100均の女物のパンツをこっそり履いているエリート夫の正体

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-10-31 06:00
投稿日:2020-10-31 06:00
 結婚してからわかる相手の本性。同棲をしばらくしていたから大丈夫!というものではありません。入籍する意味合いは思うより深いものです。こんなはずではなかったと後悔した女性たちを参考に、もしもの時のダメージを最小限に回避できるように結婚前の分析力を高めておきましょう。

離婚率の低い「お見合い結婚」で釣り合う相手を探す

お見合いで出会って結婚(写真:iStock)
お見合いで出会って結婚 (写真:iStock)

 A子さん(36)は8年前に親を介してお見合いをしました。A子さんの実家は裕福な地元の名士で、中高一貫教育のお嬢様学校を卒業後、ロンドンに留学をして5年後に日本に戻ってきました。女子校だったことと日本にいなかったことで、日本人の男性との接点はほとんどありませんでした。

 “お嬢様ルールあるある”のひとつに、お見合いで家柄の釣り合う人を見つけるという風習があります。幼い頃からそんな話を聞いていたA子さんは、お見合いの話に抵抗はありませんでした。

 日本の離婚率の高さはご存じだと思いますが、特に大恋愛の末に結婚をしたカップルほど離婚に至っているとう傾向があります。ちょうど結婚する頃が気持ちのピークで一緒になるので、あとの実生活が始まれば減点法式で、えっ? こんな人だった? と点数が減っていくからです。大好きだったからこそ期待値が高かった結果かもしれません。

 お見合い結婚の場合、100点満点で言えば、高くても50点以下でスタートするので、思いやりと努力で愛を育んでいける可能性を多いに秘めています。だからでしょうか。お見合い結婚における離婚率は約10%とかなり低い数値です。

毎日、ぬいぐるみ夫と眠るむなしさ

仲が悪いわけではないけれど(写真:iStock)
仲が悪いわけではないけれど (写真:iStock)

「同じベッドで寝ていてもぬいぐるみみたいな、なんていうか無機質なんです」

 A子さんの悩みは、夫からの情熱を全く感じないこと。しかし、「○○家」と呼べる家柄の良い夫には跡継ぎが必要でした。夜の生活も、男性経験が少ないA子さんは比較のしようがありませんでした。

「黙々と淡々と終わる」

 子孫繁栄のための行為という表現がぴったりだったそうです。穏やかでそれなりに優しい夫ですが、一人目の子供ができてから3年ほどレスで、キスすらない共同生活でした。

 眠るときには同じベッドで寝ていたそうですが、A子さんには全く関心がないのが伝わってきたそうです。寂しくて空しくて涙がこぼれた時もありましたが、ある時、A子さんの脳裏をよぎった答えが、家柄が釣り合わず結婚できなかった女と、今でもつながっているのでは、という疑惑でした。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ
付き合っていることを隠す彼氏の男性心理5つ&NG行動は?
 せっかく彼氏ができても、付き合っていることを周囲に隠されていると、「もしかして遊ばれているのかな……」「私を紹介するの...
恋バナ調査隊 2021-05-04 06:00 ラブ
一番に顔が思い浮かぶのは…? パートナーとの価値観の違い
 うれしいことやつらいことがあった時に、いちばんに思い浮かぶのは誰の顔ですか? 誰に真っ先に伝えたいと思うでしょうか? ...
七味さや 2021-05-03 06:00 ラブ