ざくっと盛る「アボカドとアーモンドのピリ辛ポテトサラダ」

コクハク編集部
更新日:2020-09-13 06:00
投稿日:2020-09-13 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋のドイツ料理が楽しめるワインバー「ワインセラー ローゼンタール」の島田由美子さんに、柚子こしょうが効いた「アボカドとアーモンドのピリ辛ポテトサラダ」のレシピを教えていただきました。

アーモンドの食感がアクセント

合う酒=さっぱりした辛口のワイン、ふっくらした純米酒(C)コクハク
合う酒=さっぱりした辛口のワイン、ふっくらした純米酒 (C)コクハク

 ポテサラほどアレンジ自在で自由なおつまみはないかも。この店の場合は、ピリリとした柚子こしょうの辛みとアーモンドのカリッとした食感がアクセントです。

「母の実家が佐賀県で柚子こしょう文化圏。叔父が冬になると自家製の柚子こしょうをたくさん送ってくれるので」と生まれたのがこのメニューです。アボカドは柚子こしょうの塩気をマイルドにする役割で「同系色のものを合わせると、大体おいしいという法則があるんです」と島田さん。

 最大のポイントは混ぜすぎないこと。

「酒のつまみで大事なのは勢い。さっくり混ぜて、ざくっと盛った、その勢いが味になる。空気を食べているような感覚ですね」

 アボカドがじゃがいもにきちんとなじむまで混ぜてしまうのはダメで、アボカドグリーンがまだなくならないくらいがちょうどいい。確かに、ランダムなほうがひと口食べるたびに味も食感も変化があって、飽きることなく、間違いなくお酒が進みます。

「じゃがいもはできれば弱火でじっくり1時間茹でるとホクホクした食感になるります。何個か茹でてつぶして、ポテトサラダのもととして冷蔵しておくと、すぐに作れて便利です。ただし、3日くらいで使い切ってくださいね」

【材料】

じゃがいも(男爵系) 1個
アボカド      2分の1個
オリーブオイル   大さじ1
白ワインビネガー    適量
柚子こしょう 小さじ1(少なめに入れ味見をしながら加減を)
アーモンド 10粒(包丁の背でつぶしておく)

【作り方】

(1)じゃがいもは皮ごと茹で、芯に火が通ったら粗くつぶして冷ましておく。
(2)ボウルにアボカドを入れ、1とオリーブオイル、白ワインビネガー、柚子こしょうを加え、スプーンでアボカドをつぶしながら混ぜる。
(3)アーモンドを入れてさっくり混ぜる。

本日のダンツマ達人…島田由美子さん

▽しまだ・ゆみこ
 神奈川県相模原市出身。大学卒業後、出版社に2年間勤務の後、フランスに1年遊学。帰国後、ワイン雑誌の編集に3年間携わった後、2003年から「ワインセラー ローゼンタール」の店長となる。15年からオーナー。

▼ワインセラー ローゼンタール
 JR新橋駅銀座口から徒歩7分。ドイツワインと、自家菜園から届く季節の野菜料理が楽しめる大人の気楽な談話室。季節のフェアや月に1度ワイン会も開催。東京都中央区銀座8―7―11 ソワレ・ド・銀座第2弥生ビル8階。

(日刊ゲンダイ2017年10月17日付記事を編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「豚肉とキャベツ、春雨炒め」モチモチ食感の春雨が主役!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「ナス、トマト、ピーマンの黒酢炒め」底のスープも有効活用
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
新たな無限おつまみ「エノキと千切りキュウリのラー油あえ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
今年の枝豆は“昆布塩水漬け”も仲間入り♡ 2021.6.23(水)
 わーい、わーい。夏のおつまみに欠かせないやつ、今年も枝豆の季節がやってまいりました! 昨夏は取材先のjiubar(東京...
「小ネギと豆腐のゴマ塩あえ」切った材料をあえるだけで完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「アーリオ・ラー油・ペペロンチーノ」自家製ラー油に挑戦!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
神戸出身記者オススメ!鉄板スイーツ3選 2021.6.19(土)
 長引くコロナ禍で、地元・神戸に帰省出来ない日々が続いています。18歳で上京して以来、こんなに帰らなかったことはありませ...
「半熟卵 豆板醤とレモンたれ」コクと深みがすごい万能ダレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「おしゃれすぎるフードコート」居心地は?2021.6.18(金)
 日本橋界隈での打ち合わせで「COMMISSARY(カミサリー)」(東京・中央区)に行ってまいりました。
粋なおつまみ「アメリカンチェリーとブルーチーズのマリネ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...