日本酒と相性抜群「魚のワンタン」白身魚ならなんでもOK!

コクハク編集部
更新日:2021-01-18 06:00
投稿日:2021-01-18 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門のダイニングバー「都映」の水谷大輔さんに、日本酒・焼酎との相性バッチリな「魚のワンタン」のレシピを教えていただきました。

冷製で食べる方がおいしい

合う酒=日本酒、焼酎(C)コクハク
合う酒=日本酒、焼酎 (C)コクハク

 ワンタンや餃子は、町中華で不動の人気を誇るビールのツマミ。その餡が豚肉から魚に替わると、日本酒や焼酎との相性がグンとよくなります。

「これは、老舗割烹宮本の板前さんに教わりました。僕が習ったときはイシモチでしたが、白身魚なら何でもおいしい。きょうは刺し身用にタイを仕入れたので、その剥き身を使っています」

 夜の日替わりメニューに並ぶ刺し身の3点盛りは早い者勝ちの人気メニュー。その中には白身魚が入ることが多く、三枚におろした際の中骨の周りや刺し身では提供できない部分を集めて、ワンタンの餡にするそう。ワンタンのために魚を購入するのではなく、ほかの料理で余った部分の有効活用です。

「ワンタン5個分で、タイの剥き身は30グラム。この時季なら、鍋用のタラを応用してもいいですね」

 茹でたてをいただきましたが、「本当は氷水で締めて、冷製で食べる方がおいしい」というので、自宅で試してみると、なるほど、冷製の方があっさりとした白身の良さが生きます。ポン酢や薬味のゆず胡椒は、ちょっとでOK。好みの日本酒と合わせて楽しみたいですね。

材料

・白身魚 30グラム
・長ネギ 10グラム
・ショウガ 2グラム
・ワンタンの皮 5枚
・片栗粉 少々
・醤油 少々
・ゴマ油 少々
・ポン酢 適量
・ゆず胡椒 適量

レシピ

(1)長ネギをみじん切りにする。
(2)白身魚を包丁で叩く。
(3)1と2を合わせておろしショウガを加える。
(4)3に醤油とゴマ油をそれぞれ少々垂らし、片栗粉を加えたら、よく混ぜ合わせる。
「塩は不要。醤油もほんの少しで十分です。そうしないと、白身魚の良さが失われてしまいます。ショウガのほのかな香りを生かすイメージです」
(5)ワンタンの皮に4をのせて包む。
「接着が不十分でお湯が餡に入ってしまうと、味がぼやけるので、接着はとにかくしっかりと」
(6)5を1分30秒ほど茹でて盛りつけたら出来上がり。彩りで万能ネギを振ってもよし。

本日のダンツマ達人…水谷大輔さん

▽水谷大輔(みずたに・だいすけ)
 近所の老舗割烹の板前さんに秘伝のレシピを教わるという愛されキャラ。学生時代にサッカーで鍛えた体力を生かし、自転車をこいで豊洲市場や食肉市場に通い、魚介や精肉、モツなど新鮮食材を仕入れている。

▽都映(みやこうつし)
 定番メニューも日替わりメニューも、多くはワンコイン。東京タワーのお膝元・芝大門という都心にあって、良心的な価格でありながら、魚も肉も野菜も厳選素材を仕入れ、丁寧な仕込みで常連客が絶えない。東京都港区芝大門1―11―9。

フード 新着一覧


ホッとする一杯「ウナギ茶漬け」ウナギは酒蒸しでふっくらと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
激辛からの卒業? ペヤング新商品を実食 2021.10.27(水)
 なんということでしょう! まるか食品さんがまたしても新商品をリリースしました。その名も「社員が思う一番美味しい辛さ」。...
ホムパ何持ってく?おかぶりしない手土産 2021.10.26(火)
 ホームパーティにお呼ばれした際の手土産選び、楽しいけれども、迷いますよね。。  先だって、仲良くさせていただいて...
市販のかば焼きで「ウナギの柳川鍋」 煮込む前にサッと炙る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
出汁を使わない「うまき」 卵液はウナギのタレと水で溶く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
辛くて美味しい「雷コンニャク」 コクの秘密はウナギのタレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
さっぱり美味しい「うざく」 市販のウナギはタレを洗い流す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
「東京コロッケ」揚げたてのジャガイモはホックホクで熱々!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...