よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること

内藤みか 作家
更新日:2021-03-04 06:00
投稿日:2021-03-04 06:00
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスローペース化が起きています。このような時期によりよい出会いを得るためには、相手のどんなところをチェックすればいいのでしょうか。

2度目の中断に心が折れて

 毎週のように婚活パーティーに出かけていた女性たちのうち、緊急事態宣言が発令されている時期は参加を見送るという人も少なくありません。婚活パーティー業者のなかには、このような時期に出席した女性参加者たちを無料で他のパーティーに招待するところもあり、男女比合わせに懸命です。

 そして緊急事態宣言が繰り返されることに疲れ、恋活や婚活を諦めかける人も出てきました。「いつになったら運命の相手が現れるの?」という焦りに加え「いつになったらコロナが収まるの?」という不安も重なり、弱気になってしまったのでしょう。

会う前にゆっくりメール交換

 2021年になり、恋活アプリなどで目立つようになったのは「まずはメッセージでやりとりしましょう」と呼びかける男性たちの姿です。今までは「ちょっとくらいいいじゃん」と女性たちを誘い出そうとしていた彼らが「すぐには会わず、まずはメッセージのやりとりからお願いします」とプロフィールページに書くようになったのです。

 知らない女性といきなり会うことへのリスクを回避するという気持ちもあるとは思いますが、大きな理由は「いきなり誘っても応じてくれる女性が激減した」からなのだとか。身構える女性の気持ちを汲んで、まずはメッセージの交換から、とうたっているのでしょう。

初アポもマスクで

 そして「マスクは付けて会います」「会っている時、マスクは外しません」などとアピールする男性が増えました。昨年の秋くらいまでは「マスクしてたら顔が見えないじゃん」ということで、デートの時は付けないという男性がほとんどだったので、これも大きな変化です。

 こちらも、会ってくれる女性がかなり減り、その理由がコロナにあると男性が考えているからでしょう。マスクをするから会ってちょ〜だい!という悲痛な叫びがそこにあるのです。また、知らない女性と会うのは怖いから、マスクすることで感染を回避したいという考えの男性もいます。

短時間しか会わない

 また、アプリや婚活パーティーで知り合った男性とデートしても、2時間以内で切り上げられてしまう、ということを気にする女性もいます。これについても、時間を短くすることで感染リスクを下げたいという男性側の思いがあるのでしょう。

 けれど逆に女性のほうは「すぐに帰っちゃうけど、私のことが好きじゃないの?」と心配になってしまうようです。「私のことが好きなら、もっと一緒にいたいと思うものなんじゃないの?」と不満げな人もいます。でもお互いの関係を大切に思うからこそ、短時間のデートを何度も続けているのでしょう。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

ラブ 新着一覧


マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
豆木メイ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ