バツイチ女性が今モテる! 彼女たちに学ぶ“恋愛の極意”とは

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-16 06:00
投稿日:2019-07-16 06:00
 バツイチ女性は、スピード婚の人が多いです。バツイチ女性が再婚を切り出すと、「一度は失敗してるんだから、ちょっとは慎重になりなよ」と、女友達なら忠告したくもなるでしょう。
 バツイチ女性が結婚を望んでいるのではなく、むしろ男性が熱烈に求婚している場合がほとんど。女性からすると、そこまで男性に結婚相手として求められるのを羨ましくも感じますよね。そこで、バツイチ女性がなぜモテるのかについて追究してみたいと思います。

バツイチ女性がモテる理由とは

 バツイチ女性がモテる理由について、その特徴をまとめてみました。

しっかりしている

 バツイチ女性は、一度結婚をしてダメだった自分を少なからず恥じています。その結果、男の人との交際は、かなり慎重になっているのです。しかし、バツイチ女性は、ガードの堅さはあるものの、決して頭ごなしに男性を否定するわけでもありません。男性の特性をちゃんと理解しているのです。

 この絶妙なアメとムチが、男性からすると「信頼できる女性」に昇格するようですね。しっかりしている反面、男性のことを甘やかすこともできるのがバツイチ女性です。

守りたくなる

 バツイチの女性は、子連れである人も多いです。一人で子供を養うために頑張っている姿は、多くの男性が「たくましい女性」と感銘を受けるようです。これまで身近にいた女性とは違う、なんでもやってしまう女性に尊敬の心を抱くんだとか。時たま見せる「疲れちゃった」という本音さえも、ギャップとして心をうたれるようです。

家事が一通りこなせる

 好きで結婚相手にした女性が「全く家事をしない女だった」という事案をよく聞きます。女性が家事をすべきというわけではないですが、全てを男性に頼るのも考えものです。バツイチの女性は、同じ年齢であっても家事や行政の手続きについて詳しいので、頼りになります。

 状況を読み取って先読みしてくれるバツイチ女性の隣は、居心地がいいようです。彼女の中で生活スタイルが確立しているので、浪費ぐせなどの心配が必要ないというメリットがあるよう。

思いやりが半端じゃない

 バツイチの女性は、傷ついた経験がある人も多いです。特に若くして離婚してしまった女性は、自分に自信がない人も。そんなことから、相手の気持ちを読み取るのが上手い人が多いです。離婚の協議などもしているはずなので、話し合う姿勢が上手。すぐに感情的にならずに、きちんと理論的に考えることができる知的な一面もあります。

 きちんと意見を述べつつ、男性のことを考えてくれる姿に「どこまでもついていきます!」という草食系な男性がゾッコンになることも少なくないのです。

男性の意見も取り入れるのが上手い

 自分の中で勝手に決めずに、男性の意見を取り入れるのがバツイチ女性は上手です。男性のことを口で言い負かせても、無意味な結論しか出ないことを彼女は知っているのでしょう。

 うまく男性の意見を取り入れつつ、自分の意見も曲げることのない話し合いに、男性は「そうそう、これが言いたかったんだよ」という落ち着き具合。さらに女性にありがちな、夫(彼氏)に求めすぎ問題が最初から無い。「男として過度な期待をされなくていい」という意見もありました。

結婚を急かされない

 男性からすると結婚を考えられないタイミングもあります。煮え切らない態度につい、イライラしてしまう女性が多いですよね。

 しかし、バツイチの女性は一度結婚を経験しているからこそ、結婚についての焦りがありません。あまりの気楽さに男性が「僕と結婚すること考えてくれてる?」と焦ることも少なくないようです。多くのことを経験しているバツイチ女性だからこそ、動揺することや不安になることが少ないのです。

経験が豊富なのでいい

 男性と一緒に住んだことがあることで、ヤキモチを妬いてしまう男性もいます。しかし、それ以上にバツイチ女性の「説明しなくても男を理解している感じ」は心地がいいと話す男性も。経験が豊富なので、会話をしていても飽きないようです。

 またバツイチの女性は、家庭の大変さも仕事の大変さも理解しているので、察する能力に長けています。女性ならではのメンドくさい言い分をいうことなく「そういう感じなら、こっちも勝手にやるね」という自立心に男性はプレッシャーを感じなくて済むようです。

バツイチ女性の需要は高い

 バツイチの女性であっても、男性からはモテるのです。これは女性の大きな自信になりますよね。よく男性は“遊びの女性はルックスで決める”と言われていますが結婚となれば、さすがに女性の内面を見つめたくなるようです。バツイチ女性に習う“女性らしさ”こそ、人間力が試される時でもあります。

東城ゆず
記事一覧
ライター・エディター
1994年生まれ。11歳の頃からブログを運営。ライターやエディターとして、女性誌メディアや地元新聞のコラム枠まで幅広く活躍中。恋愛やママ友問題、介護士であった経験からリアルな介護問題まで幅広い知見がある。年子兄弟を連れ離婚の経験があり、現在は再婚に至る。

ラブ 新着一覧


「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ
セルフプレジャーは私を解放してくれた。性欲は恥ずかしいものではない
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-06-03 06:00 ラブ
お金に寛容な年上彼女、急募! 遊びの延長の同棲を後悔するバツ1男
「冷酷と激情のあいだvol.197〜女性編〜」では、同棲を始めた途端にセコい金銭感覚をあらわにした8歳年下の恋人・ユウタ...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
私のアカウントで買い物し、支払いはスルー。セコさ増す彼に悩む49歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
「年収500万の星野源似=普通の男」問題も再燃…でも最近は「普通の男=吉沢亮」の深層
 歌手の星野源(43)に対する“臆測”投稿が世間の注目を集めた件。インフルエンサーに拡散されたアナウンサーとの不倫疑惑は...
思い込み? 年下独身男性が既婚女性を「好き避け」するサインが知りたい
「職場の年下の独身男性が、なんだか素っ気ない…」と悩んでいる女性、必見! それはもしかして好き避けかもしれません。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-31 06:00 ラブ
同じ空気ムリ、離婚する? 本音で話せない夫婦が抱えるリアルな悩み5選
 あなたはパートナーと本音で話せているでしょうか? 本音で話さずにいると、異性問題が勃発するケースもあるようです。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-31 06:00 ラブ
地雷踏んでませんか? 年下男子が“即ブロ”認定する年上女性のLINEとは
「どうして? 彼からブロックされちゃった…」と、茫然とする年上女性が増えています。  うまくいってると思っていたのに、...
内藤みか 2024-05-30 06:00 ラブ
夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ
妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か
 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人...
恋バナ調査隊 2024-05-27 06:00 ラブ
マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ