今度は「ペヤングW獄激辛」を食べてみた 2021.4.25(日)

コクハク編集部
更新日:2022-02-22 12:07
投稿日:2021-04-25 06:00
 また、まるか食品さんがやってくれました。激辛シリーズ第3弾は、2020年2月に登場した「ペヤング 獄激辛やきそば」と2021年1月に登場した「ペヤング獄激辛カレーやきそば」のまさかの合体バージョン。「ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフW獄激辛」爆誕です。早速食べてみました!

いかついおっさんが夢の共演

パッケージから相変わらずの威圧感(C)コクハク
パッケージから相変わらずの威圧感 (C)コクハク

 いかついおっさん2人がにらみをきかせています。

 ご丁寧に例の「泣けるほど辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の喫食には十分ご注意ください」の注意書きも2つ。「大事なことだから2回言う」ってやつですね。

「カロリーお化け」の一面も

わかってたけどカロリー高っ!(C)コクハク
わかってたけどカロリー高っ! (C)コクハク

 驚異の1105キロカロリー。

 この時点で若干心が折れました。2時間のランニングで消費するカロリーが1000キロといわれています。それをちょい超えてきてます。2時間ってことは私の足ではハーフマラソンくらいですかね。お、おう。結構あるな……。

 うん、でもさ! 今日も走ったし、明日も走るし、大丈夫、大丈夫。

盤石の布陣で挑みます

今回もよろしくお願いします(C)コクハク
今回もよろしくお願いします (C)コクハク

 今回のお助けアイテムはこちら。1105キロカロリーを前にすると、飲むヨーグルトの「糖質オフ」の文字が悪あがきにしか見えない。THE焼け石に水。

 ネットの食レポには「ダブルになった分辛さもダブル」という恐ろしいコメントがあったので、キャベツ増し増しにしました。春キャベツおいしいよね。しかも胃の粘膜の再生にも一役買ってくれるのだそう。キャベツ様、どうか私の胃をお守りください。

ソースの佇まいに危険しか感じない

「食べてください」の謙虚さが見当たらない(C)コクハク
「食べてください」の謙虚さが見当たらない (C)コクハク

 開けると2種類のソースがこんにちは。

 黄×黒の「獄激辛カレーソース」と赤×黒の「獄激辛ソース」。相変わらず警告感がすごいです。止めるならいまだぜ?

中蓋には心躍るメッセージが…

年を取るとこういう文言に弱くなりますよね(C)コクハク
年を取るとこういう文言に弱くなりますよね (C)コクハク

 途中、かやくを入れ忘れて大慌てするというアクシデントに見舞われましたが、3分待って、できあがり。

 なんでも「3度の味が楽しめる!!」とのこと。あら、やだお得じゃないの♡

賽は投げられた!

やったるでー!(C)コクハク
やったるでー! (C)コクハク

 さて、激辛ソースをかけてやろうじゃないか。

 前回食べた「獄激辛カレーやきそば」の時よりちょっと唐辛子の匂いが強いような気がします。

 ソースが2袋になったから? でも、おおむねペヤングの香りです。

どんな味がするんだろう…ドキドキ(C)コクハク
どんな味がするんだろう…ドキドキ (C)コクハク

 麺は2つに分かれています。

 向かって写真左が「獄激辛カレーやきそば」、右が「ペヤング 獄激辛やきそば」です。

 見た目、全く一緒ですね。

関連キーワード

フード 新着一覧


衝撃!「ハッピーターンオレ」を飲んでみた 2022.5.26(木)
 ローソンで衝撃の光景を目にしました。商品棚をカラフルに彩るこちらの商品をよく見ると……。 「ハッピーターンオレ」...
ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...