バセドウ病の再燃で疲労困憊…治療はいつも不安と隣り合わせ

めりぃ(つけものがかり) 編集者
更新日:2020-06-23 06:00
投稿日:2020-06-23 06:00
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひとつ増え、ふたつ増え……。「バセドウ病は死ぬ病気ではない」と聞くものの、身体が弱ってしまえば、ほかの病気を招きやすくなるのも気がかりでした。

バセドウ再燃後に不安だったのは「無顆粒球症」や「甲状腺クリーゼ」

副作用にもビクビクする毎日(写真:iStock)
副作用にもビクビクする毎日 (写真:iStock)

 バセドウ病が再燃する前は、治療経過が順調だったこともあって、日常生活で自分がバセドウ病であることを負担には感じていませんでした。

 しかし再燃後は、寝ても覚めても体調が優れないこともあり、バセドウ病治療中に起きることがある副作用で肺炎や敗血症を引き起こす「無顆粒球症」や、なんらかの出来事が引き金で起きる「甲状腺クリーゼ」への恐怖心が増しました。

「メルカゾール」にアナフィラキシーが出た私は、主に「プロパジール」と「ヨウ化カリウム丸」で治療していましたが、再燃後に薬の量が増えるにつれ、副作用にもビクビクする毎日。結果的に、メルカゾール以外は副作用が出ませんでしたが、こればかりは飲み続けている以上は、不安と隣り合わせなのを覚悟しなければならないのと思います。

 また、多臓器不全に陥る甲状腺クリーゼへの恐怖心も強く、感染症がその引き金になることもあると聞いていたので、インフルエンザだけでなく風邪にもかからないよう、常に注意を払っていました。

薬はちゃんと飲んでいるのに…突きつけられた残酷な検査結果

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 離婚したばかりの時って、なんとなく世間に後ろめたい気がしませんか。私は人と会うのが怖くなり、友人の結婚式をお断りしてし...
FILM
 きょうは、空中浮遊のにゃんたまωにロックオン。  長毛種の猫にとって、日本の夏は……湿度サイアク! あつくるしい...
FILM
 考えてみるとお花屋さんというお商売は、亡くなるご本人やそのご家族、あるいは、その知人との距離が微妙に近い不思議な職業で...
FILM
 きょうは、爪とぎ中のにゃんたまωにロックオン。  ガリガリガリ♪♪♪ ストレス発散!きもちイイな~!  猫...
FILM
 病気入院や手術が急に決まったとき、すぐに直面するのが治療費と収入に関する不安です。例えば日本人女性に多い子宮頸がんは若...
FILM
 仲間たちが噂していた「白ユリのような可憐な女の子」があっちにいる!!!  きょうは、スグに声を掛けず、まだ若い白...
FILM
 ネコ店長「さぶ」が率いる我がお花屋さんには、おかげさまで最近ネコ以外の生き物も生息するようになりました。いや、無理やり...
FILM
 アメリカ、特にニューヨークではメキシコ料理、ベトナム料理、中華料理が人気です。そして、それらの料理にはパクチーがよく使...
FILM
 郊外に念願の一軒家を手に入れた、1組の「パワー夫婦」。会社への通勤には少々不便な地でも、テレワークがメインの今は「少し...
FILM
 尊いにゃんたまωを求めて遠い島へ。  地図上で見つけにくい、ここは神聖なる秘密の「にゃんたま島」。  初め...
FILM
 梅雨が明け、いよいよ本格的な夏の到来です。例年ならばバーベキューや旅行など、楽しみがたくさんある季節ですが、外出や旅行...
FILM
 いつでもニコニコしていて優しい女性、あなたの周りにいませんか? そういった女性は男女問わず、人気があるでしょう。しかし...
FILM
 一生に一度も嘘をついたことのない人はいないでしょう。人をだます悪質な嘘をつく人は少ないと思いますが、隠しごとをしたり、...
FILM
 近頃、外見も性格も男前な“ハンサム女子”が大人気。男性も女性も憧れるハンサム女子には、一体どのような特徴があるのでしょ...
FILM
 きょうは、惚れ惚れするにゃんたまωに出逢いました。  張りがあって、形も色も……なんて美しいのでしょう! ...
FILM
 まさか自分がお花屋さんになるなんて思ってもいなかった、社会人1年目の夏。初めていただいた夏のボーナスで、仏教の国「タイ...