100均の女物のパンツをこっそり履いているエリート夫の正体

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-10-31 06:00
投稿日:2020-10-31 06:00
 結婚してからわかる相手の本性。同棲をしばらくしていたから大丈夫!というものではありません。入籍する意味合いは思うより深いものです。こんなはずではなかったと後悔した女性たちを参考に、もしもの時のダメージを最小限に回避できるように結婚前の分析力を高めておきましょう。

離婚率の低い「お見合い結婚」で釣り合う相手を探す

お見合いで出会って結婚(写真:iStock)
お見合いで出会って結婚 (写真:iStock)

 A子さん(36)は8年前に親を介してお見合いをしました。A子さんの実家は裕福な地元の名士で、中高一貫教育のお嬢様学校を卒業後、ロンドンに留学をして5年後に日本に戻ってきました。女子校だったことと日本にいなかったことで、日本人の男性との接点はほとんどありませんでした。

 “お嬢様ルールあるある”のひとつに、お見合いで家柄の釣り合う人を見つけるという風習があります。幼い頃からそんな話を聞いていたA子さんは、お見合いの話に抵抗はありませんでした。

 日本の離婚率の高さはご存じだと思いますが、特に大恋愛の末に結婚をしたカップルほど離婚に至っているとう傾向があります。ちょうど結婚する頃が気持ちのピークで一緒になるので、あとの実生活が始まれば減点法式で、えっ? こんな人だった? と点数が減っていくからです。大好きだったからこそ期待値が高かった結果かもしれません。

 お見合い結婚の場合、100点満点で言えば、高くても50点以下でスタートするので、思いやりと努力で愛を育んでいける可能性を多いに秘めています。だからでしょうか。お見合い結婚における離婚率は約10%とかなり低い数値です。

毎日、ぬいぐるみ夫と眠るむなしさ

仲が悪いわけではないけれど(写真:iStock)
仲が悪いわけではないけれど (写真:iStock)

「同じベッドで寝ていてもぬいぐるみみたいな、なんていうか無機質なんです」

 A子さんの悩みは、夫からの情熱を全く感じないこと。しかし、「○○家」と呼べる家柄の良い夫には跡継ぎが必要でした。夜の生活も、男性経験が少ないA子さんは比較のしようがありませんでした。

「黙々と淡々と終わる」

 子孫繁栄のための行為という表現がぴったりだったそうです。穏やかでそれなりに優しい夫ですが、一人目の子供ができてから3年ほどレスで、キスすらない共同生活でした。

 眠るときには同じベッドで寝ていたそうですが、A子さんには全く関心がないのが伝わってきたそうです。寂しくて空しくて涙がこぼれた時もありましたが、ある時、A子さんの脳裏をよぎった答えが、家柄が釣り合わず結婚できなかった女と、今でもつながっているのでは、という疑惑でした。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-12-02 13:24 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ