香りや食感まで美味しい「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」

コクハク編集部
更新日:2021-05-20 05:27
投稿日:2021-05-03 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利さんに、春の息吹を感じさせる「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」のレシピを教えていただきました。

長芋には格子状に隠し包丁を

合うお酒=日本酒、焼酎、白ワイン(C)コクハク
合うお酒=日本酒、焼酎、白ワイン (C)コクハク

 白と紫、黄色、緑が鮮やかで、春の息吹を感じさせる一皿です。シロウトには難しそうですが、「簡単だよ」と北田さん。うっそー?

「1・5~2センチ幅に切った長芋を両面焼いて、酒盗やホタルイカなど彩りとなる食材をのせるだけだから」

 豪華に見えるのは、盛りつけの妙なのです。キレイに、そしてうまく盛りつけるためのコツがあるそうです。

「長芋を切ったら、ミョウバン水か酢につけて変色を防ぐのが1つ。もう1つは、長芋の片面に格子状に隠し包丁を入れておくこと。それで隠し包丁を入れた方に酒盗をのせると、滑らずに安定するんです。で、酒盗は中心を少しくぼませるのが3つ目。それも、ホタルイカやうずらの卵を安定させる工夫だね」

 ホタルイカはボイルして、トゲ抜きなどで目と口を外して、カサの上の部分の筋を取り除くと口当たりがよくなります。いずれも、細かい作業が嫌いでなければ、決して難しくはありません。

 ホタルイカと空豆がのった一つを口に運ぶと、長芋の食感がよく、その甘味に酒盗の塩味、ホタルイカの肝のコク、空豆の香りが複雑に絡み合って、しみじみ美味しい。日本酒にも白ワインにも合います。丁寧に作業して、お酒と一緒にじっくりと味わいましょう。

材料

・長芋 1・5~2センチ 5個
・油 適量 ・酒盗 適量
・ホタルイカ 適量
・空豆 適量
・ブロッコリースプラウト 適量
・うずらの卵 適量

レシピ

(1)空豆は塩茹でして、皮をむく
(2)長芋は1・5~2センチ幅に切り、酢などに浸し、片面に格子状に隠し包丁を入れておく
(3)ホタルイカはボイルして、トゲ抜きで下処理をする
(4)熱したフライパンに、油を引いて、2を両面焼く
「長芋が太ければ、一口で食べられるように、半分に切ってください」
(5)同じフライパンでホタルイカに軽く火を通す
(6)皿に4をのせ、すべてに酒盗をのせる
「酒盗の上には、『ホタルイカと空豆』『ホタルイカとブロッコリースプラウト』『うずらの卵のみ』というふうに、のせるものをアレンジすると、彩りがよくなります」 盛りつけが完成したら出来上がり

本日のダンツマ達人…北田昌利さん

▽北田昌利(きただ・まさとし)
1961年、和歌山県出身。元シンガポール日本大使館公邸料理人。2000年に独立し、器ながやをオープン。地元の食材の販路拡大にも奔走する。

▽器ながや
六本木・東京ミッドタウンの裏にたたずむ日本料理店。“奥座敷”で本格的な和食が楽しめるとあって、常連客はネットにのせずお忍びで訪れる。夜はコースのみで8000円~。東京都港区赤坂9―1―7 赤坂レジデンシャルホテル1F。

(日刊ゲンダイ2021年4月24日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


ピリッ!と刺激的な大人の卵焼き「青唐辛子のオムレツ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「牡蠣のコンフィとパクチー」香草と和えるとワインに合う
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・港区麻布十番の和食料理店「可不可 KAFU...
「万願寺唐辛子 じゃこ炒り」熱々のご飯に混ぜても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・港区麻布十番の和食料理店「可不可 KAFU...
「クリームチーズ 金山寺味噌和え」たった1分で作れるお手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・港区麻布十番の和食料理店「可不可 KAFU...
ふぅふぅ!冬のおうちパーティーでメインになる大皿グラタン!
 おうち時間を過ごす機会がさらに増えそうなこの年末。そこで今回は、冬に食べたくなるおいしいグラタンをご紹介します! パー...
ぐっち夫婦 2020-12-21 01:21 フード
「サバ缶煮込みジンジャーカレー」鍋に入れて煮るだけ簡単!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷区神宮前の南インド料理店「エリックサウ...
「タンドリー風フライパンチキン」2度目は好きなスパイスで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷区神宮前の南インド料理店「エリックサウ...
「あっという間の黒胡椒チキンカレー」赤ワインと相性抜群!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷区神宮前の南インド料理店「エリックサウ...
すりこぎで叩きまくる! ほろほろ食感の「水ダコ柔らか煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「さんまのプッタネスカ」香りも見た目も食欲そそる旨パスタ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・六甲の生パスタ専門店「BRABONO」の黒...
「イベリコ豚のタンシチュー」独特のゴリゴリ食感がポイント
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・六甲の生パスタ専門店「BRABONO」の黒...
「ヤリイカと長芋のアヒージョ」熱いものは熱いうちに食す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・六甲の生パスタ専門店「BRABONO」の黒...
健康志向の人に作ってほしい「豆腐と牛ほほ肉のロースト」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前のイタリアン「La coccola」...
「ジャガイモのにんにく和え」これぞ自家製のポテサラです
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・六甲の生パスタ専門店「BRABONO」の黒...
「糸ウリと焼きナスのひたし」2種類のダシで生まれる味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は新潟・新発田の寿司の名店「登喜和鮨」の中小林宏輔...
「じゃがいものガレット」ビストロの定番をおうちで作る
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行...