シャキシャキ食感の「ゴニラ」味付はごま油とコチュジャンで

コクハク編集部
更新日:2020-07-22 06:00
投稿日:2020-07-22 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・お花茶屋にある居酒屋「東邦酒場」の遠藤泰典さんに、日本酒と相性抜群「ゴニラ」のレシピを教えていただきました。

コチュジャンは入れすぎない

合う酒=日本酒、ハイサワー(C)コクハク
合う酒=日本酒、ハイサワー (C)コクハク

 東邦酒場に行くと、まず最初に頼むのが「ゴニラ」です。お酒で潤した喉に、ごま油でコーティングされたニラがスルスルッと入っていきます。驚くのはニラの食感。水分があって、シャキシャキです。茹ですぎるとクタクタ、絞りすぎると繊維が潰れて食感を失ってしまうのだそう。

 コチュジャンは創業以来お世話になっている韓国食材店から買い付けています。味がまろやかなので、市販のものを使う場合は、半分~7割ぐらいの量で調節するのが無難だとか。入れすぎると味がとがってしまい、ニラが引き立たなくなるので要注意です。

 一番相性がいい酒は日本酒です。店では、奈良・上田酒造の「酒人」のみ。辛口で飲み口が軽くスッと入り、冷やでも熱燗でもウマいオールマイティーな日本酒です。もっとも、今どきインターネットで検索しても出てこない“幻の酒”で、酒造と直接取引をしているごく一部の業者にしか出回っていません。

「日本酒も時間が経つと味が落ちるからね。一時は日本酒の銘柄を並べたけど、味が落ちちゃ意味がないから探して、これにしたんだよね」

 家飲みは消費がスローペースゆえ、冷熱どちらでもおいしくて、軽やかな辛口を探すのがよさそうです。

【材料】

・ニラ  1束
・白髪ねぎ  5センチ分
・コチュジャン  大さじ1~2
・白ごま  少々
・ごま油  大さじ1

【レシピ】

(1)ニラを半分に切り、沸騰した鍋にニラの下半分を入れ、しんなりしたら、上半分を入れてサッと茹で、冷水に浸す。
(2)冷水から取り出し、繊維を潰さないよう手で軽く握って水分を絞り、長さ5センチ程度に切る。
(3)ボウルに、コチュジャンとごま油を入れてペースト状に混ぜ、ニラ、白髪ねぎを和え、最後に白ごまを飾りに振る。

本日のダンツマ達人…遠藤泰典さん

▽えんどう・やすのり
 中学時代から、父である先代と共に店に立ち、17歳から調理系専門学校、バーテンダースクール、ホテルの下ごしらえ専門業者などで修業を重ね、ジャンルレスなメニューを開発。料理のウマさに定評がある。

▽東邦酒場
 昭和32年創業、地元はもちろん、吉田類、銀座ロックフィッシュの間口一就氏も訪れる名店。「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の「きたなシュラン」でも紹介され話題に。葛飾区宝町2―36―8。

(日刊ゲンダイ 2017年8月15日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「ジャガイモのにんにく和え」これぞ自家製のポテサラです
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・六甲の生パスタ専門店「BRABONO」の黒...
「糸ウリと焼きナスのひたし」2種類のダシで生まれる味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「じゃがいものガレット」ビストロの定番をおうちで作る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
ホクホクをほおばる「アボカドのタネに見立てたコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
2020-11-24 06:00 フード
「アンコウの酒盗干し」天日で半日干せば極上おつまみ完成!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の老舗和食店「はち巻岡田」の岡田幸造さ...
おうちで簡単に作れる!かぼちゃとベーコンの絶品キッシュ
 急に冷え込む日が続くようになって、一気に季節が冬に移り変わろうとしていますね。冬は、クリスマスやお正月などイベントごと...
ぐっち夫婦 2020-11-22 06:00 フード
真っ白な「ポテトサラダ」じゃがいも=こってりの概念を覆す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は北海道・札幌の和食店「酒と肴 類」の菊岡正輝さん...
「南蛮エビなめろう」これぞ酒泥棒!目が覚めるコクとうま味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
削ってレンチン!赤ワインには「パリパリ・パルミジャーノ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
「葉蒜豆鼓炒海瓜子(葉ニンニクとアサリの豆鼓炒め)」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・千歳烏山の台湾料理店「天天厨房」の謝天傑さ...
万能ソースが活躍「マッシュルームとフォアグラのリゾット」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・北新地のフレンチ「カラーズ」の加藤吾郎さん...
「ムール貝とカブのワイン蒸し」塩辛と生米で2度おいしい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のフレンチ「銀座エスコフィエ」の東正俊...
裏技テクでじっくり2時間 磯の風味を凝縮した「蒸しアワビ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」は冷めてもおいしい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...
イタリアンな「魚介のサラダ」時短&失敗ナシなのに主役級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
「ニンジンのサラダ クミン風味」カレー風味の“なます”です
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・押上のスパイス料理専門店「スパイス・カフェ...