LINEを返信したくない心理は? 返す気力がない時の対処法

コクハク編集部
更新日:2021-02-01 22:45
投稿日:2021-01-31 06:00
 友達や彼氏、家族と気軽に連絡を取り合えるLINEは、多くの人が使っている連絡ツールですよね。でも、時々、どうしてもLINEに返信したくない時ってありませんか? 今回は、どうしてLINEの返信が面倒臭いと感じてしまうのか、そんな時の対処法や放置してしまった時の対応までをご紹介します!

めんどくさい! LINEを返信したくない人の心理

監視され、束縛されている気分になる

 LINEで、こちらの現状を確認するような質問をしてくる人っていますよね。こういったLINEばかり送ってこられると、どうしても「監視されて束縛されている」気分になってしまいます。特に、あまり人に干渉されたくないタイプの人は、LINEを返信したくなくなる傾向が強いようです。

既読スルーなどを気にしてしまって疲れた

 LINEで既読スルーされ、思い悩んだ経験のある人は多いでしょう。特に、相手に気を遣う人ほど、「どうして既読スルーされたんだろう?」「嫌なこと言ったかな?」と、あれこれ考えてしまいます。

 相手はたいして意味もなく、単に後回しにしていただけという場合も多いのですが、神経の細かい人ほど気疲れしてしまい、返信をしたくなくなってしまいます。

友達からのLINEがどうでもいい内容だから

 LINEで意味のない報告をしてくる人も多いものです。こういったLINEに返信できるほど余裕があれば良いのですが、中には仕事で忙しい人もいるはず。あまりに意味のない内容が続けば、誰だって返信したくなくなりますよね……。

LINEを返す気力がない…負担を軽くする対処法

 では、LINEを返信する気力がどうしても出ない時の対処法をチェックしてみましょう!

LINEが苦手だと伝えておく

 おすすめなのが、あらかじめ相手にLINEが苦手だと伝えておくことです。誰にでも、得意不得意はあるもの。事前に伝えておけば、多少の既読スルーも多めに見てもらえるかもしれません。

LINEを送る時間を決める

 LINEをブロックしたいけど、そうできない間柄の人には、時間を決めて返信するのも一つの方法です。「1日のうちにこの時間だけ!」と決めることで、だいぶ負担も軽くなるはずですよ。

電話してしまう

 正直、LINEで会話するよりも電話で話したほうが早い場合ってありますよね。こんな時は相手に電話していいかを聞いてから、思い切って電話をしてしまうのもありです。電話なら、「それじゃ!」と言って電話を切れば、ダラダラと会話が続くこともありません。

気力が出るまで未読にしておく

 どうしてもLINEを見たくない時は、せめて未読のままにしておきましょう。既読にしてしまうと「返信しないといけない」と、プレッシャーがかかってしまいます。未読にしておくことで、「スマホを見る時間もなかった」「気づかなかった」という言い訳もできますね。

返信したくないLINEを放置してしまった時の対応

 最後に、LINEを放置してしまった時の相手に対する対応をご紹介します。

素直に謝る

 嘘をつきたくない人は、LINEを放置してしまったことを素直に謝りましょう。放置していた期間にもよりますが、「後で返信をしようとしていたのに、そのまま忘れてしまった」と伝えれば、相当急ぎや重要な案件でない限り、怒られたりはしないはずです。

体調不良のせいにする

 体調不良のせいにして、謝るという方法もあります。特に女性は、生理周期で体調が悪くなったり、眠たくなったりしてしまうことは良くあること。ただし、「体調が悪くても返信くらいできるでしょ」と思う人も一定数はいると覚悟しておきましょう。

LINEを返信したくない時は無理しなくてOK!

 LINEが面倒なのに無理して返信を続けていると、あなたの心の大きな負担となってしまうでしょう。場合によっては、相手との関係に影響してしまうこともあるかもしれません。

 どうしても辛い時には、スタンプのみにする、LINEが苦手なことを伝えるなど工夫して、気持ちの負担を軽くしてみてくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


遭遇前に備えておく!コミュニティークラッシャーの対処法
 突然ですが、あなたはこれまでに”コミュニティークラッシャー”と遭遇したことはありますか? もちろん人間なので合う、合わ...
トレーニングの成果は上々!“にゃんたま”プロレスを観戦中
 きょうも、猫プロレス「闘いごっこ」のにゃんたま君たち。  白熱する試合にレフェリーの目が光ります。  飛び...
目指せ開運!節分は“最強の魔除けカラー”赤色の花を味方に
 ワタクシ、お花屋さんという商売をさせていただいておりますが、今の状況になにがしかの不安があるときや新しいことを始める際...
1月24日~1月30日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
天草四郎にあやかって…“にゃんたま四郎”とお呼びします!
 有明海に浮かぶ「湯島」で出会ったにゃんたま君。  1637年、当時16歳だったカリスマ美少年・天草四郎は、 ...
うんざり…職場で泣く大人の特徴6つ&泣かれた時の対処法
 大人になれば、つらいことがあっても、悲しいことがあっても、人前で泣くことは避けるものです。特に、職場は仕事をする場です...
「厄除け」のご祈祷に行ってみた 2022.1.22(土)
 突然ですが、今年の厄年年表はチェックしましたか? 女性の本厄は、1990年生まれの33歳(数え年)。しかも、「大厄」に...
風の時代だもの! 自信のある人たちの“神がかった”去り方
 皆さんは、自分が生活している環境をガラリと変える決断をしたことはありますか? 私はどちらかと言えば変化を好まない、腰の...
40代転職の厳しい現実よ…今すぐできる「才能」の見つけ方
 アラフォーになってから「自分の才能を知りたい」と思い始める女性は少なくありません。今まで淡々と仕事をこなしてきた女性た...
ドヤ顔!? ハンサムな“見返りにゃんたま”にキュン♡
 きょうは、ハンサムな見返りにゃんたま君!  菱川師宣の浮世絵「見返り美人図」は、振り返る瞬間的な動きの中に女性の...
2022年運気UPに「ミニ胡蝶蘭」のススメ! 長持ち5カ条も
「日持ちするって言ったのに、全然モタナイじゃんかよー!」  猫店長こと「さぶ」率いる我が花屋。今日も悩めるお客様が...
エンディングノートを書くことを決めた!息子に残したい思い
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
1月17日~1月23日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
喧嘩じゃないよ!“にゃんたま”の闘いごっこにハラハラドキドキ
 きょうは、猫プロレス「闘いごっこ」で華麗な技を披露してくれたにゃんたま君。  これは喧嘩ではなく、鍛えた肉体と習...
フレネミー女子5つの特徴&狙われた時の上手な対処方法
 友達だと思わせておいて、実は裏であなたの悪口を言ったり、陥れようとする「フレネミー女子」。あなたの周りに、そんな人はい...
仕事中にやっちゃった誤字LINE! 今すぐ忘れたい内容5選
 プライベートだけでなく、仕事でもLINEを使っている人は多いですよね。でも、気軽に送り慣れているLINEだからこそ、チ...