まるでレストラン!彩り野菜を添えた「牛肉とナスの巻き物」

コクハク編集部
更新日:2020-11-01 06:00
投稿日:2020-11-01 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・豊中市のフレンチ「ビストロ・リッペ」の中尾匡宏さんに、ジューシーなお肉を楽しむ「牛肉とナスの巻き物 冷製彩り野菜の和風サラダ添え」のレシピを教えていただきました。

ガッツリした肉とさっぱりナスが好相性

合う酒=ビール、ワイン、焼酎、ジン(C)コクハク
合う酒=ビール、ワイン、焼酎、ジン (C)コクハク

 大阪府豊中市。関西の「住みたい街ランキング」では常に上位に入る人気の街。梅田駅から豊中駅までは阪急電車でわずか12分、駅から徒歩1分のこの地で、フランス料理店をはじめて15年。豊中マダムを中心に、地元でも評判のお店があります。

 オーナーシェフの中尾さんは長野・白馬のホテルで4年間、住み込みで総料理長をしていました。そのため、ジビエや新鮮野菜の使い方はお手のもの。

「今回はダンツマのために、新たに料理を考えました。思いついたら試しに作ってみることはよくありますね」とすべてが最新のオリジナル料理です。

「ポイントはナスと肉を上手に巻くことです。牛肉は端の部分を少しだけ重ねて、15センチ四方に正方形になるように並べます。そこにタテに8分の1に切ったナスを、手前から3センチぐらいのところに、それぞれ隣り合わせるように2本ずつ並べていきます。同じようにして、その上に残りの6本を敷きつめてください。そして手前からクルッと巻いていき、ラップでピッチリ空気が入らないように巻き、両サイドをひねってくくります。くくりにくい時はセロハンテープで留めてください」(中尾さん)

 肉は少し赤みがかっていて、添えられた野菜は彩り豊かで食欲をそそります。口の中に入れた瞬間、肉の中からナスが出てくるこの食感がむっちゃいい!

 肉はしゃぶしゃぶよりちょっと生っぽく、どちらかというとタタキのような感じ。ガッツリした味の肉と、さっぱりしたナスのバランスが絶妙。お酒のアテにぴったりです。

【材料 2人前】

・モモかイチボ肉のスライス 120グラム
・ナス(10センチぐらい) 1本
・ブロッコリー 好みで
・枝豆 好みで
・ミニトマト 好みで
・チコレ 好みで
・ポン酢 20㏄
・ごま油 10㏄
・塩、コショウ 適量

【レシピ】

(1)塩、コショウしたナスを8分の1に切り、180度の油で揚げ、冷凍庫に5、6分間入れ、粗熱をとる。これを塩、コショウした牛肉で巻き、ラップで包む。
(2)沸騰したお湯に1分間、1を入れ、ボウルの氷水で冷やす。
(3)ボイルしたブロッコリー、枝豆、ミニトマト、チコレを適当な大きさに切り、ポン酢とごま油であえる。
(4)牛肉を4等分か5等分にし、お皿に並べ、彩り良く盛るだけ。

本日のダンツマ達人…中尾匡宏さん

▽なかお・まさひろ
 1966年、豊中市生まれ。高校時代、飲食店でアルバイトしたのをきっかけに料理人を志す。31歳で独立。97年、大阪・箕面市で仏料理店「ケセラセラ」をオープン。03年、店名を変え、豊中に移転。

▽ビストロ・リッペ
 リッペとは仏語で「一口のごちそう」の意。ランチは週替わり、ディナーは月替わりでともに3種類。アラカルトは夜のみで約30種類。市場で魚介、肉などお気に入りの素材を仕入れ、信楽焼を中心とした器に盛り付けられる。「おいしく、楽しく、リーズナブルに日常的なフランス料理を」が基本的コンセプトだ。豊中市末広町1―1―8。

(日刊ゲンダイ2018年12月4日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


さっぱり美味しい「うざく」 市販のウナギはタレを洗い流す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
「東京コロッケ」揚げたてのジャガイモはホックホクで熱々!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...