巨乳顔と貧乳顔の違いは? 特徴を知って男性にモテる方法♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-31 06:00
投稿日:2020-10-31 06:00
 巨乳顔と貧乳顔という言葉が、最近じわじわと広がっています。一見関係のない胸のサイズと顔立ちですが、「巨乳顔」と呼ばれる顔立ちは巨乳を連想させやすいため、男性にもモテるそうなんですよ。そこで今回は、巨乳顔に近づく方法や貧乳顔との違いもご紹介します!

そもそも「巨乳顔」「貧乳顔」って? 根拠はあるの?

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「巨乳顔」と「貧乳顔」というのは、簡単に言えば「巨乳や貧乳を連想させる顔立ち」のこと。実際の胸のサイズが必ずしも名前通りかはさておき、「巨乳」を連想させる顔というだけで男性からモテる傾向にあります。

 正直、胸のサイズと顔立ちは、あまり関係がなさそうに思えるのですが、胸が大きい女性は女性ホルモンが正常に分泌されていて、これが顔立ちに大きく作用すると言われています。実際、男性ホルモンが多い男性は、男らしい顔立ちであることが多いですよね。

 そうなると、統計的にも巨乳顔には巨乳の人が多く、男性にモテやすいというのもあながち間違ってはいないのかもしれません。

巨乳顔の特徴4つ!男性にモテる顔立ちはこれ♡

 では、女性ホルモンが多い「巨乳顔」の人の顔立ちには、一体どんな特徴があるのでしょうか?チェックしてみましょう!

1. 目が大きく女性らしい優しい顔立ち

 巨乳顔の女性は、目が大きく女性らしい優しい顔立ちの人が多いようです。男性は、柔らかな「女性らしさ」に好印象を持つことが多いので、モテる要因の一つにもなっているのでしょう。

2. 肌ツヤが良く潤っている

 女性ホルモンには、肌のハリや潤いを保つ働きがあります。実際、胸が大きくて女性らしい体つきの人は、ツヤやかな肌であることが多いですよね。また、女性ホルモンには基礎体温を高くする働きもあるので、顔色が良く、ほんのりピンク色に染まっている人も多いです。この点も、男性に可愛らしく映る要素のひとつでしょう。

3. 明るく楽しそうな表情が多い

 巨乳顔の女性は、明るく楽しそうで天真爛漫なイメージの人が多いです。女性ホルモンが減少すると、イライラしたり不安を感じることも増えると言われますが、女性ホルモンの分泌が整っている巨乳顔女性は精神が安定しているため、日々を楽しく生き生きと過ごしているように見え、魅力的に映るのかもしれません。

4. 唇が厚くぽってりしている

 女性ホルモンの働きによって、巨乳顔の人は顔立ちがふっくら柔らかい印象になります。これを受け、唇が厚くぽってりしているのも特徴でしょう。

 ご存知の通り、唇は色気の象徴! 男性は、ぽってりとした艶やかな唇に色っぽさを感じるのでしょう。

貧乳顔の特徴3つ!恋愛では損しがち?

第一印象で損してる?(写真:iStock)
第一印象で損してる? (写真:iStock)

 巨乳顔に対して、貧乳顔と言われる顔の特徴もあります。続いて、チェックしてみましょう!

1. 顔がほっそりシャープ

 貧乳顔の人は、ほっそりしてシャープなイメージが強いです。スレンダーなモデルのようにクールビューティのようなイメージを持たれることもあるので、一概に悪いとはいえませんが、巨乳顔のようにふっくらとした女性らしいイメージは持たれにくいようです。

2. イライラして神経質な印象の顔立ち

 女性ホルモンの分泌が少なくなると、イライラしたり、不安を感じたりしやすいという影響があります。そのため、おっとり楽しそうな巨乳顔の女性に比べて、イライラしている神経質な印象の人は貧乳というイメージになってしまうようです。

3. 肌にツヤがない

 肌にツヤがない女性も、貧乳顔に見られやすいです。女性ホルモンには肌ツヤを良くする働きがあるので、かさついた肌はやはり貧相なイメージになってしまいますよね。

 巨乳顔を目指すのであれば、やはりホルモンバランスを整えて、ツヤ感のある肌を目指すことが大切なのかもしれません。

巨乳顔になってモテる方法♡ メイクで顔の印象は変えられる!

ぽってり唇は欠かせない♪(写真:iStock)
ぽってり唇は欠かせない♪ (写真:iStock)

 実際には、巨乳なのに貧乳顔という人もいます。脱いだら色気があるのに、貧乳顔で損をしてしまうのは悔しいですよね。そこで、巨乳顔に見せるメイクで、男性からの印象を変えてみましょう!

【ベースメイク】

 しっかりとツヤを出すことがポイント。保湿をしっかり行い、リキッドファンデーションを使いましょう。最後に、軽くフェイスパウダーをのせると、程よいツヤ感とふんわり柔らかな巨乳顔の印象に近づきます。

【チーク】

 巨乳顔の特徴である血色が良くて幸せそうな表情は、ピンク色のチークで演出することができます。丸く入れることで、女性らしい印象を強めることができますよ。

【アイメイク】

 アイメイクは優しげな印象になるブラウンのアイラインを使って、たれ目気味に描きましょう。巨乳顔に仕上げるポイントは「丸く柔らかく」なので、つり目やシャープな印象にならないようなライン、アイシャドウの色を選んでくださいね。

【リップメイク】

 下地に保湿リップを使ってから、ぽってり厚めにリップを塗っていきます。グロスでツヤ感を出すのも効果的です。下唇の中心部分に濃い色をのせることで、ぽってり感を出すことができますよ。

巨乳顔と貧乳顔の違いを知って男性の視線を集めよう♡

勝負デートの日におすすめ♡(写真:iStock)
勝負デートの日におすすめ♡ (写真:iStock)

 巨乳顔にスポットライトが当たってしまいましたが、別の面から見れば、貧乳顔の人はモデル風で綺麗な人という印象を持たれやすいというメリットがあります。

 一概に、どちらの顔が良い悪いということではありませんが、男性受けのみを考えると、やはり人気の巨乳顔……。もしも、「貧乳顔で損をするのが嫌!」という人は、巨乳顔メイクを試してみるのも良いかもしれません。

 ぜひ、この記事を参考に巨乳顔の特徴を知って、男性からの印象をアップさせてくださいね!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...