無印でも展開!コオロギのお菓子ってどうよ2021.12.23(木)

コクハク編集部
更新日:2021-12-23 06:00
投稿日:2021-12-23 06:00
 12月15日、無印良品を展開する良品企画が「コオロギチョコ」を販売しました。全国の無印良品限定221店舗、および公式ネットストアで購入可とのこと。コオロギって、あのコオロギ? あの、コロコロ鳴く秋の虫? それがチョコってどういうこと? はてなマークが頭を駆けめぐったので、買ってみることにしました。

「コオロギチョコ」をご購入

QRコードで特設サイトに飛べますよ (C)コクハク
QRコードで特設サイトに飛べますよ (C)コクハク

 はい、というわけでこちら「コオロギチョコ」(税込190円)です。

 無印良品らしい、シンプルなパッケージですね。上のほうにチラっとコオロギがいます。

おいしそうじゃないか (C)コクハク
おいしそうじゃないか (C)コクハク

 開けてみてもこの通り。うん、普通のチョコバーやん。って当たり前ですね。成分表記を確認すると、「食用コオロギパウダー」となっていました。

 そっか、パウダーになってるのね。まあ、そりゃそうか。触覚やら足やら出てたらちょっと怖いかも。

いただきます

なかなかの歯ごたえです (C)コクハク
なかなかの歯ごたえです (C)コクハク

 甘さ控えめなのがうれしいですね。そして、歯ごたえがすごい。かなり固めです。

 全然コオロギの味はしません。っていうか、コオロギ食べたことないけども。

「未来コオロギスナック」も買ってみた

つぶらな瞳でこちらを見ています (C)コクハク
つぶらな瞳でこちらを見ています (C)コクハク

「コオロギチョコ」で気を良くしたので、今度は「未来コオロギスナック」(株式会社MNH・税込213円)を近所のスーパーで購入してみました。

 こちらのパッケージはコオロギのイラストがかなり大きめに描かれています。無印と比較するとコオロギアピール感がありますな。

「コオロギは地球を救う」ってえらいデカいこと言うてますやん。どういうことよ?

「コオロギが地球を救う」ワケ

お肉がなければコオロギを食べればいいじゃない(写真:iStock)
お肉がなければコオロギを食べればいいじゃない (写真:iStock)

 現在、地球の人口は増え続けており、2050年には世界人口が97億人に到達。今の2倍の食糧生産が必要になるそうです。人類に不可欠なタンパク質の源である鶏や牛、豚などの家畜を育てるためには、多くの飼料や水が必要ですが、地球の資源には限りが……。

 早ければ2030年頃には世界的なタンパク質不足が起こるという説もあります。そこで最近、注目されているのが「昆虫食」。中でもコオロギは高タンパクな上、育てやすい。さらにおいしいということもあって人気なのだそう。

 まじか。コオロギすごい。地球救ってくれてるやん。ありがとうコオロギ。

あっという間に完食

リピ買い決定! (C)コクハク
リピ買い決定! (C)コクハク

 さてさて、気になるお味はというと、これがおいしいんですよ。ほんのりとエビやカニなどの出汁の風味を感じました。優しい塩気がお酒にもピッタリかと。サクサクと軽い食感も◎。ペロっと食べてしまいました。

「近未来ラーメン味」とのことですが、豚骨や鶏ガラに代わって、コオロギの出汁でラーメンのスープを作ることが当たり前になるかも?

 地球に優しい「昆虫食」。興味がある方はぜひお試しくださいませ。

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


「旬のお野菜とフルーツとチーズ」チーズがこだわりの一皿
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・有楽町のフランス料理店「Restauran...
百均グッズでオリジナルシリアルバー作り 2021.1.20(木)
 以前ご紹介した「電子レンジチップスメーカー」に続き、ダイソーでお菓子作りグッズを発見しました。その名も「レンジで簡単シ...
「TOYOタッキー」特別な日のディナーにも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・有楽町のフランス料理店「Restauran...
「マグロとアボカドの磯辺和え」3つの工夫で極上のウマ味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・赤坂にある「多に川」の大森雄哉さんに「マグ...
「筋子とマッシュポテトのサンドイッチ」紅白で晴れやかに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「白トリュフの塩パン」で“ジャにの”体験 2022.1.15(土)
 いまネット上で話題になっている、Truffle BAKERYの「白トリュフの塩パン」を知っていますか? 今回は、売り...
「骨付き鶏もも肉の源たれ煮」万能調味料に“おんぶにだっこ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて...
「しめ鯖のキウイマリネ」店主が追求するキウイ料理の進化系
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
お手軽「ホタテフライのカシスソースとらっきょうタルタル」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
青森のソウルフードで「切込みのピザ」 発酵食品の三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「キノコサーディン」缶のままコンロで加熱するだけで美味!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
便利アイテムを活用!“手抜き”美味レシピ 2022.1.6(木)
 料理が苦手です。子どもの頃からそうでした。母のお手伝いをした記憶は皆無だし、調理実習やキャンプなどではいつも小さくなっ...
失敗しない「カマンベールフォンデュ」 温め直しOKの手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
味変は食べるラー油で!「酒の供」納豆に卵黄とノリの三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
“ダンク”バーガーに挑戦! 2022.1.1(土)
 新年あけましておめでとうございます。2022年の元旦、いかがお過ごしでしょうか? 年末年始&お正月休みで、暇を持て余し...