LINEで分かる年上男性の「脈あり」サイン&上手な返信方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-06-14 12:41
投稿日:2019-06-14 06:00
 気になる年上男性からのLINE!嬉しさのあまり舞い上がる気持ちは分かりますが、実は、LINEの文面には脈ありサインが隠れていることもあるので要チェック事項なんです。そこで、年上男性の脈ありサイン&上手な返信方法についてお伝えしていきます。

年上男性から来るLINEの脈ありサインをチェック!

 いつも余裕そうで大人な年上男性は、紳士的かつ、時々大胆。ついつい気になってしまうような意味深なLINEを、さらりと送ってきたりもします。

 まずは、勘違いすることなく冷静に、脈ありサインの有無を確かめていきましょう。

必ずなんらかの返信がある

 一般的には、既読になってから返信までの時間が長いと「脈なし」なんて言われていますよね。でも、どんなに遅くなったとしても、必ずなんらかの返信をしてくれるのが年上男性の脈ありサインの1つ。

「余裕がある時に返信をしたい」と考える男性も多いため、「既読スルーされている……」なんて、無駄にがっかりしなくて良いと思います。

 ただし、既読から時間が経っているのに、スタンプのみ or 短い返信だけという場合には、単に律儀な「大人対応」であることも。冷静に見極めましょう。

少し長めの文章が送られてくる

 少し長めの文章が送られてくる、これも脈ありサインでしょう。その中であなたに返信を促すような疑問形の文章が入っていたなら、このままやり取りを続けたいと思っているとも取れますね。

 興味がないものにわざわざ時間を割かない、これも、年上男性の特徴だと思います。

時々ふざける

 年上男性がLINEだからこそできること、それが「ふざける」ことでしょう。普段はあまり冗談を言わないタイプなのに砕けた文章を送ってくれたり、ユニークなスタンプを返してくれたり。

 年の差を感じさせないように若者ぶってがんばっている可能性もありますが、やり取りを楽しんでいることには間違いありません。

 ただ、LINEでの会話を終わらせる「終了サイン」として、スタンプを送っている場合もあります。そこは雰囲気を察して適切なスタンプをペタッと。サクッと終了がベスト対応だと思います。

社交辞令からのお誘いLINE

 ガツガツしている様子を見せたくない年上男性は、「この間、飲みに行こうと言ったから……」など、社交辞令という既成事実を上手に利用したお誘いLINEをしてくることがあります。これは明らかな脈ありサイン。

 LINEで細かな駆け引きをしなくても、1度会えば勝手に始まってしまうのが恋愛というもの。気になるのであれば、しっかりお誘いに乗ってしまいましょう。そこからはLINEのやり取りではなく男女のやり取りが始まるので、また別の話。(ぜひ、コクハクの恋愛記事をどうぞ。)

年上男性に好感を持ってもらえるLINEの返信方法

 年上男性からの脈ありサインを受け取った時こそ、あなたの手腕が試される時!といっても、LINEによって「好き」が左右されることはそうそうないので、あくまでも好感度を保つことを目標にして、あまり気張らずいきましょう。

礼儀は忘れずに

 普段から「敬語で接されるのが苦手」なんて言う年上男性もいるため一概には言えませんが、やはりきちんと礼儀を見せる姿勢は崩さない方が良いでしょう。

 砕けすぎた文章で返したり、茶化し過ぎたり、間違った日本語を使っていたりすると「常識がないのかな?」と思われてしまう可能性もあります。

 とはいえ、冗談LINEに対して固すぎる文章で送るのも、あまりおすすめできません。その塩梅は2人だけにしか分からないため、普段のやり取りでどんな人なのかを感じていくことが重要です。

駆け引きは禁物

「既読スルー」や「未読スルー」などの言葉がありますが、駆け引きの一環としてLINEを利用するのは、もはや当たり前。

 でも、年上男性は基本的にLINEへの熱量が低め。既読だの、未読だの、そんなことを気にも留めていない可能性だってあります。

 だから、無駄な駆け引きはやめましょう。来たLINEに対してすぐにワクワクと返信しても、問題はないと思います。それを「可愛い」ではなく、「重い」なんて捉えるような心の狭い年上男性なんて、好きになっても苦労するだけなんですから。

返信する時は必ず読み返してから!LINE恋愛を楽しんで♪

 今や、恋愛をする上で欠かせないツールとも言える「LINE」。

 つい、口から出てしまう言葉とは違い、文章は考えて送るだけあって、文面や返信までの間、スタンプや絵文字の使い方で、その人の特性が見えてくるから不思議ですよね。

 でも、だからこそ、返信をする前には必ず読み返してから送りましょう。好きが募りすぎている時、不安な時などには、言葉の端々にその雰囲気が入り込んでしまいますから。

 なんにせよ、好きな人とのせっかくのやり取りです。想いが相手にまっすぐ届くように試行錯誤してみるのも、LINEを利用した現代の恋愛の醍醐味なのかな、なんて思ったり。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫に浮気バレ後の離婚回避術は? 初期の言動3つにすべてがかかっている
 夫に浮気がバレた時、離婚を避けたいなら「あなたのその後の言動」にすべての運命がかかっています。もし間違えた態度で接すれ...
地方都市の“女風”でイケメン率爆騰中 夢破れたヤル気ないオトコの巣窟に?
「イケメンって、年をとってイケメンじゃなくなったらどうするの?」という疑問を持つ女性はとても多いです。  そのルックス...
内藤みか 2024-07-04 06:00 ラブ
オタク男子は優良物件という新潮流!婚活女性に知って欲しい7つの理由
「オタク男子」と聞くと、あまりよくないイメージを持つかもしれません。しかし、婚活女子には超おすすめ! 最近では“優良物件...
恋バナ調査隊 2024-07-03 06:00 ラブ
【調香師監修】暑い夏。あなたの気分とフェロモンを上げるアロマオイルは
 夏は思いっきり汗をかいてフェロモンを放出する最高のシーズン! 暑さに負けず夏を満喫するために、天然植物の恵みのアロマで...
太田奈月 2024-07-02 06:00 ラブ
レス妻が共感! 公認不倫を採用する「1122」はセックスレス夫婦を救う?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  Amaz...
豆木メイ 2024-07-02 06:00 ラブ
既婚男性が不倫相手に冷めた残酷な瞬間6選 道ならぬ恋はやっぱりもろい?
「いつか彼と一緒になれるはず」と夢見て、既婚男性と不倫している女性もいるでしょう。でも相手があなたに冷めてしまったら、そ...
恋バナ調査隊 2024-07-03 15:22 ラブ
「うちに泊まる?」オタ友以上恋人未満の彼にそう言わせた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った男性に恋し...
mirae.(みれ) 2024-07-01 06:00 ラブ
付き合う付き合わないの二択だけ?マチアプの即決文化に馴染めない50男
「冷酷と激情のあいだvol.202〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った男性と進展しない関係に悩む46歳の絵里さ...
並木まき 2024-07-03 14:06 ラブ
50まで恋愛したい46歳女。「私は暇つぶし要員?」マチアプ男に恋煩い中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-03 13:58 ラブ
脳筋知ってる?筋肉LOVE彼氏をおバカで可愛いと思えるか判定LINE3選
「脳筋」とは、「脳みそまで筋肉」の略語。ポジティブな言葉として使われる時もあるけれど、とにかく頭を使うより体を使うのが得...
恋バナ調査隊 2024-06-29 06:00 ラブ
“リアル峰不二子”と運命の出会い。俺どうする?局部のコンプレックス #1
 恋愛をするにあたり、避けて通れないのが「ベッドでの秘め事」だ。愛する人と肌を合わせ、温もりを感じ、ひとつになる幸せは何...
蒼井凜花 2024-07-05 12:34 ラブ
夫や彼氏からの「ドン引き誕プレ」5選 女ゴコロが1ミリも分かってないな
 夫や彼氏からの誕プレには期待しちゃいますよね。自分のことをよくわかっている相手ですし、誰よりも「喜ばせたい」と思ってく...
恋バナ調査隊 2024-06-28 06:00 ラブ
「私、CAの試験に受かっていたの」お見合い現場で遭遇する"怪しい経歴”
 アラフォー世代の婚活で見栄を張って“怪しい経歴”を語る方がいます。これまで何件か聞いたのが、航空会社のCA(客室乗務員...
植草美幸 2024-06-28 06:00 ラブ
やる気マンマン? 起業したい系男子が増殖中…本気か、金目当てか?
 年上の女性を狙う「起業したいんです」系男子が増殖しています。そのなかには起業を口実に女性からお金を引っ張ろうとするウソ...
内藤みか 2024-06-27 06:00 ラブ
田舎に住んでるとマッチングアプリは役立たず!? 婚活女性が涙した悲劇4選
 マッチングアプリが普及してからは出会いの幅が一気に広がりましたよね。ですが、田舎ではあまり役に立たないようです。いった...
恋バナ調査隊 2024-06-27 06:00 ラブ
1年365日少年すぎる夫の操縦法 うちの旦那はピュアなの? おバカなの?
 結婚すると、女性はより現実的な思考になる人が多いのに比べて、男性はいつまでも夢を追いかけがち。時には、少年すぎる考えの...
恋バナ調査隊 2024-06-24 06:00 ラブ