七夕の日に飾りたい…疲れた心は“地上の天の川”に癒されて

斑目茂美 開運花師
更新日:2019-07-06 06:00
投稿日:2019-07-06 06:00
“地上の天の川”カスミ草(写真:斑目茂美)
“地上の天の川”カスミ草 (写真:斑目茂美)

 地方によってどうやら8月もあるようですが……7月は七夕の月でござんす。

 五節句で言うところの七夕は正式には「シチセキ」と呼び、笹のお節句でございます。ワタクシもいたいけな少女だった頃、「笹の葉サーラサラ」などと歌いながら、1億年かかっても叶うはずもない願い事をモッサリ短冊に書いて、笹の葉につけていたものでございます。

 ワタクシの住む神奈川でも七夕祭りで有名な場所もございますが、この辺りぐらいから夏の楽しいイベントが目白押しで、子供ながらにワクワクしていたのを思い出すのでございます。

 意外と知られていないのが、七夕に飾る植物の存在。テッパンの笹はもちろんですが、実は色々と言われのあるお花がございます。

 その中でも「へぇ~」と思うようなお花がございますのよ。そのお花の正体……知りたいですよねぇ。

 ということで、今回は地上の天の川「カスミ草」についての解説でございます。

カスミ草の花言葉はまるで女子のあるべき理想の姿

ふんわりと優しい雰囲気(写真:斑目茂美)
ふんわりと優しい雰囲気 (写真:斑目茂美)

 可愛らしい小さなお花のカスミ草は、まるで天の川を連想させることから7月7日の七夕が「カスミ草の日」となっているようでございます。

 見た目も儚げなカスミ草の花言葉は「無垢の愛」「清らかな心」など、まるで女子のあるべき理想の姿のようなお花でござんすよ。

 カスミ草といえば……色気付いた若かりし頃のワタクシも何を血迷ったか、当時お付き合いしていた殿方に「ワタクシはお花に例えるとなぁに?」などと爆発的にアホな質問をしたことがございます。

 てっきり「カスミ草のようだよ~」と言われるかと思いきや、白は白でも「ドクダミの白い花」などという、思ってもみなかった返答が返ってきたので、力いっぱい暴れるという、おバカな思い出がございます。

 ふんわりと優しい雰囲気のカスミ草はどんなお花とも相性が良く、また相手のお花をさらに引き立て、ピンでもイケるお花でございますが、お花屋さんにご来店なさる殿方の多くは、意外にもカスミ草が大好き。彼女用のプレゼントの花束には「カスミ草だけの花束で」とご注文される方が驚くほど多いのです。

 つまり、その多くの殿方がお相手の女性に求めるあるべき姿、それこそが「カスミ草のように優しくふんわりと包み込んでくれる女性」なのではあるまいか? などと、ワタクシ、勝手に思っておるところでございます。

カスミ草は心の健康運に効果大!

 実は風水的にいうと、カスミ草は健康運をアップさせるといわれております。

 とりわけ、心の健康には効力を発揮するようで、イライラや怒りなど心が乱気流のように乱れてしまいそうな時は、たくさんのカスミ草を眺めると穏やかになる……という効果があるのでございます。

 確かに、ワタクシも忙しくて心がザワザワし始めると、恐るべき動物的防衛本能でたくさんの白いカスミ草が入ったバケツを無意識に目で探す時がございます。

 時にはカスミ草のツボミがプチンと弾けて咲く瞬間を目の当たりにしたりして、そんな時は気分もすっかり癒えてまた頑張ろう!って気になるってもんでございますのよ。

開運花師・斑目のご提案するアレンジがこちら

カスミ草の上にブルースターを浮かせて(写真:斑目茂美)
カスミ草の上にブルースターを浮かせて (写真:斑目茂美)

 何事も頑張りすぎてココロが辛く悲しくなってしまったあなた。そんな時は夜空を見上げて星に癒されるも良し。そしてお家の中にもお花で星空を演出してみてはいかがでござんす?
 
 天の川を連想させるカスミ草の中に施した、瞬く蒼い光のようなお花「ブルースター」。嫌なものからのリセットの白と、冷静を導く青い色が、きっとあなたのココロを優しくふんわりとカスミ草のように癒してくれるはず。

 今回、ワタクシが使用した器は横長のオリーブ皿。

 お水を張ったお皿に細かくカットしたカスミ草を並べたことでクッションになり、ブルースターをふわふわと浮かせて置いただけでございます。

 カスミ草だけでも、もちろんOK。細長い器の上に流れるように置かれたカスミ草が、まるで天の川を連想させるってもんでござんす。

 まずは実践! お花に触っているうちに、癒されて癒されて……。いつの間にか、ザワザワと悲しい気持ちも、きっとお空に飛んでっちゃいますわ。

七夕でなくても“地上の天の川”を

 お部屋に生きた「正気」を放つお花を置くだけで、実はその部分がパワースポットに変身してしまうのでございます。そして、毎日のお水替えとお掃除は開運の基本中の基本。

 七夕でなくても、お部屋に流れる“地上の天の川”カスミ草が、泣きそうなあなたのココロを癒してくれることを……。

 遠いお空の向こうで「フレー、フレー!」と旗をブンブン振りながら、ワタクシお祈りしてますよ~。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 にゃんたま崇拝のみなさま、お待たせしました。  きょうは、圧巻の大きさを誇るにゃんたまω様です。  御覧く...
FILM
 カエルは縁起がいいと言われることがあります。私の場合、祖父の代からカエルの置物を集めているのですが、祖父も「無事かえる...
FILM
 女友達という存在は、とても大きなもの。思い切り愚痴ってストレスを発散することもできれば、辛い時に支えてくれることもある...
FILM
「適度な運動をした方が良い」と聞くと、軽いジョギングや柔軟体操などをイメージする方も多いでしょう。でも、実際のところ“適...
FILM
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進...
FILM
 暇なのに~……やる気が出にゃい~。  やらなくちゃいけないこと3つもあるのに、全然手つかず~!  順序を決...
FILM
 突然やってきたコロナ自粛。緊急事態宣言を境に、生活が一転したご家庭は多いでしょう。ウイルスと戦うという根本的な問題はあ...
FILM
 今年もやってまいりました母の日月間!  5月になりました~。  窓を開ければ、初夏の明るい太陽の日差しが差...
FILM
 ふだんあまり自炊しない人ほど、自炊期間が長くなるとレパートリーが不足し「飽きた……」となりがち。  長期にわたっ...
FILM
 自粛期間中、家での時間を持て余して、どうにもふさぎこんでしまうなら「オンラインレッスン」を受けて生活にメリハリをつけて...
FILM
「あり得にゃい。絶対無理、レンズをこっちに向けにゃいで!」  箱入り息子のにゃんたま君のおウチに遊びに行った時のこ...
FILM
 あなたは、最近誰かとハグをしましたか?大人になると他人はもちろん、恋人や家族間でも接触する機会がだんだんと減ってしまい...
FILM
 自分よりも幸せそうな人を見ると、羨ましくなってしまう女性は多いでしょう。しかし、「私も、幸せになりたい」と思うのであれ...
FILM
 自粛自粛で、カメラフォルダに写真が増えていきません。写真なんて増えていかなくたって、死にはしない……でも、なんとなく充...
FILM
 マンションを購入したいと思ったときに、SUUMO(スーモ)などの不動産ポータルサイトのほか住宅情報誌や新聞で探すという...
FILM
 きょうは、「白鳥の湖」のバレエダンサーのように、小股の切れ上がったカッコイイにゃんたま君にロックオン。 「あ、ス...