、冷やでも熱燗でもウマいオールマイティーな日本酒です。もっとも、今どきインターネットで検索しても出てこない“幻の酒”で、酒造と直接取引をしているごく一部の業者にしか出回っていません。

「日本酒も時間が経つと味が落ちるからね。一時は日本酒の銘柄を並べたけど、味が落ちちゃ意味がないから探して、これにしたんだよね」

 家飲みは消費がスローペースゆえ、冷熱どちらでもおいしくて、軽やかな辛口を探すのがよさそうです。

【材料】

・ニラ  1束
・白髪ねぎ  5センチ分
・コチュジャン  大さじ1~2
・白ごま  少々
・ごま油  大さじ1

【レシピ】

(1)ニラを半分に切り、沸騰した鍋にニラの下半分を入れ、しんなりしたら、上半分を入れてサッと茹で、冷水に浸す。
(2)冷水から取り出し、繊維を潰さないよう手で軽く握って水分を絞り、長さ5センチ程度に切る。
(3)ボウルに、コチュジャンとごま油を入れてペースト状に混ぜ、ニラ、白髪ねぎを和え、最後に白ごまを飾りに振る。

本日のダンツマ達人…遠藤泰典さん

▽えんどう・やすのり
 中学時代から、父である先代と共に店に立ち、17歳から調理系専門学校、バーテンダースクール、ホテルの下ごしらえ専門業者などで修業を重ね、ジャンルレスなメニューを開発。料理のウマさに定評がある。

▽東邦酒場
 昭和32年創業、地元はもちろん、吉田類、銀座ロックフィッシュの間口一就氏も訪れる名店。「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の「きたなシュラン」でも紹介され話題に。葛飾区宝町2―36―8。

(日刊ゲンダイ 2017年8月15日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
「納豆工房 せんだい屋」で納豆愛に溺れる 2021.7.9(金)
 納豆が好きです。かれこれ3年くらい毎朝納豆を食べています。たいていの不調は納豆を食べておけば何とかなる! と思っていま...
「つぶ貝 酒盗和え」スーパーのつぶ貝にひと手間加えるだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...