悲劇を繰り返す? バツあり元鬼嫁の“不屈すぎる”ハント精神

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-11 06:00
投稿日:2019-06-11 06:00
 “鬼嫁”のレッテルを貼られていた女性には、離婚をした直後から、次なる夫探しに余念が無い人もいるようです。周りから見れば「次の餌食になる男が、カワイソウ」としか見えない姿に「まもなく悲劇が繰り返される……」と感じる人もいるのです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな元鬼嫁の“不屈のハント精神”にまつわるエピソードを3選ご紹介します。

1:料理ができるフリをするために小道具を準備

使えもしない調理器具で見栄を張る(写真:iStock)
使えもしない調理器具で見栄を張る (写真:iStock)

「職場の先輩で、どう考えても鬼嫁としか言えない人がいて、ご主人から三行半を突きつけられる形で離婚しました。

 その人は、今年48歳なのですが料理もしないし、家事も苦手だそうです。

 でもこの前、『料理ができるフリをするために、家に食器と調理器具を飾った』って、得意げに話していました。

 男を家に呼んで、料理ができる雰囲気を出すのが狙いだそうです。

 そうやってまた、ダマされて悲劇の結婚をする被害者が出てくるのかぁ……って感心しましたね」(36歳女性/印刷)

  ◇  ◇  ◇

 料理をしないけれど、そうは見せないよう、小道具をセットして男性を騙そうとする元鬼嫁も。

 実際に手料理を振る舞う機会はつくらないよう、周到な口実で逃げ切るのでしょうか。

 それにしても、計算高いですよね。

2:嘘の離婚原因をでっち上げ

ウソの離婚理由で男性の同情をひく(写真:iStock)
ウソの離婚理由で男性の同情をひく (写真:iStock)

「飲み仲間の女性は、言っちゃ悪いけどホンモノの鬼嫁ってタイプ。

 実際、結婚していたときも夜遊びをやめずに深夜までお酒を呑み歩き、家事も料理も夫任せだったらしいです。それで案の定、離婚に至ったんですけど、どうやら再婚欲があるらしい。

 この前、飲み会で会ったら、元夫が浮気したせいで離婚したっていう聞いたこともない話をでっちあげて、男性たちの同情を買おうとしていました。

 参加者のひとりの男性はコロッとダマされている感じだったし、あの人が次なる被害者か……と思って見ていました」(40歳女性/マスコミ)

  ◇  ◇  ◇

 自分が原因で至った離婚でも、そうは言わずに、同情をもらえそうなエピソードをでっち上げる元鬼嫁も。

 真実を確認する術がないだけに、出会ったばかりの人ほど、あっさりダマされてしまいそうです。

3:ネコで釣ろうとするあざとい戦略

ネコをダシにするなんて恥ずかしくないのかにゃ(写真:iStock)
ネコをダシにするなんて恥ずかしくないのかにゃ (写真:iStock)

「最近、ネコ好きな人が増えているからでしょうか。

 私が知る元鬼嫁の50歳手前の女性は、離婚後にネコとひとり暮らしを始めて、そのネコをダシにして、年下男を釣ろうと必死です。

 ネコ好きな男ほど『ネコが好きな人に悪い人はいないよなー』とかって言っているのを聞いたこともあるし、動物好きな面をアピールして“優しい私”を印象付けようとしているのがミエミエなんです。

 男性がいる飲み会では、やたらネコを可愛がっているアピールが激しいんですけど、女性だけで飲んでいるときには『ネコの世話が面倒くさい』とか言っていて、そのギャップが激しすぎ。

 彼女にとっては、ネコも再婚のための小道具でしかないんでしょうね。

 ネコがカワイソウ!」(34歳女性/飲食)

  ◇  ◇  ◇

 動物を“小道具”のようにダシにする元鬼嫁……。正真正銘の性悪感がハンパありません。

 ちまたには、鬼嫁であることを隠し、再婚へ向けて意欲的な行動を繰り返す女性も珍しくないようです。

 コロリとダマされてしまう男性が、次なる被害者になるのは間違いなさそうですよね……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 皆さんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。今回は、婚活女性や結婚したいけど婚活に踏み切れない女性...
山本早織 2020-02-18 06:00 ラブ
FILM
 例年の恐怖であるインフルエンザだけでなく、新型コロナウィルスも脅威となっている今は、しっかりとした感染症対策が求められ...
並木まき 2020-02-26 17:14 ラブ
FILM
 あなたは過去に彼氏に浮気された経験はありますか? 一度でもそのような経験があると、恋愛に奥手になってしまうもの。トラウ...
恋バナ調査隊 2020-02-17 06:00 ラブ
FILM
「性欲が強いか弱いかは、付き合ってみないと分からない」と、そんな風に思っていませんか?実は性欲が強い男女には、共通した特...
FILM
「自分の顔のここが許せない!」――。誰しも、自分の容姿に対して一つや二つ、コンプレックスや不満を抱いている箇所は持ってい...
七海 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 スマホを開くたびに目に入る「不倫」をテーマにしたレディコミの広告。世の中の多くの人が、それらの問題に悩んでいるというこ...
ミクニシオリ 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。文春砲によって不倫が暴露された俳優の東出昌大さん(31)は、妻子が住む自宅を...
山崎世美子 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 雑談が致命的につまらない夫との会話では、ストレスを感じる妻も少なくないみたいです。それをきっかけに、夫婦のコミュニケー...
並木まき 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 身長差のバランスが取れたカップルは、まわりから見てもとてもスタイリッシュに映るため、憧れの気持ちを抱く方も多いでしょう...
恋バナ調査隊 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 ドライブデートというと、狭い車内で2人きり……。男性から誘われたら、ドキドキしますよね。しかも、相手が気になる男性なら...
恋バナ調査隊 2020-02-14 06:00 ラブ
FILM
 今年は暖冬だなあ、なんて思っていたら、あっという間にすぐそこまで春がやってきています。春といえば桜の季節、別れの季節、...
ミクニシオリ 2020-02-14 06:05 ラブ
FILM
 最近の若い男性は、筋トレに励む人がとても増えています。もちろん筋トレしてモテたいという気持ちは大きいのでしょうけれど、...
内藤みか 2020-02-21 14:24 ラブ
FILM
「出会った瞬間に一目惚れした!」そんな経験がある方は、どれくらいいるでしょうか。でも実は、一目惚れって、意図的に相手にし...
リタ・トーコ 2020-02-13 06:00 ラブ
FILM
 男女共にモテる人の共通点といえば「一途さ」。特に一途な女性は、男性陣が手に入れたいと思うポイントをたくさん持っているん...
恋バナ調査隊 2020-02-12 14:03 ラブ
FILM
「蛙の子は蛙」という言葉もありますが、鬼嫁の母親も同類で、辟易した体験をもつ夫もいるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもう...
並木まき 2020-02-12 06:00 ラブ
FILM
 SNSで思いがけずイケメンに絡まれて「え、もしかして彼、私のことが好き?」とドキドキしてしまった、という話をよく聞きま...
内藤みか 2020-02-21 15:30 ラブ