長年交際した彼女と別れてすぐに他の女性と結婚する男性心理

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-09-14 18:11
投稿日:2021-09-14 06:00
 何年も付き合っていた彼女とは結婚しないまま別れて、その後に付き合った新しい彼女とあっさり結婚する男性って少なからずいますよね。芸能人なんかでも、下積み時代からずっと付き合っていた彼女がいたのに、売れたら別れて、結局は違う女性と結婚した、といったニュースもたびたび耳にするかと思います。
 では、なぜ彼らは長年付き合った彼女とは結婚せずに、新しい彼女とすぐにで結婚するのでしょうか? そこには思わぬ男性心理が……。今回は同様の経験をしたことのある二人の男性にお話を伺いました。

見た目がどストライクの年下彼女との結婚に躊躇

遅刻癖と浪費癖にうんざり(写真:iStock)
遅刻癖と浪費癖にうんざり (写真:iStock)

 彼女とは飲み会で出会って一目惚れをし、猛アプローチの末に付き合えるようになったというAさん。当時、彼女は一回り年下の25歳で、雰囲気が小島瑠璃子に似たスタイル抜群の美女だったといいます。

「最初はとにかく見た目がタイプで、無我夢中で口説きました。インスタグラムでフォロワーの多いインフルエンサーでもある彼女のため、インスタ映えするお店をリサーチして誘ったり、付き合ってからは旅行にもたくさん連れて行きましたね」

 ところが、付き合い始めて半年が過ぎたあたりから、Aさんは彼女の行動に少し気になる所が出てきたそうです。

「待ち合わせに遅刻することです。最初は5分、10分といった遅れ具合だったので可愛いもんだなと思っていたのですが、だんだん30分、1時間と大幅に遅れるようになってきて。ひどい時には待ち合わせ時間に現れないから電話したら“ごめん、今起きた”なんていうこともあって、さすがにイラっとしました」

 とはいえ彼女はまだ若いし、自分も惚れた弱みがあるので怒ったりはせずに許容してきたというAさん。ただ、遅刻以外にも問題は出てきたようで……。

「記念日でもないのに、洋服やバッグなどを買ってと平気でおねだりしてくるようになりました。また旅行の計画をする時も、三ツ星ホテルしか行きたくないと言ってきたり……とにかくお金がかかるなと」

 彼女の遅刻癖と浪費癖は、どんどんエスカレートしていったのだとか。

彼女とは家庭を築けないと思い別れを決意

前の彼女とは正反対のタイプと結婚(写真:iStock)
前の彼女とは正反対のタイプと結婚 (写真:iStock)

 それでも、見た目がどストライクの彼女に甘えられたりすると弱いし、性欲も止まらなかったのだそう。世代の違う彼女の話はいつも刺激的で楽しかったし、男友達からも「あんなに若くて可愛い子と付き合えて、お前はいいな〜」と羨ましがられるので、彼女を手放したらもったいない気がしていたそうです。今まで彼女に惚れ込んで尽くし、お金も散々かけてきたので、もう引けない所まで来ていたのかもしれませんね。

 交際期間は1年、2年と過ぎ、3年目に差し掛かっていたそうです。

「ただ、僕も40歳目前になり、そろそろ結婚を真剣に考えなければな、というステージに入りました。普通に考えれば、その時に付き合っている彼女と結婚をするのが自然な流れでしょう。でも、時間が守れなくてお金を浪費するような彼女が妻になったら、子どもの母親になったら……、果たしてしっかりと家庭を築けるのか?と」

 Aさんが出した答えはNO!

 彼女との結婚は考えられないとの結論に至り、別れることに。

 そして、別れた後からすぐに真剣に婚活を始めたAさんは、友人から「いい人がいる」と紹介された女性と、交際3か月でスピード結婚。

「妻は35歳のおとなしいタイプではありますが、礼儀がしっかりとした家庭的な女性。料理も上手です。遅刻や浪費? 全くないですね(笑)。体型もぽっちゃりとしていて、前の彼女とは正反対です。本当にいいパートナーと出会えて今は幸せです」

 男性にとって「付き合いたいと思う女性」と「結婚したいと思う女性」は、違うのかもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


特徴でわかるお似合いカップル診断6選♡ いくつ当てはまる?
 お似合いのカップルと、すぐに別れてしまうカップル……その違いは、お互いの“相性”にあります。相性のいいカップルに共通す...
恋バナ調査隊 2021-09-10 06:00 ラブ
70代女性の官能的恋愛小説「疼くひと」を読んでみた
 恋愛小説はこの世に山のようにあります。けれど、そのヒロインが70代女性というものは数少なく、ましてや性愛描写も含んでい...
内藤みか 2021-09-09 06:00 ラブ
脈なし男性をOKさせる上手な誘い方5選&誘う際のポイント
 好きな男性ができても、「脈なしだな……」と判断したら、その時点で多くの女性はアプローチを諦めてしまうでしょう。でも、そ...
恋バナ調査隊 2021-09-09 06:00 ラブ
恋愛対象外になりたくない!かまってちゃん女子を卒業する方法
 自分では気づきにくいけど、男性から冷ややかな目で見られているのが、「かまってちゃん女子」。学生時代に周りからチヤホヤさ...
若林杏樹 2021-09-08 06:09 ラブ
別れてから何年経っても好き…4つの理由&引きずらない対処法
「別れてから何年も経つのに、ずっと好きで忘れられない相手がいる……」と悩んでいる人って、意外と多いようです。「相手が結婚...
恋バナ調査隊 2021-09-08 06:00 ラブ
男性が考える“理想の彼女”の条件7選♡ 外見&内面の特徴
 大好きな彼から「いつまでも長く愛される女性でいたい」と思うのは、女性なら当然のこと。その願望を叶えるためには、男性がど...
恋バナ調査隊 2021-09-07 06:00 ラブ
久しぶりの恋に戸惑う40代へ♡ デートのコツ&付き合う方法
 20代、30代の頃に比べると、40代になってからの恋愛は、経験があるからこそ、ついつい考えすぎてしまうもの。特に、久し...
恋バナ調査隊 2021-09-07 06:00 ラブ
男性が浮気をするのには理由がある! 浮気を防ぐ4つの予防策
 彼氏ができるのは嬉しいことですが、同時に避けて通れないのが浮気の心配……。でも、男性が浮気をしてしまう理由がわかれば、...
恋バナ調査隊 2021-09-06 06:00 ラブ
“恋と愛の違い”ってなに? 4つの名言&見極める方法♡
 恋と愛の違いについて考えたことはありますか? 一般的には、「恋が先にあって、それが愛に変わる」という認識ですよね。では...
恋バナ調査隊 2021-09-06 06:00 ラブ
いい恋愛をすると綺麗になる5つの理由♡ 注意したいケース
 昔から、女性は「恋をすると綺麗になる」なんて言われていますが、あなたはそれを実感したことがありますか? 実は、これは本...
恋バナ調査隊 2021-09-05 06:00 ラブ
収入減で価値観の違い露呈…ネガティブな妻に無力感を抱く夫
「冷酷と激情のあいだvol.54〜女性編〜」では、楽観的すぎる夫の性格に価値観の違いを痛感している妻・Kさんの苦悩をご紹...
並木まき 2021-09-04 06:24 ラブ
夫婦で収入減も「大丈夫っしょ」…楽観的すぎる夫に冷める妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-04 06:17 ラブ
男性にモテる♡ギャップの作り方5STEP&簡単ポイント
 男性にモテるためには、ギャップが有効♡ 女性の意外な部分に惹かれて、恋に落ちる男性って意外と多いんですよ。そこで今回は...
恋バナ調査隊 2021-09-03 06:00 ラブ
私のお金が目当てだった…ヒモ気質の夫と決別した女性の事情
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-09-03 06:00 ラブ
ネットで知り合った人と会う時に気を付けるべき“3つのこと”
 SNSやマッチングアプリで知り合った人と会い、事件に巻き込まれてしまう女性が後を絶ちません。特に初めて会う場合には、自...
内藤みか 2021-09-02 06:00 ラブ
価値観が合う人ってどんな人? 4つの特徴&見つけ方のコツ♡
 男性とお付き合いするなら、価値観が合う人を選ぶと長続きすると言いますよね。でも、「価値観が合う人」とは、いったいどんな...
恋バナ調査隊 2021-09-02 06:00 ラブ