無印良品で始める“ぬか漬け生活” 2021.4.30(金)

コクハク編集部
更新日:2021-04-30 06:00
投稿日:2021-04-30 06:00
 子どものころは苦手だったけど、大人になると好きになる――。ぬか漬けはその代表的な食べ物ではないでしょうか。友人に勧められて以来、すっかりハマっています。

溺愛アイテム♡無印良品の「発酵ぬかどこ」

お値段もお手軽なのがうれしい(C)コクハク
お値段もお手軽なのがうれしい (C)コクハク

 私が使用しているのは、こちらの無印良品の「発酵ぬかどこ」(1キロ 税込み890円)。すでに発酵しているので買ったその日から使えます。

 上部にチャックが付いているので専用の容器に移さずともOK。お手軽にぬか漬け生活を始めることができます。

今日のお新香盛り合わせ

我が家のお新香盛り合わせです(C)コクハク
我が家のお新香盛り合わせです (C)コクハク

 まずは“ぬか漬け御三家”のキュウリ、ダイコン、ニンジン。この3種はほぼ毎日、ストックを切らすことなく漬かっています。

 ニンジンはぬか漬けが一番好きな調理法です。あ、調理じゃないか。皮を剥いて切って入れるだけなので……。すべてはぬかどこに丸投げです。あとは任せたよ!

便利アイテム「お茶パック」

お茶パックにイン(C)コクハク
お茶パックにイン (C)コクハク

 “ぬか漬け御三家”に加えて、タケノコ、トマト、そしてノビルも漬けました。

 ノビルはぬかどこの中で迷子にならないよう、100均のお茶パックに入れてから漬けます。ラディッシュやペコロスなどサイズが小さい野菜を漬けるときは、お茶パックが便利ですよ。

無印良品の懇切丁寧ぶり

目安時間だと個人的にはちょっと物足りないんだよね(C)コクハク
目安時間だと個人的にはちょっと物足りないんだよね (C)コクハク

 無印良品の「発酵ぬかどこ」の裏面には野菜ごとのおススメの切り方と漬け時間の目安が書いてあります。無印のこうやって、さりげなくフォローしてくれる優しさ……好き……。

 ただ私はしっかり浸かっているほうが断然好みなので、表示時間よりも長めに漬けています。無印良品の厚意をあっさりと無にしてすみません。

 いやね、塩っ辛いものが好きなんですよ。飲ん兵衛の悲しいサガですな。高血圧予備軍です。気をつけなければ……。

鶏ムネ肉の下ごしらえにも

ガーゼでおめかし(C)コクハク
ガーゼでおめかし (C)コクハク

 高タンパク&低カロリーな鶏ムネ肉はダイエットの強い味方。積極的に食べたい食材ですが、あのパサパサ感がどうにも苦手なんですよね。

 そんなお悩みも、ぬかどこに任せておけば安心。まずは味が浸透しやすいように表面にフォークで穴を開けます。

 それからガーゼに包んで……。

タンパク質系と野菜系は分けて漬けよう

おいしくなーれ(C)コクハク
おいしくなーれ (C)コクハク

 ぬかどこで両面をしっかりと覆ってあげます。あとはそのまま冷蔵庫で一晩放置。今回のように、肉やチーズなど動物性たんぱく質の食材を漬けるときは、別のぬかどこを用意することをお勧めします。

 いろんな食材を一つのぬかどこに入れてしまうと、あらゆるにおいがケンカして大変なことに……。で、気が付くと“悪臭”を放っているということになりかねません(夫からの猛クレームにより泣く泣くぬかどこを捨てた経験アリ)。

 食材のすみ分けはキッチリとしましょう。

パサパサ感ゼロ!

誰か私にビールを!(C)コクハク
誰か私にビールを! (C)コクハク

 そうすると、あのパサつきはどこへやら。中まで火が通っているのに、しっとりやわらかな食感になります。優しい塩加減もたまりません。ランチ用に作ったけれど無性にビールが飲みたい。

 ◇  ◇  ◇

 米ぬかには肌の調子を整えたり、疲労回復に役立つビタミンB1が多く含まれるといわれています。おまけに植物乳酸菌もたっぷりなので、野菜の食物繊維とのWパワーで腸内環境もバッチリ! 免疫力アップにも欠かせません。

 おうち時間を利用して、ぬか漬け生活をはじめてみませんか?

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


「栃尾油揚げの納豆・キムチ挟み焼」空腹も満たせるおつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
夢の競演!「子持ちししゃもとフルーツトマトのアヒージョ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
「ひじきと豆腐の山椒炒め」スパイシーな味わいがたまらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
香りや食感まで美味しい「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「筍木の芽焼き」水煮のタケノコにタレで香ばしさをプラス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「白魚と根三つ葉の卵締め」出汁さえ丁寧に取れば3分で完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「イワシのかば焼きサラダ仕立て」ご飯にのせれば最高の丼に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「空豆のチーズ寄せ」市販のプロセスチーズをチンして巻く!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
今度は「ペヤングW獄激辛」を食べてみた 2021.4.25(日)
 また、まるか食品さんがやってくれました。激辛シリーズ第3弾は、2020年2月に登場した「ペヤング 獄激辛やきそば」と2...
ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...