もし婚活女子がドラッガーの「マネジメント」を読んだら

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-05-17 06:00
投稿日:2019-05-17 06:00
 経営の神様ピーター・F・ドラッガー、日本では「もしドラ」が大変有名ですが、この名著「マネジメント」は婚活女子にとってバイブルにしてもいいくらい、重要な視点が多数含まれております。
 ドラッガーは、実は愛妻家としても知られており、妻ドリスはドラッガーを支え、彼のチャレンジの背中を押した“あげまん女性”でもありました。
 そんなドラッガーの恋愛マネジメントについて解説させていただきます。

名言その1

「集中せよ!」(写真:iStock)
「集中せよ!」 (写真:iStock)

 集中せよ!――。

 あまりにも有名な、

「成果をあげるための秘訣を一つだけあげるならば、それは集中である。成果をあげる人は、もっとも重要なことから始め、しかも、一度に一つのことしかしない」
(ドラッガー「プロフェッショナルの条件」)

 のお言葉。

 言うまでもないですが、いろんな人に意識を分散するのではなく、リソースを集中して一人の相手に集中すべき、という至極真っ当なご意見です。ただ、本質的な部分としては、“恋愛は一途がいい”という話ではなく、集中して空いた時間などのリソースを相手にどう投入するかが重要ということ。

 貴重な時間とお金と気持ち、戦略的に相手に投入してくださいね。

名言その2

優先順位を書き出してみるのも(写真:iStock)
優先順位を書き出してみるのも (写真:iStock)

「成果をあげる者は、新しい活動を始める前に必ず古い活動を捨てる」
(ドラッガー「プロフェッショナルの条件」)

 集中せよ!につながる言葉なのですが、成果をあげるには、それまでの恋愛や他にやらなければいけないことなどをどれだけ断捨離できるかがポイント。元カレの未練を断ち切ろうという話だけじゃないので要注意!

 例えば、仕事が忙しすぎたりすると、恋愛どころじゃないですよね?ちゃんとした恋愛ができる人は、仕事も残業なく終わらせつつ成果を出していたり、他の面で安定した基盤があるのです。

 新しいことを成功に導くには、これまでの自分を振り返って不要なもの、優先順位の低いものを見極めてみるのも良いでしょう。

名言その3 

あなた自身が輝ける相手を(写真:iStock)
あなた自身が輝ける相手を (写真:iStock)

「娘の嫁ぎ先を探すのならば、娘が最高の妻となる男でなければならない」
(出典「ドラッガー365の金言」)

 こちらは、事業の売却先を探す際に、娘=事業、嫁ぎ先=売却先というワードで表したもの。なかなか示唆に富んだ言葉ですよね。娘が最高の妻になる、すなわち、あなた自身の持っている魅力や良さが100%活かすことができる相手を選ぶべきということです。

 どんなに好きな相手であっても、あなたが我慢したり、自分の価値観を曲げなければならない相手であれば、あなた自身の魅力はどんどん発揮されなくなり、結果として最高の妻にもなれなくなってしまう、という警告がここには含まれています。

 相手を選ぶときは、ただ相手が好きかどうかという点ではなく、その人と一緒にいてあなた自身が輝くことができる相手かどうか、という点も考慮に入れるべきでしょう。

名言その4

相手に伝わる言葉で話そう(写真:iStock)
相手に伝わる言葉で話そう (写真:iStock)

「コミュニケーションは、受け手の言葉を使わなければ成立しない。受け手の経験にある言葉を使わなければならない。説明しても通じない。経験にない言葉で話しても、理解されない」
(出典「プロフェッショナルの条件」:優れたコミュニケーションとは何か)

 もう、これなんて、恋に悩めるすべての男女に送ってあげたいくらいのお言葉ですよ。よくありますよね、全然話が伝わらないんだ、っていうお悩み。

 でもその言葉、相手に伝わるように言っていますか?

 独りよがりな言葉でしゃべっていませんか?

 相手に何かを伝えたい時は、相手の立場を想像してわかりやすい例えを使ったり、過去にあった実際の出来事を出して、どうしたら伝わるかを考えながら話すだけでも、伝わり方は違ったものになるでしょう。

 女性の皆さん、

「私の気持ち、わかってくれないの……」

 なんていう暇があるなら、まずはドラッガーを読みましょう!

まとめ

 あまりにも説得力にあふれたドラッガーのお言葉たち。世が世なら、ドラッガーは経営の神様ではなく、「恋愛の神様」と呼ばれていたかもしれませんね。

ラブ 新着一覧


遊び人を好きになったら…4つの対処方法&本気にさせる方法
 恋に落ちる瞬間は、本当に一瞬のこと。「この人はダメ」と頭でわかっていても、一度恋に落ちてしまえば、心が言うことを聞かな...
恋バナ調査隊 2021-08-10 06:00 ラブ
男友達と彼氏の違いを見極めるボーダーライン&付き合い方
 異性との付き合いは、大きく分けると「男友達」or「彼氏」の二つに分かれます。しかし、中には異性となると一色単に考えてし...
恋バナ調査隊 2021-08-09 06:00 ラブ
真似できる♡倦怠期がないカップルの共通点6つ&乗り越え方
 好きな人と交際できても、いつまでもラブラブな状態が続くとは限りません。多くのカップルは、倦怠期を経験しているでしょう。...
恋バナ調査隊 2021-08-08 06:00 ラブ
不倫相手の妻から届いた…青ざめるほど恐ろしい報復LINE5つ
 道ならぬ恋だということはわかっているけど、好きになってしまうとなかなか抜け出せない女性が多い不倫。でも、「きっとバレな...
恋バナ調査隊 2021-08-07 06:00 ラブ
根拠のない自信にうんざり…口先だけの妻に心底呆れる男性
「冷酷と激情のあいだvol.50〜女性編〜」では、新婚の夫から愛されていないと不満を抱く女性の苦悩をご紹介しました。では...
並木まき 2021-08-07 06:01 ラブ
愛されていない?新婚なのに文句ばかりの夫に心を痛める女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-08-07 05:57 ラブ
男性から告白してほしい…男性が決意する瞬間&アピール方法
 気になる男性との距離が縮まると、「彼から告白してほしいなぁ」と、心待ちにしている女性も多いのではないでしょうか。そこで...
恋バナ調査隊 2021-08-06 06:00 ラブ
“恋愛したいけど怖い”と思ってしまう5つの原因&抜け出す方法
 恋愛の仕方は誰かに教わるわけではありませんが、自然と恋に落ち、恋人との時間を楽しんでいる人は多くいます。しかし、中には...
恋バナ調査隊 2021-08-06 06:00 ラブ
夫と入籍し続ける意義を見つけられなくなった女性が選んだ道
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-08-06 06:00 ラブ
“本当の恋”と男性が感じる5つの瞬間&そう思わせるテクニック
 好きな男性から好意を抱かれるのは嬉しいことですが、相手が本気で思ってくれていなければ意味がありません。実は、男性は女性...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
男性が遊びの女性に送るずるいLINE5選!本性を見極めて
 男性の中には、遊びで女性と付き合う人もいます。でも、そういった男性は女性にモテる人が多く、遊びの女性に対しての上手な扱...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ