ざくっと盛る「アボカドとアーモンドのピリ辛ポテトサラダ」

コクハク編集部
更新日:2020-09-13 06:00
投稿日:2020-09-13 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋のドイツ料理が楽しめるワインバー「ワインセラー ローゼンタール」の島田由美子さんに、柚子こしょうが効いた「アボカドとアーモンドのピリ辛ポテトサラダ」のレシピを教えていただきました。

アーモンドの食感がアクセント

合う酒=さっぱりした辛口のワイン、ふっくらした純米酒(C)コクハク
合う酒=さっぱりした辛口のワイン、ふっくらした純米酒 (C)コクハク

 ポテサラほどアレンジ自在で自由なおつまみはないかも。この店の場合は、ピリリとした柚子こしょうの辛みとアーモンドのカリッとした食感がアクセントです。

「母の実家が佐賀県で柚子こしょう文化圏。叔父が冬になると自家製の柚子こしょうをたくさん送ってくれるので」と生まれたのがこのメニューです。アボカドは柚子こしょうの塩気をマイルドにする役割で「同系色のものを合わせると、大体おいしいという法則があるんです」と島田さん。

 最大のポイントは混ぜすぎないこと。

「酒のつまみで大事なのは勢い。さっくり混ぜて、ざくっと盛った、その勢いが味になる。空気を食べているような感覚ですね」

 アボカドがじゃがいもにきちんとなじむまで混ぜてしまうのはダメで、アボカドグリーンがまだなくならないくらいがちょうどいい。確かに、ランダムなほうがひと口食べるたびに味も食感も変化があって、飽きることなく、間違いなくお酒が進みます。

「じゃがいもはできれば弱火でじっくり1時間茹でるとホクホクした食感になるります。何個か茹でてつぶして、ポテトサラダのもととして冷蔵しておくと、すぐに作れて便利です。ただし、3日くらいで使い切ってくださいね」

【材料】

じゃがいも(男爵系) 1個
アボカド      2分の1個
オリーブオイル   大さじ1
白ワインビネガー    適量
柚子こしょう 小さじ1(少なめに入れ味見をしながら加減を)
アーモンド 10粒(包丁の背でつぶしておく)

【作り方】

(1)じゃがいもは皮ごと茹で、芯に火が通ったら粗くつぶして冷ましておく。
(2)ボウルにアボカドを入れ、1とオリーブオイル、白ワインビネガー、柚子こしょうを加え、スプーンでアボカドをつぶしながら混ぜる。
(3)アーモンドを入れてさっくり混ぜる。

本日のダンツマ達人…島田由美子さん

▽しまだ・ゆみこ
 神奈川県相模原市出身。大学卒業後、出版社に2年間勤務の後、フランスに1年遊学。帰国後、ワイン雑誌の編集に3年間携わった後、2003年から「ワインセラー ローゼンタール」の店長となる。15年からオーナー。

▼ワインセラー ローゼンタール
 JR新橋駅銀座口から徒歩7分。ドイツワインと、自家菜園から届く季節の野菜料理が楽しめる大人の気楽な談話室。季節のフェアや月に1度ワイン会も開催。東京都中央区銀座8―7―11 ソワレ・ド・銀座第2弥生ビル8階。

(日刊ゲンダイ2017年10月17日付記事を編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


ホッとする一杯「ウナギ茶漬け」ウナギは酒蒸しでふっくらと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
激辛からの卒業? ペヤング新商品を実食 2021.10.27(水)
 なんということでしょう! まるか食品さんがまたしても新商品をリリースしました。その名も「社員が思う一番美味しい辛さ」。...
ホムパ何持ってく?おかぶりしない手土産 2021.10.26(火)
 ホームパーティにお呼ばれした際の手土産選び、楽しいけれども、迷いますよね。。  先だって、仲良くさせていただいて...
市販のかば焼きで「ウナギの柳川鍋」 煮込む前にサッと炙る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
出汁を使わない「うまき」 卵液はウナギのタレと水で溶く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
辛くて美味しい「雷コンニャク」 コクの秘密はウナギのタレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
さっぱり美味しい「うざく」 市販のウナギはタレを洗い流す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
「東京コロッケ」揚げたてのジャガイモはホックホクで熱々!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...