老若男女に愛される定番の品「マカロニ(マカロニサラダ)」

コクハク編集部
更新日:2020-03-03 06:00
投稿日:2020-03-03 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祐天寺のもつ焼き店「ばん」の小杉潔さんに、みんな大好き!「マカロニ(マカロニサラダ)」のレシピを教えていただきました。

作ってから時間をおいたほうが味がなじむ

合う酒=ホイス(ハイボール)(C)コクハク
合う酒=ホイス(ハイボール) (C)コクハク

「マカロニはとにかくよく出ます。うちはお客さんの年齢層が広いから、高齢者の常連さんでも若い人でも食べられるようにやわらかめにしています」

 サラダにしては大盛りで味付けはやや薄め。ご飯もの代わりに食べられます。

 最近はネットで情報を得た若者たちが遠方から押し寄せるんだそう。こうなるとリタイア世代や近所のサラリーマンは追いやられてしまいがちですが、ばんは料理同様に常連さんにも手厚いんです。隣に新店もできて予約も可能になりましたが、ふらりと来ても並べば入れます。

「だって常連さんが入れないと困るでしょ? 街の飲み屋だからね、ウチは」と小杉さん。

 これに合うのは“庶民のウイスキー”ホイス。ホイスを焼酎と炭酸水で割り、高級品だった“ウイスキーのソーダ割り風”にしたもの。今ではプリン体を気にする中高年にうれしい健康ドリンクでもあります。

「使ってるマヨネーズは市販のものです。塩味のカドをとるためにうま味調味料を入れていますけど、ちょっといいマヨネーズなら余計なものは入れなくて大丈夫です。味がなじむまでに時間がかかるので、冷蔵庫で一晩寝かせた“昨日のマカロニ”ぐらいがおいしいと思いますよ」

【材料】

・マカロニ  カップ1/2
・タマネギ  1片
・キュウリ  5センチ
・ニンジン  少々
・ハム  1~2枚

<タレ>
・マヨネーズ 大さじ2
・うま味調味料  少々
・塩  少々
・白コショウ  少々

【レシピ】

1. マカロニを標準時間より2、3分長めに茹で、やわらかめに仕上げる(店では12分のところを15分)。
2. タマネギは薄切りにして軽く水洗いして絞り、キュウリは輪切り、ニンジンは千切り、ハムは短冊切りにする。
3. ボウルにタレを入れて混ぜ合わせ、1と2の具を入れて和える。
4. 冷蔵庫で数時間寝かせるとより味がなじむ。

フード 新着一覧


焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
タイ北部のサラダ「ラープガイ」 3色のさっぱりスパイシー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
「パクチーポテトサラダ」香りが苦手な人でも食べられる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
カレー味のふんわり卵に包まれた「プーアッパッポンカリー」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...