ダメなら諦める? 返信を待ち続ける女が取るべき最終手段3つ

内藤みか 作家
更新日:2019-06-27 06:09
投稿日:2019-06-27 06:01
 LINEに既読がついているのに、待てど暮らせど彼からの返事が来ない。そんな時、いつまでも待ち続けてしまう女性がいます。1年以上もじっと待っている人もいるくらい、女性は「待つ」という行為で愛情表現してしまうもの。あきらめる前に、最後に取るべき手段は、あるのでしょうか?

彼にあなたを待たせている自覚はある?

LINEが来ない…もしかして怒ってる?(写真:iStock)
LINEが来ない…もしかして怒ってる? (写真:iStock)

 彼から返信が来ない女性がまず最初にやるべきことは「私はなぜ彼を待っているんだっけ?」と振り返ってみることです。多くの待ちわび女性たちは、彼から「待っていて」と言われたわけでもないのに待ち続けているからです。「12月になったら連絡する」などと期日指定をされたわけでもありません。つまり「返信がないので返信を待っている」だけであることがほとんどなのです。

 彼はなぜその女性に返信をしないのでしょう? 多くの女性は「私がなにか気にさわるようなことを言って、気を悪くしたから」だと考えるのですが、そうではないケースがほとんどです。最後のLINEのやり取りを見直してみましょう。当たり障りのない会話であることが多く、男性側が「返事をしなくても大丈夫」と考えた可能性があるのです。つまり、彼は女性側がそんなにも返信を待ちわびているとは夢にも思っていないかもしれないのです。

とりあえず普通のLINEを送ってみる

意地を張っても仕方がない(写真:iStock)
意地を張っても仕方がない (写真:iStock)

 では女性たちはなぜ、彼からのLINEを待ち続けているのでしょうか。その理由はもちろん「彼のことが好きだから」です。そして「会話を終えたわけではなく、途中で途切れているから」なのです。

 だったらなぜ待つだけでなく自分から再び話しかけないの?と聞くと「彼が会話を終えたのだから、彼から切り出すべき」と、女のプライドが顔を出します。彼も同じように、会話が途切れたことを気にしていると考えていたいのです。

 しかし残念ながら、彼がLINEの続きをそこまで引きずっていることを覚えていないケースがほとんど。しかし女性側は「彼も私のことを好きだったらLINEを放置したりしないはず」と考え、ひたすら待ちます。意地を張っても進展しないのであれば、ここは自分から声を掛けるべき。

共通の知り合いの近況を送ってみる

共通の友人の話題に反応するかも(写真:iStock)
共通の友人の話題に反応するかも (写真:iStock)

「あの日のあの話の続きどうなった?」というものでもいいとは思いますが、引っ掛かりがあり返事ができなかったのだとすると、今回もまたスルーされる可能性があるのでできれば避けたいところ。「最近なにしてる?」というような軽い問いかけのほうが、彼も返事がしやすいのではないでしょうか。

 もしくは、共通の知人がいるのだとしたら「今度○○ちゃん引っ越すんだって」などと、その知人の動向をLINEで送るのもいいでしょう。そうすればかなりの確率で「え? 本当?」などと反応が返ってくるはずです。

誕生日何が欲しい?と送ってみる

気軽にLINEで話しかけてみては(写真:iStock)
気軽にLINEで話しかけてみては (写真:iStock)

 また、確実に返事が来る確率の高い問いかけとしては「誕生日何が欲しい?」というものもあります(クリスマスが近いのならクリスマスでもいいでしょう)。「プレゼントだなんて。気を使わなくていいよ」だったり「何かくれるの?」といううれしそうな反応だったり、アクションを向こうが起こしてくる可能性がとても高い質問なのです。モノで釣っているようで悔しいかもしれませんが、返信が欲しい場合はこんな裏の手を使う方法もあるのです。

 知り合いとのLINEを中途半端に終えたことなどない、という人はまずいないはず。そういう時はとくに悪意があるわけではなく、たまたま忙しくて返信しそびれたなど、ささいなことで止まっているはず。そういう場合、用があったらまたやりとりが発生するものです。意中の彼が返信をくれないのも、それと同じような感じかもしれません。止まったままでは、やりとりはいつまでたっても動き出しません。あまり重く考えすぎず、何気ない用事を作り、彼に話しかけてみましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 もたもたしてる間に、幼なじみは結婚して子育てするなど教科書のような人生を歩み始めた――。アラサーに突入して焦燥感が高ま...
高輪らいあん 2019-10-11 06:00 ラブ
FILM
 このところずっと彼氏がいません、深志です。正直、みんな、どんな相手と付き合いたいと思っているのか本音が知りたいです! ...
深志美由紀 2019-10-11 06:00 ラブ
FILM
 もたもたしてる間に、幼なじみは結婚して子育てするなど教科書のような人生を歩み始めた――。アラサーに突入して焦燥感が高ま...
高輪らいあん 2019-10-10 21:54 ラブ
FILM
 彼氏に予期せぬタイミングで別れを告げられたら、きっと多くの女性は混乱しちゃいますよね。特に、結婚を意識していたタイミン...
東城ゆず 2019-10-10 06:00 ラブ
FILM
「鬼嫁」として生きている妻でも、何かの拍子に、自ら“鬼嫁の仮面”を外す場合もあるようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう...
並木まき 2019-10-09 06:10 ラブ
FILM
 大好きな彼に浮気をされてしまったら、あなたはどうしますか?「絶対許さない!」と思っていても、いざとなれば「好きだから許...
リタ・トーコ 2019-10-09 06:01 ラブ
FILM
「恋愛と結婚は別モノ」とはよく言われることですが、その理由は種々様々にあるようです。今回は、相性ピッタリでお似合いカップ...
田中絵音 2019-10-08 06:00 ラブ
FILM
 女性が嫌う女は、学校のクラスに一人は存在するでしょう。そんな彼女を読み解いていくと「生理的に受け付けない」には理由がち...
東城ゆず 2019-10-08 06:01 ラブ
FILM
 モラハラ男との離婚は、協議が調わずに、調停にもつれこむパターンも少なくありません。さらには、調停の場で驚きのアンフェア...
並木まき 2019-10-07 07:03 ラブ
FILM
「出会いの場に行っても、声をかけられない」「でも、自分から声をかけるのは恥ずかしいし、他の女性の目も気になる」「自分磨き...
伊藤早紀 2019-10-07 06:00 ラブ
FILM
 夫のモラハラ行為に耐えかねての心療内科通いが、なぜか「奥さんの発作で旦那さんが苦労している」という事実無根の噂に変わり...
神田つばき 2019-10-06 06:31 ラブ
FILM
 オトナの街、丸の内。秋といえば映画デート、オトナの映画デートといえば、丸の内ピカデリーです。そんな丸の内ピカデリーに1...
ミクニシオリ 2019-10-05 07:41 ラブ
FILM
 児童虐待事件が後を絶ちません。東京・目黒で虐待死した船戸結愛ちゃん(当時5)が生前、「もうおねがいゆるして、おねがいし...
山崎世美子 2019-11-14 19:24 ラブ
FILM
 世間的に30代といえば、キャリアもそこそこあり、恋愛も一通り経験を済ませ、それなりに遊んだ世代と解釈されます。また、多...
東城ゆず 2019-10-05 06:31 ラブ
FILM
 モラハラ男と晴れて離婚が成立し「これで、自由で快適な生活が取り戻せた!」と喜んだのもつかの間、モラハラ元夫の卑怯な保身...
並木まき 2019-10-04 06:00 ラブ
FILM
 学生時代は義務的に送っていた「誕生日メッセージ」も、社会人になると理由なく送りづらくなりますよね。しかし、例えば ...
ミクニシオリ 2019-10-04 06:00 ラブ