100均の女物のパンツをこっそり履いているエリート夫の正体

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-10-31 06:00
投稿日:2020-10-31 06:00
 結婚してからわかる相手の本性。同棲をしばらくしていたから大丈夫!というものではありません。入籍する意味合いは思うより深いものです。こんなはずではなかったと後悔した女性たちを参考に、もしもの時のダメージを最小限に回避できるように結婚前の分析力を高めておきましょう。

離婚率の低い「お見合い結婚」で釣り合う相手を探す

お見合いで出会って結婚(写真:iStock)
お見合いで出会って結婚 (写真:iStock)

 A子さん(36)は8年前に親を介してお見合いをしました。A子さんの実家は裕福な地元の名士で、中高一貫教育のお嬢様学校を卒業後、ロンドンに留学をして5年後に日本に戻ってきました。女子校だったことと日本にいなかったことで、日本人の男性との接点はほとんどありませんでした。

 “お嬢様ルールあるある”のひとつに、お見合いで家柄の釣り合う人を見つけるという風習があります。幼い頃からそんな話を聞いていたA子さんは、お見合いの話に抵抗はありませんでした。

 日本の離婚率の高さはご存じだと思いますが、特に大恋愛の末に結婚をしたカップルほど離婚に至っているとう傾向があります。ちょうど結婚する頃が気持ちのピークで一緒になるので、あとの実生活が始まれば減点法式で、えっ? こんな人だった? と点数が減っていくからです。大好きだったからこそ期待値が高かった結果かもしれません。

 お見合い結婚の場合、100点満点で言えば、高くても50点以下でスタートするので、思いやりと努力で愛を育んでいける可能性を多いに秘めています。だからでしょうか。お見合い結婚における離婚率は約10%とかなり低い数値です。

毎日、ぬいぐるみ夫と眠るむなしさ

仲が悪いわけではないけれど(写真:iStock)
仲が悪いわけではないけれど (写真:iStock)

「同じベッドで寝ていてもぬいぐるみみたいな、なんていうか無機質なんです」

 A子さんの悩みは、夫からの情熱を全く感じないこと。しかし、「○○家」と呼べる家柄の良い夫には跡継ぎが必要でした。夜の生活も、男性経験が少ないA子さんは比較のしようがありませんでした。

「黙々と淡々と終わる」

 子孫繁栄のための行為という表現がぴったりだったそうです。穏やかでそれなりに優しい夫ですが、一人目の子供ができてから3年ほどレスで、キスすらない共同生活でした。

 眠るときには同じベッドで寝ていたそうですが、A子さんには全く関心がないのが伝わってきたそうです。寂しくて空しくて涙がこぼれた時もありましたが、ある時、A子さんの脳裏をよぎった答えが、家柄が釣り合わず結婚できなかった女と、今でもつながっているのでは、という疑惑でした。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ