尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-10 06:00
投稿日:2021-01-10 06:00
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、彼氏に尽くしている訳ではないのに、愛される女性がいますよね。そこで今回は、尽くされる女性に共通する8つの特徴や、彼氏にもっと愛される方法をご紹介します。

尽くされる女性の8つの特徴

尽くされる女ってどんなタイプ?(写真:iStock)
尽くされる女ってどんなタイプ? (写真:iStock)

 まずは、男性に尽くされる女性に共通する8つの特徴を知って、何が男性を虜にするのかをチェックしていきましょう!

1. いつも楽しそうに笑っている

 些細なことでもいつも楽しそうに笑っている女性と一緒にいると、幸せな気持ちになりますよね。逆に、いつでも彼氏の機嫌を伺っている女性といると、重苦しく感じてしまいます。男性からすると、幸せそうにしている女性のほうが、「この人のために何かしてあげたい」という感情になり、つい尽くしてあげたくなってしまうのです。

2. 天然で危なっかしい

 男性には、「この人を守ってあげたい」という保護本能があるそうです。彼氏に尽くそうと、身の回りのことをテキパキやってくれる女性よりも、いつもドジをしてばかりの危なっかしい天然な女性のほうが、男性の保護本能を掻き立てるため「俺が守ってあげなきゃ!」と、尽くされる傾向にあるようです。

3. 聞き上手

 尽くされる女性の多くは、聞き上手です。男性は自分の自慢話をして、女性によく見られたい生き物。そんな彼氏の自慢話をいつも笑顔で聞いてくれる女性は「この人を大切にしたい」と思われやすいのです。

4. 甘え上手

 甘えるのが上手な点も、尽くされる女性の特徴でしょう。「これやって♡」と甘えられると、男性は「頼られている」という気持ちになるため、つい「仕方ないなあ」と言いながらも、要望を聞いてしまいます。

5. 美味しそうに食べる

 女性が、美味しそうに食べ物を食べる姿に癒される男性は多いそうです。尽くされる女性は食事を美味しそうに食べる人が多いため、無意識のうちに男性に「もっとこの人を幸せにしてあげたい」と思わせているようです。

6. 感謝や褒めることを忘れない

 尽くされる女性は彼氏に対して、常に感謝の気持ちを伝えたり、事あるごとに「すごいね」「さすがだね」と褒めたりしています。男性は、感謝されたり、褒められたりすることで自分に自信がつくため、「彼女とずっと一緒にいたい」という気持ちになって尽くしてしまうのです。

7. 男性に振り回されない

 尽くされる女性は彼氏に突然無理なお願いをされたり、お金を貸してなんて言われたりしても、簡単には応じません。男性からすると、自分の思い通りになる女性よりも返答が未知数な女性のほうが、魅力的に見えるのです。

8. いざという時に優しく強い

 愛される女性の多くは、どこか抜けていて天然な人が多いです。ただし、彼氏がピンチの時や落ち込んでいる時には、芯の強さで彼氏を支え続ける優しさを見せます。そういったギャップも、男性の心を掴んで離さない魅力のようですね。

尽くされる女性になって彼氏にもっと愛される方法♡

居心地の良い存在に(写真:iStock)
居心地の良い存在に (写真:iStock)

 ここからは、彼氏にもっと尽くされ、永く愛される女性になる方法をご紹介しましょう。

もっと喜びや幸せを体全体で表す

 尽くされる女性の多くは、愛され上手です。何かしてもらった時、プレゼントをくれた時、褒めてくれた時などに、表情や言動で喜びを表現します。男性は「自分が彼女を幸せにしたんだ」と幸福感を感じ、自信を持つことができるのです。

 ぜひ今日から、小さなことでも全身で喜びや嬉しさ、楽しさを表現してみてくださいね!

ありのままの自分でいる

 無理して彼氏に尽くし続けている女性は彼氏の顔色を伺うことが多く、自分の感情を押さえて、常に彼氏の要望を汲み取ろうとしています。でも、そういった生活は、どこかでしわ寄せがくるもの。

 ありのままのあなたを、もっと表現してみましょう。そうすることで、「自分の思い通りになる女性」から「ありのままで楽しそうに輝いている女性」へと彼氏のイメージを変えることができます。

居心地の良い相手になる

 愛され上手な女性は、決してわがままなわけではありません。笑顔や前向きな言動、いざという時には励まして支えるなど、「一緒にいて幸せを感じる居心地の良い女性」だからこそ、愛され、尽くされるのです。

 相手にとって、居心地が良い存在になれているかを振り返ってみるのも良いかもしれませんね。

尽くされる女性は結婚しても幸せになれる?

結婚しても幸せに(写真:iStock)
結婚しても幸せに (写真:iStock)

 男性が女性に尽くしている場合、「男性側が無理をしているので、いつか振られてしまうのでは?」と、考える人もいるでしょう。でも、尽くされる女性は、結婚しても幸せになれる可能性が高いと言えます。

 結婚生活が始まると、家事や育児など、家庭の多くを任されるのは女性です。そのため、女性が幸せでいるほうが、家庭内の空気は良くなります。また、女性が幸せそうにしていることで男性の幸福感も高まるため、結婚生活が上手くいく傾向にあるのです。

尽くされる女性になって幸せな毎日を送ろう♡

 今までの恋愛で、彼氏に尽くし続けてきたという人もいるでしょう。でも、尽くす恋愛では、あなたがどこかで無理をしていることも多いはず。もしも尽くす恋愛に疲れてしまったら、ぜひこの記事を参考にして、尽くされる女性への第一歩を踏み出してください。今よりもっと、幸せな毎日を過ごせると良いですね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ