美人でモテたのに…30~40代の婚活難民が急増中のワケは?

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-05-14 06:00
投稿日:2019-05-14 06:00
 山本早織の「結婚につながる恋コラム」第5回は、婚活を自分自身で難しくしている30~40代女性の特徴をお伝えさせていただきます。

プロを悩ませる「過去の栄光(エイコ)ちゃん」

「過去の栄光(エイコ)ちゃん」とは(写真:iStock)
「過去の栄光(エイコ)ちゃん」とは (写真:iStock)

 結婚相談所のカウンセラーやコンサルタントを悩ませる女性が一定数います。

 20代までは恋愛に悩んだことがなく、むしろ男性からちやほやされ、様々な良いものをご馳走してもらったり、プレゼントをしてもらったりして、モテてきた女性。

 そんな女性こそ婚活難民になり、プロを悩ませている「過去の栄光(エイコ)ちゃん」です。

 30歳を過ぎても男性への条件や理想が変わらず、過去に受けてきた恩恵をまだまだ受けられると勘違いしていると、いつまでたっても婚活が先に進まず、むしろ進むどころか年齢を重ねていくことで結婚への可能性が下がり後退していきます。

 私に相談に来た過去のエイコちゃんの一人、えみさん(43歳・仮名)

 彼女は若い時に少しモデルをしていたこともあり、スタイルが良く、43歳という年齢で考えると綺麗な女性。私に相談に来たのも、誰かいい人をつないでほしいということでした。

 私は彼女に、どんな結婚生活をイメージしているの?と質問しました。

「私は、料理も掃除もできないから、やっぱりそういうのはやりたくないんだよね。あとは、年収は最低でも2000万円は欲しいの。生活レベルが周りと違いすぎると…」

 彼女は少し大げさな例ではありますが、過去のエイコちゃんは誰もが同じように理想が高く、自分自身の市場価値を理解していない人ばかり。

目指す場所と現在地がわかって戦略が立つ

求めるものに対する自分磨きを(写真:iStock)
求めるものに対する自分磨きを (写真:iStock)

 20代の時に男性から受けた恩恵は20代で卒業!

 自分自身の市場価値と、現在地を知ることをしていかないと、いくつになっても20代の時の過去の栄光を武勇伝のように語り、結婚を遠ざけてしまうのです。

 素敵な男性は、常に市場価値を高く持つことができます。

 そんな男性が結婚に望むことは、派手な生活でもなく美人な女性を連れて歩くことでもなく、心安らぐ温かい素朴な家庭です。

 過去の栄光にしがみつくのは終わりにして、今を生きる覚悟をしてみましょう。

 婚活市場における自分自身の市場価値を直視し、自分の現在地はどこなのか?そしてどのような結婚をしていきたいのか? 目指している場所をしっかりと定めましょう。

 例えば、仕事のことを含めてお互いを認め合い、支え合う夫婦になりたいと思っている場合、お相手と出会った段階で仕事のことも含めて、自らの魅力を伝えていくことが必要ですよね。

 仕事のことを伝えたら男性が引くかも……と思って隠す方もいますが、その程度で引く男性はそもそもあなたの目指す結婚相手ではありません。

 目指す場所と現在地がわかるから戦略が立つのです。過去にしがみつくと、実際の現在地を理解できず、どんな戦略も効果的ではありません。

 年齢と共に輝く自分になるためにも、求めるものに対する自分磨きを行いましょう。

ラブ 新着一覧


価値観が合う人がいない…! 本当に理想の結婚相手の探し方
 結婚相手を探しているのに、「価値観が合う人がなかなかいない」と悩んでいる人は多いですよね。実際に、結婚相談所などでも多...
恋バナ調査隊 2021-08-24 06:00 ラブ
昔の面影なし、格差に愕然…40代の同窓会恋愛あるある5選
 40代になって、かつての同級生たちから届いた同窓会のお知らせ。「初恋の相手は変わっていないかな♡」なんてドキドキしなが...
恋バナ調査隊 2021-08-24 06:00 ラブ
彼女がいるのに思わせぶりをする男性心理5つ&見抜くポイント
 男性からアプローチされるのは嬉しいものですが、相手が彼女持ちとなれば話は変わります。たとえ、自分が気になる男性だったと...
恋バナ調査隊 2021-08-23 06:00 ラブ
イケメン男性なのに彼女がいない5つの理由&落とすテクニック
 イケメン男性と出会った時、「カッコいい!」と思いつつも、「どうせ彼女がいるだろう」と諦めてしまう女性は多いでしょう。で...
恋バナ調査隊 2021-08-22 06:00 ラブ
彼女がいる人に恋をしてしまった…略奪愛の失敗例&対策法
 恋は、いつどんなことがきっかけで始まるか予測できないもの。中には、好きになった人に彼女がいた……なんて経験がある女性も...
恋バナ調査隊 2021-08-22 06:00 ラブ
これって運命かも♡付き合う予感を感じる瞬間&脈ありサイン
 告白をされたわけではないのに、「もしかしてこの人と付き合うかも?」と付き合う予感を感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-08-21 06:00 ラブ
夫婦で解決すべきことにまで…過干渉な義母に辟易とする夫
「冷酷と激情のあいだvol.52〜女性編〜」では、夫婦問題に無関心すぎる義母への不満を募らせる妻・Eさんの叫びをご紹介し...
並木まき 2021-08-21 05:43 ラブ
夫が“家事放棄宣言”でも…知らん顔の義母に不満を募らせる妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-08-21 05:45 ラブ
嫌悪感がピークに達し…不毛な結婚生活に終止符を打った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-08-20 06:00 ラブ
心惹かれちゃう♡ 恋愛上手な男性の特徴6つ&注意すること
 初デートの際、スマートなエスコートをしてくれる男性は魅力的に映るものです。しかし、それだけ恋愛経験、女性経験が多いとい...
恋バナ調査隊 2021-08-20 06:00 ラブ
「もしかして浮気?」パートナーの不貞を見抜く3つのコツ
 残念ながら、コロナ禍であっても浮気をする夫やパートナーがいます。むしろおうち時間が増えたぶん、女性の監視をすり抜けるテ...
内藤みか 2021-08-19 06:00 ラブ
コミュニケーションがうまくいかない夫婦の共通点&5つの対策
 恋人同士の時にはうまくいっていたはずなのに、結婚後に関係性が悪くなってしまうことがありますよね。これは、距離が近すぎる...
恋バナ調査隊 2021-08-19 06:00 ラブ
恋人に自分を出す?出さない?…別れたくないならすべきこと
 恋人との関係において、大好きなパートナーであればあるほど“長続きした〜い”と願うもの。別れる原因は数あれど、よくあるケ...
若林杏樹 2021-08-18 06:00 ラブ
コロナ中のおうちデート♡ 5つの楽しみ方&気を付けたいこと
 コロナウイルスまん延により、自由に外出ができなくなった今、彼との過ごし方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか? そ...
恋バナ調査隊 2021-08-18 06:00 ラブ
覚えていれば安心♡ 好きな人と盛り上がるLINEの例文5つ
 好きな人とLINEを交換しても、結局会話が盛り上がらずに音信不通になってしまった……なんてことはありませんか? 恋を成...
恋バナ調査隊 2021-08-18 06:00 ラブ
いつもと違う…同棲中の彼が出す別れのサイン5つ&対処方法
 好きな彼と同棲がはじまると、嬉しくて幸せを感じますよね。しかし、同棲はゴールではありません。中には、「最近、彼の様子が...
恋バナ調査隊 2021-08-17 06:00 ラブ