彼氏や女友達とは一味違う!男友達のメリット5つ&作るコツ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-05 06:00
投稿日:2021-02-05 06:00
 男友達が多い女性というと、「男好きだ」「女同士の付き合いができないんだ」なんて、悪いイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、そう思いながらも気軽に接することができる男友達という存在に、羨ましさを感じている人もいるはず。そこで今回は、男友達がいることのメリットと男友達を作るコツについてご紹介します。

楽しいだけじゃない! 男友達がいる5つのメリット

持つべきものは“男友達”(写真:iStock)
持つべきものは“男友達” (写真:iStock)

「異性=恋愛対象」と思っている人にとって、男友達という存在は理解できないかもしれません。しかし、異性であっても友達関係を築くことは可能です。さらに、男友達だからこそ得られるメリットもあるんですよ。

1. 男性の意見を気軽に聞ける

 恋をしたら、悩みは増えるものです。片思いの時には、「どうしたら、交際できるだろうか?」と悩むでしょうし、交際に至ったら至ったで「彼が何を考えているのか分からない」と、新たな悩みが生まれることになるでしょう。

 そんな時、信頼できる男友達がいれば心強い相談相手になります。男性だからこそ、女性には気づけない彼の気持ちを的確にアドバイスしてくれるでしょう。

2. 男性とのコミュニケーション能力が上がる

 男友達に憧れを抱いている女性の中には、「男性と接することに慣れていない」という人もいるはず。そんな人は、好きな人ができたとしてもアプローチ方法が分からず、諦めてしまう人も多いでしょう。

 そんな人も、男友達がいれば男性に慣れることができるため、コミュニケーション能力を上げることができます。好きな人ができても、臆することなく自然に接することができるでしょう。

3. 女友達では得られない世界を知れる

 女友達が多い人は、お喋りやショッピングを楽しんでいるはず。気が合う女友達というのは、一緒にいるだけで楽しいものです。

 しかし、男友達がいると、今まで知らなかった世界を知れることも大きなメリット! たとえば、女友達では話題にならない野球や釣り、格闘技といった話題に触れることもあるでしょう。そして、それがきっかけで新たな趣味が見つかる可能性もあります。

4. いざという時、頼りになる

 女性の中には、一人暮らしをしている人もいるでしょう。そんな一人暮らしの生活で、女性だからこそ困ることも多いのではないでしょうか・

 ゴキブリが出た時、電球が切れた時など、「どうしよう」と焦る人も多いはず。そんな時、男友達がいればSOSを出すことができます。女性では難しい力仕事なども、気の置けない男友達であれば助けてくれるでしょう。

5. 興味ない男性からのアプローチを阻止できる

 異性からアプローチされるというのは嬉しいものです。しかし、断っても断っても誘ってくるような男性は別。

 こういった時も、男友達がいれば迷惑なアプローチを阻止することができます。「嫌がっているから、もう近づかないで」と言ってもらったり、彼氏のふりをしてもらうことで、諦めさせることだってできるでしょう。

男友達を作るための3つのコツ

ジムで出会うことも…(写真:iStock)
ジムで出会うことも… (写真:iStock)

「男友達がほしい」と思っている人の中には、「今更、どうやって作ればいいのだろう?」と思っている人も多いはず。実は、男友達を作るにはちょっとしたコツが必要なんですよ。男友達を作りたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

1. 男性が多いグループに入る

 男友達を作りたいと思うのであれば、まずは、男性が多いグループに入ることが近道でしょう。男性の多いサークル、習い事などに参加することがおすすめです。

 友達というと1対1をイメージする人も多いかもしれませんが、異性の場合には対数人の方が恋愛感情は生まれにくく、友達作りがしやすいです。グループでの活動が増えれば増えるほど、信頼関係も深めることができるでしょう。

2. 男性すべてを恋愛対象として見ない

 今まで男友達ができなかった人の中には、異性すべてを恋愛対象と見ていた人も多いのではないでしょうか。しかしこれでは、いつまで経っても男友達を作ることはできません。

 異性の友達は、どちらかに恋愛感情が生まれてしまえば成り立たなくなってしまいます。そのため、異性として意識しないことが大前提! 恋愛対象として見ないように、意識してみましょう。

3. 異性だと意識せず、楽に接する

 男性とのコミュニケーションに慣れていない女性の中には、「対男性となると、緊張してしまう」という人も多いでしょう。でも、緊張するということは、どこかで異性として意識している可能性があります。これでは、「俺に気があるのでは?」と勘違いされ、友達関係に発展しなくなってしまうでしょう。

 男友達を作りたいのであれば、まずは相手を異性と意識せず、女友達と同じように楽に接することが必要です。

男友達がいれば世界が広がる! 新たな人付き合いにチャレンジして♪

新しい世界が広がるかも(写真:iStock)
新しい世界が広がるかも (写真:iStock)

 女友達がたくさんいる女性は、「男友達なんて必要ない」「彼氏だけで十分」と思っている人も多いでしょう。しかし、男友達という存在は彼氏とも女友達とも違うメリットがあります。異性だからこそ、得られる世界観はたくさんあるんです。

 これから出会う男友達の存在が、今まで知らなかった世界を広げてくれるかもしれませんよ。ぜひ、新たな人付き合いにチャレンジしてくださいね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ