理不尽…鬼嫁が一方的に夫に押し付ける驚愕の“マイルール”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-19 06:00
投稿日:2019-05-19 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる妻たちは、第三者が耳にすると驚愕するようなルールを一方的に夫に押し付けることもあるみたいです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな驚愕ルールを3選ご紹介します。

1:冷蔵庫に肉や魚を保存するべからず

「冷蔵庫に肉や魚を入れるな」の謎(写真:iStock)
「冷蔵庫に肉や魚を入れるな」の謎 (写真:iStock)

「離婚した元妻は、自分ルールがとにかく多い人で、一緒に暮らしていて疲れました。

 そのなかでも僕が最も理解できなかったルールが、冷蔵庫に肉や魚を保存してはいけないってルール。

 元妻いわく『臭いがつくから嫌だ』ってことだったんですが、肉や魚を冷蔵庫に入れないとなると、毎日、それらを買いに行かなくてはならないんですよね。鬼嫁だった元妻が、自分で買ってくるならまだしも、毎日LINEで僕に『今日は豚ロースを買ってこい』だの『鶏のひき肉を200g買ってきて』だのって命令してきました。

 部位や量が違うと烈火のごとく怒り狂うし、本当に嫌な女でした…」(44歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 冷蔵庫に肉や魚を保存できないとなると、なんのための冷蔵庫なのか疑問が湧いてくる男性もいそうです。

 自分なりの“こだわり”かもしれませんが、こういう女性との同居は確かに疲れそうです。

2:義母と会うのは年2回を超えるべからず

独自ルールで親戚づきあいを放棄(写真:iStock)
独自ルールで親戚づきあいを放棄 (写真:iStock)

「ヒステリックでうるさかった元嫁は、俺の母親とも折り合いが悪かったんですけど、いつも元嫁が本人に聞こえるように僕にギャンギャン怒鳴って、それを母親がじっと我慢するって感じの関係でした。

 それで、元嫁はあるときに『お義母さんはいつもモタモタしてて、見ているだけでイライラする。精神衛生上よくないから、義母と会うのは年2回までにさせてもらう』と一方的に宣言してきたんですが…。

 そのルールには例外がなかったようで、親戚の葬式なども1回としてカウントするので、必然的に欠席の法事などが増えるんです。

 人間同士なので、相性が悪いのはある程度は仕方ないとは言え、そんなマイルールを作って、出席すべき法事にも行かないってどうなのって思いませんか?」(42歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 義母に会いたくないからと、独自ルールを設け、法事への出席まで拒むとなれば、かなりの驚愕ルールと言えるでしょう。

3:週に4回は一緒に外食すべし

“ルール”で一緒に外食したって楽しいわけがない(写真:iStock)
“ルール”で一緒に外食したって楽しいわけがない (写真:iStock)

「怠惰なうえに性格がキツかった元妻は、新婚当初こそ料理をしていましたが、そのうちに何も作らなくなりました。

 それで僕もだんだんと仲間と飲みに行って帰ることが増えたんですが、それを面白く思っていなかった元妻は『週に4回は一緒に外食しろ。飲みに行くのは、週に1日まで』というルールを押し付けてきたんです。

 理由を尋ねると『家だとお酒がまずい。外だと美味しく飲めるから。夫なら、ひとりで飲みに行かず、妻と飲むのが道理』と主張してきました。

 単なる酒好き女のたわ言みたいなルールですが、これを徹底しようと思うと残業もできないし、出費もやたらかさむ。

 僕はそんな生活に疲れて、離婚を選びました」(39歳男性/団体職員)

  ◇  ◇  ◇

 鬼嫁たちは、第三者が聞けばギョッとするようなルールでも、当然のような顔をして夫に押し付けるようですね。

 こんなルールが自宅にあれば、気が休まらない男性も多いことでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


価値観が合う人がいない…! 本当に理想の結婚相手の探し方
 結婚相手を探しているのに、「価値観が合う人がなかなかいない」と悩んでいる人は多いですよね。実際に、結婚相談所などでも多...
恋バナ調査隊 2021-08-24 06:00 ラブ
昔の面影なし、格差に愕然…40代の同窓会恋愛あるある5選
 40代になって、かつての同級生たちから届いた同窓会のお知らせ。「初恋の相手は変わっていないかな♡」なんてドキドキしなが...
恋バナ調査隊 2021-08-24 06:00 ラブ
彼女がいるのに思わせぶりをする男性心理5つ&見抜くポイント
 男性からアプローチされるのは嬉しいものですが、相手が彼女持ちとなれば話は変わります。たとえ、自分が気になる男性だったと...
恋バナ調査隊 2021-08-23 06:00 ラブ
イケメン男性なのに彼女がいない5つの理由&落とすテクニック
 イケメン男性と出会った時、「カッコいい!」と思いつつも、「どうせ彼女がいるだろう」と諦めてしまう女性は多いでしょう。で...
恋バナ調査隊 2021-08-22 06:00 ラブ
彼女がいる人に恋をしてしまった…略奪愛の失敗例&対策法
 恋は、いつどんなことがきっかけで始まるか予測できないもの。中には、好きになった人に彼女がいた……なんて経験がある女性も...
恋バナ調査隊 2021-08-22 06:00 ラブ
これって運命かも♡付き合う予感を感じる瞬間&脈ありサイン
 告白をされたわけではないのに、「もしかしてこの人と付き合うかも?」と付き合う予感を感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-08-21 06:00 ラブ
夫婦で解決すべきことにまで…過干渉な義母に辟易とする夫
「冷酷と激情のあいだvol.52〜女性編〜」では、夫婦問題に無関心すぎる義母への不満を募らせる妻・Eさんの叫びをご紹介し...
並木まき 2021-08-21 05:43 ラブ
夫が“家事放棄宣言”でも…知らん顔の義母に不満を募らせる妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-08-21 05:45 ラブ
嫌悪感がピークに達し…不毛な結婚生活に終止符を打った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-08-20 06:00 ラブ
心惹かれちゃう♡ 恋愛上手な男性の特徴6つ&注意すること
 初デートの際、スマートなエスコートをしてくれる男性は魅力的に映るものです。しかし、それだけ恋愛経験、女性経験が多いとい...
恋バナ調査隊 2021-08-20 06:00 ラブ
「もしかして浮気?」パートナーの不貞を見抜く3つのコツ
 残念ながら、コロナ禍であっても浮気をする夫やパートナーがいます。むしろおうち時間が増えたぶん、女性の監視をすり抜けるテ...
内藤みか 2021-08-19 06:00 ラブ
コミュニケーションがうまくいかない夫婦の共通点&5つの対策
 恋人同士の時にはうまくいっていたはずなのに、結婚後に関係性が悪くなってしまうことがありますよね。これは、距離が近すぎる...
恋バナ調査隊 2021-08-19 06:00 ラブ
恋人に自分を出す?出さない?…別れたくないならすべきこと
 恋人との関係において、大好きなパートナーであればあるほど“長続きした〜い”と願うもの。別れる原因は数あれど、よくあるケ...
若林杏樹 2021-08-18 06:00 ラブ
コロナ中のおうちデート♡ 5つの楽しみ方&気を付けたいこと
 コロナウイルスまん延により、自由に外出ができなくなった今、彼との過ごし方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか? そ...
恋バナ調査隊 2021-08-18 06:00 ラブ
覚えていれば安心♡ 好きな人と盛り上がるLINEの例文5つ
 好きな人とLINEを交換しても、結局会話が盛り上がらずに音信不通になってしまった……なんてことはありませんか? 恋を成...
恋バナ調査隊 2021-08-18 06:00 ラブ
いつもと違う…同棲中の彼が出す別れのサイン5つ&対処方法
 好きな彼と同棲がはじまると、嬉しくて幸せを感じますよね。しかし、同棲はゴールではありません。中には、「最近、彼の様子が...
恋バナ調査隊 2021-08-17 06:00 ラブ