【無印良品】手軽な「日干しかご」見ーっけ!2022.8.6(土)

コクハク編集部
更新日:2022-08-06 06:00
投稿日:2022-08-06 06:00
 天日干しして作る自家製「干し野菜」への関心は高まるばかり。野菜を無駄なくおいしく使い切る、調理方法の幅は広がる、そして栄養価がグンと上がる、まさにいいこと尽くしですが、天日干しグッズでお悩みはありませんか? いいものがないかな~と探していたら、無印良品の企画展で見つけました!

「野菜の天日干し」生活を送っています

こんな具合に黒ずんでしまったのです…(C)コクハク
こんな具合に黒ずんでしまったのです… (C)コクハク

 ひとり暮らしです。ちょっと自炊できない日が続こうものなら、冷蔵庫の野菜が干からびて見るも無残な姿に……。ごめんなさいっ。

 フードロス削減のためにも「野菜の天日干し」を行うようにしています。「天日干し」と「冷蔵庫で干からびる」、同じ水分をなくすでも雲泥の差ですよね。

 とまあ、ていねいな暮らしに憧れる筆者は形から入るタイプなので(苦笑)、数年前に天日干し用に大きな竹ざるを購入し、さまざまな野菜を干していたのですが、使っていくうちに、どうしても、網目がかびてしまうのです……。うう。

無印良品で発見!「ステンレス 干しかご」

フルーツを干してもいいみたい(C)コクハク
フルーツを干してもいいみたい (C)コクハク

 で、京都にある老舗金具店のステンレス製の干しかごを狙っていたのですが、人気過ぎて入手困難状態。問い合わせてみると「1年以上お待ちいただくかも……」というではないですか。

 なんだかなー、待てないなー、いいものないかなー、と思っていたある日のこと。ふらりと立ち寄ったFound MUJI 青山で「ステンレス 干しかご」と出合ったのです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「15人のお侍さんが…」霊感のある女友達からのゾゾッとLINE
 あなたには、霊感のある友達はいますか? 彼女たちには、普通の人には見えないはずのものが見えるようです。そして、中には、...
すいかばかと呼ばれる男<3>「水果」でささやかな夏の贅沢を
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...
私、性格悪い?「シャーデンフロイデ」に気づいた時の処方箋
 みなさんは、シャーデンフロイデ(独:Schadenfreude)という言葉を聞いたことがありますか? 日本語に直訳する...
部長にサマるって“部長様”?カタカナでやらかした赤っ恥LINE
 いつの間にかすっかり私たちの日常に溶け込んだ「カタカナ語」。普段何気なく使っている人がほとんどだと思いますが、正しく覚...
“たまたま”様が本気のパトロール!まるで映画のワンシーン♡
 きょうは、高原にいらっしゃい!  山を望む雄大な景色の中、広大な縄張りを持つにゃんたま様に出逢いました。 ...
手間いらずでコスパすごっ!ルドベキアは見つけたら即買い!!
 職業病というか、なんというか。道端でハッとしちゃう植物を発見したら、どうにも気になるワタクシ。たとえ運転中でもどんなも...
【絶望】「夫の実家に帰省」要注意マナー&土産選びのまとめ
 夫の実家が遠方にあると、普段はあまりストレスを感じないかもしれません。しかし、問題は年に数回ある帰省時……。「気が重い...
愛してるぜ!意中のおんにゃの子に鼻チューしたい“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月18日~7月24日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
クーラーいつ掃除する?在宅勤務の“上から夫”に怒り爆発LINE
 コロナ禍ですっかり定着した在宅ワーク。今まで、仕事に出ていた夫が家にいる日々に、ストレスが溜まっている妻はたくさんいる...
いつか来る日のため…知っておきたいペットロスの乗り越え方
 家の中でペットを飼うのが一般的となった近年、昔に比べてペットとの距離も近くなっているため、ペットロスに悩む人も増加傾向...
障子がビリビリに…子どもから家を守るには 2022.7.16(土)
 持ち家でも賃貸でも、家にはなるべく傷つけずに過ごしたいものですが、それは大人の都合のようです。悲しいかな、大切にしてい...
愛される「ちゃっかり者」の共通点 人気NO.1の瞬間を目撃!
 ”ちゃっかり者”って言葉を聞いた時、みなさんはどんな印象を持ちますか?  私はちょっと、ずるい印象がしてしまいます...
アッ、やられた! 豹変する先生に身の危険を感じる私
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ...
ちび“たまたま”が爪とぎコーナーで「お母さん、交代して~」
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
わ、簡単!ハイブリッドスターチスを流行りのドライにする!
 夏になると猫店長「さぶ」率いる我が花屋に来店くださるお客様の多くが、仏様のお花を買い求めにいらっしゃいます。そんなお客...