彼女とLINEで喧嘩が絶えず…問題だらけのコミュニケーション

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-15 06:00
投稿日:2019-06-15 06:00
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきのもとに届く「モテない」を自覚する男たちからの悲痛な叫び。彼らが「モテない」理由は、LINEのせいだった!?
 悩める非モテ男たちのダメすぎるLINEを、並木まきがスパルタ添削します。

Case2:彼女ができてもLINEでケンカばかりな男

(C)コクハク
(C)コクハク

「彼女ができて、嬉しくてLINEしていても、付き合って2ヶ月もすると、LINEでケンカばかりになります。

 誰と付き合っても、そんな感じで、もう泣きそうです。

 仕事が忙しくても、ちゃんと返事するようにしているし、僕からも話題を提供するように気をつけているし、僕のLINEの何がダメなのか、さっぱりわかりません……」<田中氏(仮名)38歳男性/SE)

キミのLINEはここがダメ!「返事がほしい質問を完全スルー」

そういうことを訊いてるんじゃない(写真:iStock)
そういうことを訊いてるんじゃない (写真:iStock)

 田中さん、厳しいことを言うようですが、このLINEだったら、彼女がキレても当然です。

 だって、彼女が答えてもらいたいと思って送っている質問を、完全スルーして、自分の言いたいことしか言っていないじゃないですか!

「返信している」っておっしゃるけど、これじゃあ、空気の読めない男だし、質問を送っている彼女はイライラしますって。

 え? でも、画面に“既読”が付いているんだから、内容を把握しているし、いいじゃないかって?

 いやいや、彼女は返事を確定させたい内容だからこそ、わざわざ質問をLINEで送っているんですよ。しかも、もし「把握しててくれればいい」って類の話だったら、疑問文にはなっていないわけですよね?

 そういうふうに、彼女からのLINEの内容に勝手にプライオリティーをつけて返事をするから、女性にイラつかれるのです。

「コミュニケーションできない男」のレッテルも

「NO!」を突きつけられる前に(写真:iStock)
「NO!」を突きつけられる前に (写真:iStock)

 こういうLINEばかりしている男の末路は、たいがい「女性に捨てられる」です。

 厳しいことを申し上げるようですが、LINEで満足いくコミュニケーションがとれないとなると、カップルでの意思疎通ができていないってことになるわけですよ。

 イライラが募った彼女は、関係がこなれてくるにつれ、返事がないことへの不満を口にするでしょうし、そうなればふたりの雰囲気も悪くなり、やがて不協和音が大きくなるでしょう。

 ラブラブを持続させたいのであれば、彼女からの質問はスルーするべからず。

 きちんとすべての質問を拾って、丁寧に返信する意識こそが、安全なコミュニケーションへの近道です。

LINEのお悩み募集しています!

「自分のLINEは、なんでモテないんだろう?」と悩む男性のみなさん!

「こんなLINEが届いて、ドン引きでした!」な女性のみなさん!

 そんなLINEを、添削してもらいませんか?

 teamコクハク内の「質問・相談・その他のご依頼」から、執筆者「並木まき」を選択してご連絡くださいませ。または並木まき事務所までメールでお悩みをお寄せください! 個人情報やプライバシーはお守りします。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“好きな人ほど連絡しない”のはなぜ? 男性心理4つ&対処法
 普通、付き合っている相手とは少しでも長くつながっていたいと思うもの。でも、中には「好きな人ほど連絡しない」男性もいるよ...
恋バナ調査隊 2021-09-13 06:00 ラブ
マンネリを解消できないカップルの特徴5つ&上手な乗り越え方
 どんなに仲の良いカップルでも、ある程度の交際期間が過ぎるとマンネリ化を感じるケースが多いようです。そんな危機を上手に乗...
恋バナ調査隊 2021-09-12 06:00 ラブ
さすがに凹む…クールな彼氏が送ってきた冷たいLINE5選
 クールな男性って、ミステリアスでかっこいいですよね。彼のそんなところに惹かれたという女性もいるでしょう。でも、中にはク...
恋バナ調査隊 2021-09-12 06:00 ラブ
魅力的で愛されるキャラ作り~あなたのプラスのギャップ診断
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。より魅力的で愛されるためには、見た目と内面のギャップを上手く使い分けることが...
山崎世美子 2021-09-11 06:00 ラブ
「自分にブランド品を買え」って…妻の言い分に辟易する夫
「冷酷と激情のあいだvol.55〜女性編〜」では、“推し”への浪費を繰り返す夫に苛立ちを募らせる妻・Eさんの心情をご紹介...
並木まき 2021-09-11 06:19 ラブ
ライブ配信の沼に…“推し”に課金を続ける夫を理解できない妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-11 06:13 ラブ
マリッジブルーになったらどうする? 原因&5つの対処法
 彼からプロポーズされて、とても嬉しく感じられたはずなのに、結婚準備が進むにつれて不安になってしまう人がいます。実は、こ...
恋バナ調査隊 2021-09-10 06:03 ラブ
特徴でわかるお似合いカップル診断6選♡ いくつ当てはまる?
 お似合いのカップルと、すぐに別れてしまうカップル……その違いは、お互いの“相性”にあります。相性のいいカップルに共通す...
恋バナ調査隊 2021-09-10 06:00 ラブ
70代女性の官能的恋愛小説「疼くひと」を読んでみた
 恋愛小説はこの世に山のようにあります。けれど、そのヒロインが70代女性というものは数少なく、ましてや性愛描写も含んでい...
内藤みか 2021-09-09 06:00 ラブ
脈なし男性をOKさせる上手な誘い方5選&誘う際のポイント
 好きな男性ができても、「脈なしだな……」と判断したら、その時点で多くの女性はアプローチを諦めてしまうでしょう。でも、そ...
恋バナ調査隊 2021-09-09 06:00 ラブ
恋愛対象外になりたくない!かまってちゃん女子を卒業する方法
 自分では気づきにくいけど、男性から冷ややかな目で見られているのが、「かまってちゃん女子」。学生時代に周りからチヤホヤさ...
若林杏樹 2021-09-08 06:09 ラブ
別れてから何年経っても好き…4つの理由&引きずらない対処法
「別れてから何年も経つのに、ずっと好きで忘れられない相手がいる……」と悩んでいる人って、意外と多いようです。「相手が結婚...
恋バナ調査隊 2021-09-08 06:00 ラブ
男性が考える“理想の彼女”の条件7選♡ 外見&内面の特徴
 大好きな彼から「いつまでも長く愛される女性でいたい」と思うのは、女性なら当然のこと。その願望を叶えるためには、男性がど...
恋バナ調査隊 2021-09-07 06:00 ラブ
久しぶりの恋に戸惑う40代へ♡ デートのコツ&付き合う方法
 20代、30代の頃に比べると、40代になってからの恋愛は、経験があるからこそ、ついつい考えすぎてしまうもの。特に、久し...
恋バナ調査隊 2021-09-07 06:00 ラブ
男性が浮気をするのには理由がある! 浮気を防ぐ4つの予防策
 彼氏ができるのは嬉しいことですが、同時に避けて通れないのが浮気の心配……。でも、男性が浮気をしてしまう理由がわかれば、...
恋バナ調査隊 2021-09-06 06:00 ラブ
“恋と愛の違い”ってなに? 4つの名言&見極める方法♡
 恋と愛の違いについて考えたことはありますか? 一般的には、「恋が先にあって、それが愛に変わる」という認識ですよね。では...
恋バナ調査隊 2021-09-06 06:00 ラブ