尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-10 06:00
投稿日:2021-01-10 06:00
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、彼氏に尽くしている訳ではないのに、愛される女性がいますよね。そこで今回は、尽くされる女性に共通する8つの特徴や、彼氏にもっと愛される方法をご紹介します。

尽くされる女性の8つの特徴

尽くされる女ってどんなタイプ?(写真:iStock)
尽くされる女ってどんなタイプ? (写真:iStock)

 まずは、男性に尽くされる女性に共通する8つの特徴を知って、何が男性を虜にするのかをチェックしていきましょう!

1. いつも楽しそうに笑っている

 些細なことでもいつも楽しそうに笑っている女性と一緒にいると、幸せな気持ちになりますよね。逆に、いつでも彼氏の機嫌を伺っている女性といると、重苦しく感じてしまいます。男性からすると、幸せそうにしている女性のほうが、「この人のために何かしてあげたい」という感情になり、つい尽くしてあげたくなってしまうのです。

2. 天然で危なっかしい

 男性には、「この人を守ってあげたい」という保護本能があるそうです。彼氏に尽くそうと、身の回りのことをテキパキやってくれる女性よりも、いつもドジをしてばかりの危なっかしい天然な女性のほうが、男性の保護本能を掻き立てるため「俺が守ってあげなきゃ!」と、尽くされる傾向にあるようです。

3. 聞き上手

 尽くされる女性の多くは、聞き上手です。男性は自分の自慢話をして、女性によく見られたい生き物。そんな彼氏の自慢話をいつも笑顔で聞いてくれる女性は「この人を大切にしたい」と思われやすいのです。

4. 甘え上手

 甘えるのが上手な点も、尽くされる女性の特徴でしょう。「これやって♡」と甘えられると、男性は「頼られている」という気持ちになるため、つい「仕方ないなあ」と言いながらも、要望を聞いてしまいます。

5. 美味しそうに食べる

 女性が、美味しそうに食べ物を食べる姿に癒される男性は多いそうです。尽くされる女性は食事を美味しそうに食べる人が多いため、無意識のうちに男性に「もっとこの人を幸せにしてあげたい」と思わせているようです。

6. 感謝や褒めることを忘れない

 尽くされる女性は彼氏に対して、常に感謝の気持ちを伝えたり、事あるごとに「すごいね」「さすがだね」と褒めたりしています。男性は、感謝されたり、褒められたりすることで自分に自信がつくため、「彼女とずっと一緒にいたい」という気持ちになって尽くしてしまうのです。

7. 男性に振り回されない

 尽くされる女性は彼氏に突然無理なお願いをされたり、お金を貸してなんて言われたりしても、簡単には応じません。男性からすると、自分の思い通りになる女性よりも返答が未知数な女性のほうが、魅力的に見えるのです。

8. いざという時に優しく強い

 愛される女性の多くは、どこか抜けていて天然な人が多いです。ただし、彼氏がピンチの時や落ち込んでいる時には、芯の強さで彼氏を支え続ける優しさを見せます。そういったギャップも、男性の心を掴んで離さない魅力のようですね。

尽くされる女性になって彼氏にもっと愛される方法♡

居心地の良い存在に(写真:iStock)
居心地の良い存在に (写真:iStock)

 ここからは、彼氏にもっと尽くされ、永く愛される女性になる方法をご紹介しましょう。

もっと喜びや幸せを体全体で表す

 尽くされる女性の多くは、愛され上手です。何かしてもらった時、プレゼントをくれた時、褒めてくれた時などに、表情や言動で喜びを表現します。男性は「自分が彼女を幸せにしたんだ」と幸福感を感じ、自信を持つことができるのです。

 ぜひ今日から、小さなことでも全身で喜びや嬉しさ、楽しさを表現してみてくださいね!

ありのままの自分でいる

 無理して彼氏に尽くし続けている女性は彼氏の顔色を伺うことが多く、自分の感情を押さえて、常に彼氏の要望を汲み取ろうとしています。でも、そういった生活は、どこかでしわ寄せがくるもの。

 ありのままのあなたを、もっと表現してみましょう。そうすることで、「自分の思い通りになる女性」から「ありのままで楽しそうに輝いている女性」へと彼氏のイメージを変えることができます。

居心地の良い相手になる

 愛され上手な女性は、決してわがままなわけではありません。笑顔や前向きな言動、いざという時には励まして支えるなど、「一緒にいて幸せを感じる居心地の良い女性」だからこそ、愛され、尽くされるのです。

 相手にとって、居心地が良い存在になれているかを振り返ってみるのも良いかもしれませんね。

尽くされる女性は結婚しても幸せになれる?

結婚しても幸せに(写真:iStock)
結婚しても幸せに (写真:iStock)

 男性が女性に尽くしている場合、「男性側が無理をしているので、いつか振られてしまうのでは?」と、考える人もいるでしょう。でも、尽くされる女性は、結婚しても幸せになれる可能性が高いと言えます。

 結婚生活が始まると、家事や育児など、家庭の多くを任されるのは女性です。そのため、女性が幸せでいるほうが、家庭内の空気は良くなります。また、女性が幸せそうにしていることで男性の幸福感も高まるため、結婚生活が上手くいく傾向にあるのです。

尽くされる女性になって幸せな毎日を送ろう♡

 今までの恋愛で、彼氏に尽くし続けてきたという人もいるでしょう。でも、尽くす恋愛では、あなたがどこかで無理をしていることも多いはず。もしも尽くす恋愛に疲れてしまったら、ぜひこの記事を参考にして、尽くされる女性への第一歩を踏み出してください。今よりもっと、幸せな毎日を過ごせると良いですね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ