高級外車男と高級時計男…女性にとってヤバいのはどっち?

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-04-11 16:42
投稿日:2019-04-02 06:00
 皆さんの周りにも、おそらく一人くらいはいるのではないでしょうか?やたらと高級品を身に着けたがる「高級○○男」。彼らの中には女性にとって“要注意な人物”も少なくありません。その2大事例ともいえるのが高級外車男と高級時計男。どちらがヤバい男なのでしょうか?

ヤバさの軍配は「高級外車男」に

 さっそくですが、こちら、圧倒的にヤバイ傾向が見られるのは「高級外車男」です。

 高級時計は基本的にはマニアックな趣味の領域であり、女性がその価値を知らないこともある程度は想像がついています。したがって、時計を全面的に自慢する男性は少数派と言えます。

 一方で、外車男は盛大に“巻き込み事故”を起こしてきます。

 自分の車に女性を乗せたくて仕方がないのが彼らの共通点で、とにかく「ドライブこそ最高だ!」という価値観にとらわれてしまっています。

 しかし、好きな相手とのドライブならともかく、出会って間もない男性と密室に二人っきりなんて、多くの女性は気乗りしないですよね。

 そんな女心に想像力を働かせることもなく、「ドライブ」をうわごとのように繰り返す姿は、Driver's High(ドライバーズハイ)にでもなってしまったかのようです。

LINEからもビシバシ伝わるヤバさ

 さて、そんな高級外車男のヤバさが伝わるエピソードをお話しさせていただきます。

 発端は、美人でスタイル抜群なA子さんに朝8時に届いたLINE。どうやら殿方は、高級車マセラッティを購入した嬉しさを我慢できなくなって、朝からLINEを送り、A子さんに「すごいね!」とホメてもらいたかったご様子。

 そんな彼の期待に反して、車自慢をする男に全く興味のないA子さんは、“マセラッティくらいじゃ別に褒めたりしないわよ”感を出しながら、ドライブのお誘いは華麗にスルーしました。

 すると、A子さんから「私も乗りたいー!」という返事を期待していた男性は途端に不機嫌に。

「マセラティ=日本の金持ちは全員乗っている車」と切り出すと、「マセラティに乗っていない日本人は金持ちじゃない」と、まさかの“平家にあらずんば人にあらず”的トンデモ理論をぶち上げた揚げ句、フェードアウトしていったそうです。

 この文面だけでもヤバさはビシバシ伝わるかと思いますが、今回はなぜヤバいのかをより深掘りして分析していきたいと思います。

コミュニケーションが2種類しかない貧弱さ

 まず、この文面で透けて見えるのが、彼のコミュニケーション能力の低さです。

1. 褒めてもらって自慢する
2. 相手を貶して落とす

 このわずか2つのパターンでしか会話ができていないということです。

 こんな男性と結婚してしまった日には、「だからお前はダメなんだ」「俺はお前じゃなくても良かったのにお前と結婚してやったんだ」といったモラハラまみれの生活が待っていること間違いなし。

 いくら結婚に焦っても、こんな男には引っかからないように注意しましょう。

自己認識が大幅に歪んでしまった不幸

 この手のタイプは、能力や実績が伴わないままお金を手にしてしまった男性に見られがちです。

 例えば、投資系や営業ブローカー系、不動産系といった事業では、たまたま訪れた幸運によって大金が転がり込んでくることがあります。そうした場合、「お金持ちになった=自分は優れた人間である」というカン違いが起こりやすく、自己認識が大幅に歪んでしまうのです。

 皆さんには、彼の仕事の話などから、本当にデキる男なのかを見極めることをオススメします。

まとめ

 こんな高級外車男と出会ってしまった時は、「そうなんだ!」と返事をしつつ、ドライブのお誘いは軽くスルーしてしまうのが賢明かもしれませんね。

しめサバ子
記事一覧
マルチポテンシャライトライター
主に恋愛・性に絡むネタを執筆。ライター業以外にも法務や税務、イベント企画、プログラミング、起業、ひいては寿司を握るなど、興味を持ったことに手当たり次第に挑む。休日はシメサバ作りをこよなく愛する。
X

ラブ 新着一覧


「娘に“男”を見せたくなかった…」マチアプを悔やむ45歳シンパパの本音
「冷酷と激情のあいだvol.191〜女性編〜」では、自身の妊娠と出産を年齢的な理由で諦め、シングルファザー限定で恋人探し...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
出産は諦めたけど子は欲しい…シンパパ射止める“5秒前”、47歳独女の計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
着信26件、もはやホラー! アラサー・アラフォー女性が蛙化した瞬間
「好きだったけど幻滅した!」と、好意が一気に消えてしまう“蛙化現象”。(元々は、好きになった人から好意を感じると逆に嫌悪...
恋バナ調査隊 2024-04-20 06:00 ラブ
人生狂わす男女の金銭トラブル 大谷を襲った“一平さん騒動”と次元違えど
 大谷翔平選手と水原一平さんの間で起こった金銭トラブルとは次元が異なるものの、男女間でもお金が原因の関係が破綻は少なくな...
恋バナ調査隊 2024-04-19 06:00 ラブ
年下男子とのデートは「ヌン活」に限る? 彼らを誘うと「即OK」するワケ
 アフタヌーンティーが人気です。色とりどりのスイーツとおいしいお茶を味わいながらの午後のティータイム女子会は格別な心地良...
内藤みか 2024-04-18 06:00 ラブ
自分にはお金使うくせに「ケチな男」の特徴4つ、結婚したらどうなる?
 自分の持ち物や趣味には好き勝手お金を使うのに、それ以外のことにはお金を出すのを嫌がる男、いますよね。  車がベンツで...
恋バナ調査隊 2024-04-17 06:00 ラブ
職場は心の浮気の震源地!四六時中チャット、2人きりランチ…リスクは?
 恋人がいるのに他の男性と体の関係があったら、それはガッツリ「浮気」。そして、既婚者であれば「不倫」です。でも「体の関係...
恋バナ調査隊 2024-04-16 06:00 ラブ
不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-05-07 18:41 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ