夫や彼のDVからサヨナラを! 逃げない女性が多いのはなぜ?

内藤みか 作家
更新日:2019-06-06 06:00
投稿日:2019-06-06 06:00
 配偶者や恋人からのDVに悩む人は少なくありません。内閣府がまとめた平成29年度の1年間のDVの相談件数は全国で約10.6万件。東京都だけで約1.4万人もが被害を訴えています。けれど不思議なことに、痛い思いをし続けてもなお、交際を続ける人がとても多いのです。

「私は悪くない」という正義感

DVに悩む人は少なくない(写真:iStock)
DVに悩む人は少なくない (写真:iStock)

 ドキュメンタリー映画の巨匠・フレデリック・ワイズマン監督が製作した「DV」そして続編の「DV2」という作品があります。DVの現場は多くが密室ゆえになかなか映像で捉えることが難しいのですが、ここにはフロリダ州でのDV事件の現場や、女性シェルターや、裁判所で言い争う男女の姿などが合計約6時間に渡って収められています。生々しい傷を負った女性の姿があちこちで映しだされるので、緊迫感はかなりのもの。

 DVの恐ろしいところは、被害者が加害者と同居しているという点です。首を絞められ、ナイフで刺され、命の危険すら感じるような状況なのに、彼女たちはなぜすぐに逃げ出さないのでしょう。裁判所が接近禁止令を出しても、それを守らず再び同居を始めるカップルが何組もいました。彼女らの言い分は「私は悪くないのに、どうして家を出なくちゃならないの?」なのです。

「私ばかり不公平」という怒り

「私は何も悪くないのに」(写真:iStock)
「私は何も悪くないのに」 (写真:iStock)

 とはいえ、なかにはDV男性から逃げだせた女性の姿もありました。しかし、引っ越して、仕事も変えてやっと再スタートを切れたと思った矢先に、彼に見つかってしまいました。相談員に「再び逃げるしかない」と伝えられ、彼女は泣きだします。「私は何も悪いことをしていないのに、どうして私ばかりこんな目に遭わなくちゃならないの? 不公平よ」と……。

 言い分はもっともです。暴力を振るう同居者から逃げるということは、今まで築いてきた暮らしを失うことを意味するので、かなりの抵抗を感じるのでしょう。これはいじめられた生徒の言い分と全く同じです。「私は悪いことをしていない。悪いのはいじめた生徒なのだから、私は転校しない」と頑張ってしまう子どもがいます。強い正義感がある人は「逃げずに立ち向かう」ことを選んでしまいがちですが、それは危険と隣り合わせ。命や魂を守るために、まともに扱われていない場からは、早く立ち去るべきなのです。

「彼は私がいなくちゃダメ」という思い込み

あなたがいなくなった後の生活を気にすることはない(写真:iStock)
あなたがいなくなった後の生活を気にすることはない (写真:iStock)

 加害男性から離れたくない女性たちの言い分は「彼は本当は優しい人なんです」というもの。たまたまストレスがたまって暴力を振るってしまっただけ、彼は普段はいい人だから、と言うのです。けれどDVにはサイクルがあり、男性は暴力を振るった後は大抵とても優しくなるものなのです。女性はそれを見て「これが本当の彼なのだ」と誤解してしまいがちですが、しばらくするとまた暴力を振るう時期が到来する。その繰り返しです。

 また、同居している場合、生活費を2人で出し合っていることも多いので「自分が去ったら彼は家賃が払えなくなる」などと心配する女性も少なくありません。そうなったら彼も他のところに引っ越せばいいだけなのなのに「私が料理をしないと彼はろくなもの食べないし」などと自分の必要性を主張し「彼は私がいなくちゃダメ」と、彼と暮らし続けてしまうのは、問題です。「私がいなければダメ」なのではなく、「暴力をふるっているからすでにダメ」だという現実にしっかり目を向けたほうがいいのかもしれません。

「逃げるが勝ち」彼に見切りをつける時

勇気がいるけど「逃げるが勝ち」(写真:iStock)
勇気がいるけど「逃げるが勝ち」 (写真:iStock)

 いじめられながらも「自分は悪くない」と歯を食いしばって登校し続けると、ストレスで心身の調子を崩すことがあります。それと同じで「私は殴られるようなことはしていない」と意地を張り続けると、そのストレスは溜まっていきます。そんな時は「逃げるが勝ち」という言葉を思い出し、まずは暴力のない平和な世界に移動することを最優先にするべきです。

 ネットで検索すれば、無料で電話相談できるところがいくつも見つけられるはず。DVに悩む女性のためのシェルターもあちこちにあります。まずは危険な状況から離れないと、落ち着いて物事を考えることもできません。映画では「なぜ(加害者と被害者とが)会うのを禁止したのにまだ会っているのですか」と裁判官が呆れるケースもありました。暴行をふるう男性が、本当にその女性を愛していると言えるでしょうか。自分を痛い目に遭わせるような男性になぜ固執しているのか、一度彼から離れてよく考えてみる必要があるはずです。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM