簡単万能ソースで南仏の味を楽しむ「タコのマリネ香草風味」

コクハク編集部
更新日:2019-07-12 06:00
投稿日:2019-07-12 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・豊中市のフレンチ「ビストロ・リッペ」の中尾匡宏さんに、手軽に南仏の雰囲気を味わえる「タコのマリネ香草風味」のレシピを教えていただきました。

南仏プロバンスの香り

合うお酒=白ワイン、冷酒、スパークリングワイン/(C)コクハク
合うお酒=白ワイン、冷酒、スパークリングワイン /(C)コクハク

 お酒好きが喜ぶ一品です。誰でも自宅で簡単に作れるのがポイント。あっさりした味わいですが、香りが南フランスっぽいお料理。ソースは簡単。ストックしておけば、いつでもいろいろな料理に使えますよ。タコの他にも魚料理やグリルしたポークやチキンとあえてもピッタリ。玉ねぎは塩でもみ、水分さえきちんと切っておけば、1カ月は保存可能です。

「タコは普通に食べてもおいしいのですが、イメージとしてはプロバンスですかね。ソースをエスカルゴにかけると正統なフレンチですが、あえてそこまでしなくても、ボイルして塩味のきいたタコとハーブが合います」(中尾さん)

 最初にハーブのベースの素材をミキサーに入れてしまうと、にんにくが潰れるのに時間がかかり、パセリなど、全部がペースト状になってしまうので要注意。にんにくを細かくするために材料を入れ、先に回しましょう。

 わさびと醤油といった「居酒屋メニュー」ではなく、ソースさえ作っておけば、自宅で簡単に「南フランスの気分」になれる。しかもソース作りは簡単で他の料理にも応用できるのだから、使い勝手は抜群です。普段、食べているマリネとは一味も二味も違うタコ料理が満喫できますよ。

 あっさりしているのに味わい深く、タコとオリーブの相性が抜群。おつまみとしても、おもてなしパーティーの前菜としても楽しめます。

材料・2人前

・タコの足 2、3本
・玉ねぎ 2分の1個
・オリーブ 2個
・ミニトマト 2個
・パセリ 20グラム
・チャービル 3グラム
・タイム 1枝分
・にんにく 1片
・サラダ油 100㏄
・エキストラバージンオイル 50㏄
・白ワインビネガー 適量

レシピ

1. ミキサーにサラダ油、オリーブオイル、にんにくを入れて、よく回す。
2. 玉ねぎは粗みじんにして塩で軽くもみ、水でよくさらす。
3. 1の中にパセリ、チャービル、タイムを入れ、パセリが細かくなりすぎない程度(パセリの粒が残るくらい)にミキサーを回し、水をよく切った玉ねぎと合わせる。
4. 厚めの輪切りにぶつ切りしたボイルダコとソースをあえる。
5. 盛り付ける直前に白ワインビネガーを少し入れて、もう一度あえる。
6. 皿にタコを盛りオリーブの輪切り、ミニトマト、彩りハーブを添える。

本日のダンツマ達人…中尾匡宏さん

▽なかお・まさひろ
 1966年、豊中市生まれ。高校時代、飲食店でアルバイトしたのをきっかけに料理人を志す。31歳で独立。97年、大阪・箕面市で仏料理店「ケセラセラ」をオープン。03年、店名を変え、豊中に移転。

▼ビストロ・リッペ
 リッペとは仏語で「一口のごちそう」の意。ランチは週替わり、ディナーは月替わりでともに3種類。アラカルトは夜のみで約30種類。市場で魚介、肉などお気に入りの素材を仕入れ、信楽焼を中心とした器に盛り付けられる。「おいしく、楽しく、リーズナブルに日常的なフランス料理を」が基本的コンセプトだ。
豊中市末広町1―1―8
℡06・6858・3122(水曜、第3木曜定休日)

(日刊ゲンダイ2018年12月7日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「春かつおの梅しそ酒盗和え」季節感あるさっぱりした味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「レンコンの醤油焼き」味と香りとサクサク食感を楽しめる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤ...
「フレッシュマッシュルームのサラダ」薄く切るほど美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「ほうれん草と卵のナムル」計量スプーンで手軽にタレ作り!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
市販のサラチキで簡単おつまみ「鶏むね肉のカチョエペペ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「酒呑みのポテトサラダ」燻製たくあんとカレー粉を“後のせ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「やみつき白菜」塩昆布&ゴマ油&にんにくの“最強トリオ”で
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
スープストックタイリョー 2021.4.4(日)
 一人暮らしです、わびしいです。朝からせっせと食事を作る元気はありません。張り合いもありません。それでも、毎日朝はやって...
甘さと辛さの“無限ループ”に陥る…「ピリ辛ナスの煮びたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...
「ササミとザーサイの和え物」食感と薬味の辛味が小気味いい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...
「薬味たっぷりのカツオたたき」大葉とミョウガでさっぱりと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...
豚肉がおいしい「新ジャガの肉ジャガ」思わず顔がほころんだ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...