「実はかつら」告白にショックで号泣…でも結婚したかった。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-08 06:00
投稿日:2020-12-08 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。

アウェーの社会人サークルに1人で参加した

「完璧な男を求めるな」
「完璧な男を求めるな」

case4-3.橋本杏奈さん(仮名/45歳)

 40歳の夏に社会人サークルで未来の旦那様となる同い年の彼と出会い、41歳のときに同棲を開始。42歳で結婚。43歳で男児を出産した、橋本杏奈さん(仮名/45歳)。旦那様とともに所属していた社会人サークルは、いわゆるオールラウンドサークル。いろんなイベントを楽しむサークルです。

 婚活パーティーでその幹事と出会った杏奈さんは、100人ほどが参加する花火大会に誘われます。ところが、幹事ご本人がイベント当日に発熱(コロナ禍前のできごとです)。「いい人ばかりだから行ってきなよ」と勧められて、参加を決めたそうです。

「知り合いが1人もいないのに参加したのは、思い返すと自分でもチャレンジだったと思いますが、すでに申し込みをしてしまったし、当日の予定はナシ。暇つぶしがてら行って、隣に座ったのが夫でした。初対面の夫は『マイペースな人だな』という印象でした。『僕は寝転がって見るので』と、レジャーシートに横たわってしまったんです」

“放置プレー”の真意は…

 旦那様はあお向けになり、杏奈さんは座っている状態。マイペースとも受け取ることができますが、筆者は旦那様が杏奈さんに一目惚れをして、照れている印象を持ちました。横並びのように、間近で視線を合わせる必要がない位置だからです。真偽は不明ですが当日、杏奈さんは旦那様からアプローチをされます。

「二次会でも近くに座り合い、お酌をしてもらいました。1人参加が多く、駅までの帰り道は初対面の女性とおしゃべりしていたのですが、気づいたら夫がそばにいて。軽い身の上話をしていたら私が1年と数カ月住んでいたカナダのモントリオールに、彼が学生時代、行った経験があるという共通点が見つかりました。モントリオールはメジャーな場所ではないせいか、話が盛り上がったんです。

 帰りの電車も途中まで一緒で、『連絡先を交換してください』と言われて教えました。サークル仲間の1人として」

「結婚相手=一番好きな人」じゃなくていい

一番好き!じゃなくていい(写真:iStock)
一番好き!じゃなくていい (写真:iStock)

 想像してみてください。旦那様、すごく頑張ったと思いませんか? 

 100人以上が参加したサークルで、初対面は偶然だったものの、二次会と帰り道、電車内まで一緒にいようと努力して近づいている姿がありありとイメージできるからです。二次会以降は100人全員が参加しなかったかもしれませんが、大勢のなかから杏奈さんを探して近づき、話をする。必死さが伝わってきて、筆者は旦那様の杏奈さんへのアプローチを愛おしいと感じてしまいました。

 杏奈さんのエピソードを聞いていて、筆者は以前取材した既婚女性の言葉を思い出しました。彼女は、「結婚する相手は、ものすご~く好きな相手じゃなくてもいいの。嫌悪感を感じない人ならいいのよ」と言っていました。

「恋愛は誘ってOKしてもらえるうちが花」

 彼女は、「恋愛は年齢を問わず、誘ってもらえるうちが花。誘ってOKしてもらえるうちが花」と言いたかったのかもしれません。当時の筆者は、「結婚は人生で一番好きになった人とするのが正義!」と信じていたので理解できませんでしたが、ほんの少しでいいのです。感じがいいと思える箇所が1つでもあれば“初回斬り”せず、2度目に会うことを検討してみてもいいのではないか、と(何度も“初回斬り”してきた筆者が、声高に言えることではありませんが)。

 杏奈さんは旦那様に「一目惚れではありませんでした」と言いますが、憎からず思えたのでしょう。その後、2人は旦那様のお誘いでお祭りに行ったとのこと。旦那様は初対面から2度目の段取りが、積極的かつスムーズです。女性との交際経験が豊富な方なのでしょうか。

「いいえ。夫は恋愛にとても奥手な性格で、私の前におつき合いした女性は1人のみだそうです。結婚して思うのですが、相手は恋愛経験がものすごく少ないか、遊び終わった人がいいのかもしれません」

「中途半端が一番よくないんですね? 伴侶を得て『自分は求められる存在だ』と自信を持った途端に遊び始める人がいますから」と言うと、杏奈さんも首を縦に振ります。

“完成品の男”は探すのではなく自分で作る

夫婦で“完成品”を目指す(写真:iStock)
夫婦で“完成品”を目指す (写真:iStock)

 筆者は今まで婚活中の女性も大勢取材していますが、彼女たちは“完成品”を求める傾向があるような気がしています。さわやかなルックスでスタイルがよく、スーツ姿も私服もセンスよし。浮気・ギャンブル・借金はせずある程度稼いでいて、女性のエスコートにも慣れている。「そんな高条件の人はもう売れている」と頭ではわかっていても、探してしまうのです。「どこかに1人ぐらいは残っているかもしれない」と。

 不倫はしないものの、既婚男性を見て「ああいう人がいい」と、ため息をつく婚活女性もいます。筆者は伝えています。「あの人は、奥様とともにつくり上げた“完成品”ですから!」と。幸福度が高いカップルの場合、女性の手にかかると途端に素敵になる男性は少なくありません。女性視点でのエスコート、服装、会話術などを体得するため、ほかの女性も心惹かれる男性になるのです。

 人間、誰しも欠点を持っているもの。自身が“完成品”ではない以上、相手に完全無欠を求めるのは間違いだと思っています。短所やウイークポイントを微笑ましく感じられる相手であれば、ともに完成を目指すのが夫婦ではないでしょうか。

 杏奈さんも“完成品”を求めてはいなかったのでしょう。「人生初でした」という、旦那様からのカミングアウトも受け入れたそうです。

「私はまったく気づかなかったのですが交際中、『実はかつらをしている』と打ち明けられたんです。結婚前にサロンのような場所へ連れて行かれて、初めて薄毛度合いを目の当たりにしました。目撃した瞬間はショックで泣きましたが、夫への気持ちは冷めなかったので、結婚しました」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ