彼氏や女友達とは一味違う!男友達のメリット5つ&作るコツ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-05 06:00
投稿日:2021-02-05 06:00
 男友達が多い女性というと、「男好きだ」「女同士の付き合いができないんだ」なんて、悪いイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、そう思いながらも気軽に接することができる男友達という存在に、羨ましさを感じている人もいるはず。そこで今回は、男友達がいることのメリットと男友達を作るコツについてご紹介します。

楽しいだけじゃない! 男友達がいる5つのメリット

「異性=恋愛対象」と思っている人にとって、男友達という存在は理解できないかもしれません。しかし、異性であっても友達関係を築くことは可能です。さらに、男友達だからこそ得られるメリットもあるんですよ。

1. 男性の意見を気軽に聞ける

 恋をしたら、悩みは増えるものです。片思いの時には、「どうしたら、交際できるだろうか?」と悩むでしょうし、交際に至ったら至ったで「彼が何を考えているのか分からない」と、新たな悩みが生まれることになるでしょう。

 そんな時、信頼できる男友達がいれば心強い相談相手になります。男性だからこそ、女性には気づけない彼の気持ちを的確にアドバイスしてくれるでしょう。

2. 男性とのコミュニケーション能力が上がる

 男友達に憧れを抱いている女性の中には、「男性と接することに慣れていない」という人もいるはず。そんな人は、好きな人ができたとしてもアプローチ方法が分からず、諦めてしまう人も多いでしょう。

 そんな人も、男友達がいれば男性に慣れることができるため、コミュニケーション能力を上げることができます。好きな人ができても、臆することなく自然に接することができるでしょう。

3. 女友達では得られない世界を知れる

 女友達が多い人は、お喋りやショッピングを楽しんでいるはず。気が合う女友達というのは、一緒にいるだけで楽しいものです。

 しかし、男友達がいると、今まで知らなかった世界を知れることも大きなメリット! たとえば、女友達では話題にならない野球や釣り、格闘技といった話題に触れることもあるでしょう。そして、それがきっかけで新たな趣味が見つかる可能性もあります。

4. いざという時、頼りになる

 女性の中には、一人暮らしをしている人もいるでしょう。そんな一人暮らしの生活で、女性だからこそ困ることも多いのではないでしょうか・

 ゴキブリが出た時、電球が切れた時など、「どうしよう」と焦る人も多いはず。そんな時、男友達がいればSOSを出すことができます。女性では難しい力仕事なども、気の置けない男友達であれば助けてくれるでしょう。

5. 興味ない男性からのアプローチを阻止できる

 異性からアプローチされるというのは嬉しいものです。しかし、断っても断っても誘ってくるような男性は別。

 こういった時も、男友達がいれば迷惑なアプローチを阻止することができます。「嫌がっているから、もう近づかないで」と言ってもらったり、彼氏のふりをしてもらうことで、諦めさせることだってできるでしょう。

男友達を作るための3つのコツ

「男友達がほしい」と思っている人の中には、「今更、どうやって作ればいいのだろう?」と思っている人も多いはず。実は、男友達を作るにはちょっとしたコツが必要なんですよ。男友達を作りたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

1. 男性が多いグループに入る

 男友達を作りたいと思うのであれば、まずは、男性が多いグループに入ることが近道でしょう。男性の多いサークル、習い事などに参加することがおすすめです。

 友達というと1対1をイメージする人も多いかもしれませんが、異性の場合には対数人の方が恋愛感情は生まれにくく、友達作りがしやすいです。グループでの活動が増えれば増えるほど、信頼関係も深めることができるでしょう。

2. 男性すべてを恋愛対象として見ない

 今まで男友達ができなかった人の中には、異性すべてを恋愛対象と見ていた人も多いのではないでしょうか。しかしこれでは、いつまで経っても男友達を作ることはできません。

 異性の友達は、どちらかに恋愛感情が生まれてしまえば成り立たなくなってしまいます。そのため、異性として意識しないことが大前提! 恋愛対象として見ないように、意識してみましょう。

3. 異性だと意識せず、楽に接する

 男性とのコミュニケーションに慣れていない女性の中には、「対男性となると、緊張してしまう」という人も多いでしょう。でも、緊張するということは、どこかで異性として意識している可能性があります。これでは、「俺に気があるのでは?」と勘違いされ、友達関係に発展しなくなってしまうでしょう。

 男友達を作りたいのであれば、まずは相手を異性と意識せず、女友達と同じように楽に接することが必要です。

男友達がいれば世界が広がる! 新たな人付き合いにチャレンジして♪

 女友達がたくさんいる女性は、「男友達なんて必要ない」「彼氏だけで十分」と思っている人も多いでしょう。しかし、男友達という存在は彼氏とも女友達とも違うメリットがあります。異性だからこそ、得られる世界観はたくさんあるんです。

 これから出会う男友達の存在が、今まで知らなかった世界を広げてくれるかもしれませんよ。ぜひ、新たな人付き合いにチャレンジしてくださいね♪

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ