鬼嫁で構いません! イジワル姑へのジワジワ効く復讐劇3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-22 06:00
投稿日:2019-06-22 06:00
 イジワルな姑にいつもいびられていると「いつか復讐したい……」と、心に決める女性も多いようです。しかし面と向かって仕返しをすると目立つので、こっそり・ひっそりと、誰にもわからないよう復讐するお嫁さんも……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんなお嫁さんたちの復讐劇を3選ご紹介します。

1:塩だらけのおかゆ

お嫁さんたちの密かな復讐とは(写真:iStock)
お嫁さんたちの密かな復讐とは (写真:iStock)

「姑と、二世帯住宅で同居を始めたんですけど、私のことを嫌いだと宣言し、とにかく朝から晩まで、これでもかってくらいに嫌がらせをされてきました。でも今は、そんな姑も高齢になって、だんだんと食欲も落ちてきています。ところが、口だけは相変わらず達者。私に毎日おかゆをリクエストしてくるのですが、その味付けが“薄い”と文句を言うので、それならばと、塩をドバドバに入れて食べさせています。

 舌が麻痺しているのか、辛い味付けが好きなのか、かなり塩を入れても平気で食べていますね。塩分過多なのは承知ですが、これまで私を散々いびってきた女の健康管理なんて、私の知ったことではありませんから」(42歳女性)

 毎日、塩分たっぷりの食事を平然と差し出す復讐劇とは……。想像しただけで背筋が凍りますが、姑の希望を叶えてあげているという大義もあるのでしょう。

2:虫を部屋にリリース

虫を姑の部屋にリリース(写真:iStock)
虫を姑の部屋にリリース (写真:iStock)

「舅の他界を機に、姑と同居を始めたのですが、とにかくキツイ姑で参っています。外出も許可制、服装や髪型にも口出しをしてきて、私のメンタルがおかしくなりそうです。夫はマザコンで頼りにならず、姑の言いなりで、もうウンザリ。

 そんなある日、庭で毛虫を見つけたので、なんとなく部屋に持ち帰って、姑の椅子に置いてみたんです。そうしたら、その様子を見て姑が大騒ぎ! 虫が苦手なようで、虫がいる間は、私へのイジメをストップさせ、虫と格闘してくれることがわかりました。これに味をしめた私は、それ以来、庭で虫を探しては、姑の部屋にそっと放っています」(39歳女性)

 庭の虫を部屋に放つのは、褒められた行為ではないものの、イジメから身を守るための術になってしまったようです。いろんな虫が部屋に増えていくと考えると、ジワジワと不気味です……。

3:孫に“おばあちゃま、嫌い”と言わせました

子供を巻き込むのは気が引けるけど…(写真:iStock)
子供を巻き込むのは気が引けるけど… (写真:iStock)

「孫の前ではよき祖母を演じるくせに、私の顔を見れば文句しか言わない姑に、ほとほと愛想が尽きてました。二世帯住宅を建てて一緒に住んでいるので、姑は朝から晩まで、うちのスペースに来て入り浸っているのです。どうにかして距離を置きたいと思った私は、悪いと思いつつも、子供に協力してもらうことに。

 それまでは、子供の前ではメソメソせずに明るい顔を見せるよう努めていたのですが、あえて子供の前で涙を流し、『ママ、どうしたの?』と心配させるよう仕向けました。『実は、おばあちゃまに、イジメられている』、『おばあちゃまが、ママにひどいことをするの』と子供に打ち明けてみると、その日から子供の姑への態度が一変。うちのスペースに来た途端に『シッシッ』と追い返そうとするうえに、面と向かって『おばあちゃま、大嫌い』と言うようになりました。子供には申し訳ないし、姑は慌てふためいていますが、ザマアミロです」(42歳女性)

 子供を巻き込むのはいけないとわかりつつも、どうしようもなくなり、禁断の復讐劇に出た妻も。孫がかわいくて仕方のない姑にしてみれば、これほどのダメージはないかもしれません。

  ◇  ◇  ◇

 イジワルな姑に「やられっぱなし」だったお嫁さんでも、あるときに復讐劇に出ることもあるみたいです。肯定できる行為ばかりではありませんが、それほどまでにお嫁さんを追い詰める姑も、どうなのでしょうか……。

ラブ 新着一覧


FILM
 最近、話題のハラスメント系の一つに「モラハラ」が上がります。この「モラルハラスメント」は、精神的なDVの一つです。暴力...
東城ゆず 2019-11-18 06:00 ラブ
FILM
 遺産を相続するには、乗り越えなくてはならない3つの山があると言われています。それは「書類の山」「分割協議の山」「相続税...
神田つばき 2019-11-17 12:04 ラブ
FILM
 みなさんは、“秋のデート”と言われると、何を思い浮かべるでしょうか。“恋の季節”とも言われる夏はプールに海水浴、バーベ...
東城ゆず 2019-11-17 10:22 ラブ
FILM
 あなたは「遊び人」を好きになったことがありますか? 彼らは女性の扱いに長けていて“大人”としての遊び方を知っているため...
リタ・トーコ 2019-11-16 13:20 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。血液型にみる男性の特徴と攻略法シリーズの最後は、日本人に一番多い血液型のA型男さん。血...
山崎世美子 2019-11-16 06:00 ラブ
FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 15:36 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 17:50 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ
FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-14 04:50 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 筆者は現在25歳で結婚を二度経験していますが、正直「結婚ってめんどくさい」と思うことはありました。でも、幼い頃から「結...
東城ゆず 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 男心を掴むには胃袋を掴むのがいい、と言われるこの頃ですが、手料理を食べさせるほど親しいわけじゃない。そんなときは、彼が...
内藤みか 2019-11-11 06:20 ラブ
FILM
 彼氏のことが大好きであればあるほど、彼氏に近寄ってくる女性に嫉妬してしまうことってあると思います。たとえ相手の女性にそ...
東城ゆず 2019-11-11 06:00 ラブ
FILM
 恋愛体質の女性は、いつも彼氏が途切れずにウキウキとしているようで、恋愛難民の方から見ると羨ましい存在かもしれません。で...
リタ・トーコ 2019-11-10 06:00 ラブ