まるでレストラン!彩り野菜を添えた「牛肉とナスの巻き物」

コクハク編集部
更新日:2020-11-01 06:00
投稿日:2020-11-01 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・豊中市のフレンチ「ビストロ・リッペ」の中尾匡宏さんに、ジューシーなお肉を楽しむ「牛肉とナスの巻き物 冷製彩り野菜の和風サラダ添え」のレシピを教えていただきました。

ガッツリした肉とさっぱりナスが好相性

合う酒=ビール、ワイン、焼酎、ジン(C)コクハク
合う酒=ビール、ワイン、焼酎、ジン (C)コクハク

 大阪府豊中市。関西の「住みたい街ランキング」では常に上位に入る人気の街。梅田駅から豊中駅までは阪急電車でわずか12分、駅から徒歩1分のこの地で、フランス料理店をはじめて15年。豊中マダムを中心に、地元でも評判のお店があります。

 オーナーシェフの中尾さんは長野・白馬のホテルで4年間、住み込みで総料理長をしていました。そのため、ジビエや新鮮野菜の使い方はお手のもの。

「今回はダンツマのために、新たに料理を考えました。思いついたら試しに作ってみることはよくありますね」とすべてが最新のオリジナル料理です。

「ポイントはナスと肉を上手に巻くことです。牛肉は端の部分を少しだけ重ねて、15センチ四方に正方形になるように並べます。そこにタテに8分の1に切ったナスを、手前から3センチぐらいのところに、それぞれ隣り合わせるように2本ずつ並べていきます。同じようにして、その上に残りの6本を敷きつめてください。そして手前からクルッと巻いていき、ラップでピッチリ空気が入らないように巻き、両サイドをひねってくくります。くくりにくい時はセロハンテープで留めてください」(中尾さん)

 肉は少し赤みがかっていて、添えられた野菜は彩り豊かで食欲をそそります。口の中に入れた瞬間、肉の中からナスが出てくるこの食感がむっちゃいい!

 肉はしゃぶしゃぶよりちょっと生っぽく、どちらかというとタタキのような感じ。ガッツリした味の肉と、さっぱりしたナスのバランスが絶妙。お酒のアテにぴったりです。

【材料 2人前】

・モモかイチボ肉のスライス 120グラム
・ナス(10センチぐらい) 1本
・ブロッコリー 好みで
・枝豆 好みで
・ミニトマト 好みで
・チコレ 好みで
・ポン酢 20㏄
・ごま油 10㏄
・塩、コショウ 適量

【レシピ】

(1)塩、コショウしたナスを8分の1に切り、180度の油で揚げ、冷凍庫に5、6分間入れ、粗熱をとる。これを塩、コショウした牛肉で巻き、ラップで包む。
(2)沸騰したお湯に1分間、1を入れ、ボウルの氷水で冷やす。
(3)ボイルしたブロッコリー、枝豆、ミニトマト、チコレを適当な大きさに切り、ポン酢とごま油であえる。
(4)牛肉を4等分か5等分にし、お皿に並べ、彩り良く盛るだけ。

本日のダンツマ達人…中尾匡宏さん

▽なかお・まさひろ
 1966年、豊中市生まれ。高校時代、飲食店でアルバイトしたのをきっかけに料理人を志す。31歳で独立。97年、大阪・箕面市で仏料理店「ケセラセラ」をオープン。03年、店名を変え、豊中に移転。

▽ビストロ・リッペ
 リッペとは仏語で「一口のごちそう」の意。ランチは週替わり、ディナーは月替わりでともに3種類。アラカルトは夜のみで約30種類。市場で魚介、肉などお気に入りの素材を仕入れ、信楽焼を中心とした器に盛り付けられる。「おいしく、楽しく、リーズナブルに日常的なフランス料理を」が基本的コンセプトだ。豊中市末広町1―1―8。

(日刊ゲンダイ2018年12月4日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「特大ゴボウの唐揚げ」ばくばく食べてしまうこと必至…!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
幻の「3時のおやつ あんぱん」攻略⁉ 2021.6.8(火)
 数量限定、期間限定、地域限定……。「限定」というキーワードに心惹かれる方は多いことでせう(+αで「なくなり次第終了」と...
巣ごもりに「焼きとうもろこし」…奇をてらわない美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、オー...
「イワシの幽庵焼き」漬けて焼くだけで本格和食おつまみに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、ゆず...
“世界一高いツナマヨ”を缶詰で代用!「マヨなしツナマヨ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、同店...
「枝豆の昆布塩水漬け」下処理いらずで悪魔的なおいしさに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、食べ...
「牡蠣の酒蒸し」冷やして食べることでうま味をぎゅっと凝縮
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、食べ...
フレンチの鉄板“カモネギ”「鴨胸肉の燻製 焼きネギ包み」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・都立大学のフレンチレストラン「SHEZ ...
いろいろ漬けよう! 変わり種ぬか漬けをご紹介2021.5.30(日)
 まだまだぬか漬け生活を続けています。ダイコン、ニンジン、キュウリの定番以外にもいろいろ漬けてみましたのでご紹介します。...
「ボンレスハムのムース」生クリームとハムの風味が癖になる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・都立大学のフレンチレストラン「SHEZ ...