姿の見えない不倫相手の女と無言の戦い…志穂さんのケース#3

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-12 05:32
投稿日:2019-08-07 06:00
 自分の夫の不倫の証拠を見つけてしまったら、女性は誰でも争いや別れの影におびえながら、愛する人の真意を確かめようとするでしょう。たとえそれによって、自分が傷つくとしても……。ところが、志穂さんのケースはそうではありませんでした。喧嘩もなければ修羅場もなく、静かに終息したように見えたその後に、いやな事件が起こったのです。

夫の気持ちが確かめられない妻、嫁の代わりに怒る姑、そして…

喧嘩さえしてもらえない…(写真:iStock)
喧嘩さえしてもらえない… (写真:iStock)

夫の心はいつ離れてしまったのか…?

「ゆうべ、お義母さんが来て……あなたのスマホ……見ていたわ」

「え、スマホの何を見たの?」

「LINEの……通知……あれ、女の人だよね?」

 もうこれで終わりか、と思った志穂さんでした。この時までは、面と向かって勇太さんを責めることをしなければ、いつかは女と別れてくれるのではないか、と密かに期待していました。でも、ついに現実に向き合う時が来てしまったのです。

「ねえ、もう私のこと……好きじゃなくなったの? いつから、そうなったの?」

 悩みに悩んで、初めて伝えることのできた苦しい問いでした。不倫の発覚から3週間が過ぎていました。しかし勇太さんは嫌いと言うでもなく、浮気相手とのことを言いわけするでもなく、平然と言いました。

夫婦喧嘩にもならずに終息した不倫騒動

「志穂ちゃんを嫌いになるわけないだろ。それよりお袋、何て言ってた?」

 言い争いになるのを覚悟していた志穂さんは肩透かしを食らった思いです。この人は、きちんと私に向かい合ってくれていないのか? バカにされているのか無視されているのか、喧嘩さえしてもらえない自分という存在は、彼にとって何なのか? 

 しかし、この日を境に女からのLINE通知はピタリと止み、勇太さんの朝帰りもなくなりました。このまま平和な日が続いてくれたら……志穂さんは祈るような気持ちでしたが、収まらないのはお姑さんです。お姑さんは、単身赴任中のお舅さんの不倫で苦しんだことがあり、

「こんなに良いお嫁さんを泣かせるようなことをして、ご実家のお父さん、お母さんに申しわけないわ」

と、いつまでも勇太さんを責めました。志穂さん本人は勇太さんに何も言えず、まるでお姑さんが代理戦争をしているようでした。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


いい恋愛をすると綺麗になる5つの理由♡ 注意したいケース
 昔から、女性は「恋をすると綺麗になる」なんて言われていますが、あなたはそれを実感したことがありますか? 実は、これは本...
恋バナ調査隊 2021-09-05 06:00 ラブ
収入減で価値観の違い露呈…ネガティブな妻に無力感を抱く夫
「冷酷と激情のあいだvol.54〜女性編〜」では、楽観的すぎる夫の性格に価値観の違いを痛感している妻・Kさんの苦悩をご紹...
並木まき 2021-09-04 06:24 ラブ
夫婦で収入減も「大丈夫っしょ」…楽観的すぎる夫に冷める妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-04 06:17 ラブ
男性にモテる♡ギャップの作り方5STEP&簡単ポイント
 男性にモテるためには、ギャップが有効♡ 女性の意外な部分に惹かれて、恋に落ちる男性って意外と多いんですよ。そこで今回は...
恋バナ調査隊 2021-09-03 06:00 ラブ
私のお金が目当てだった…ヒモ気質の夫と決別した女性の事情
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-09-03 06:00 ラブ
ネットで知り合った人と会う時に気を付けるべき“3つのこと”
 SNSやマッチングアプリで知り合った人と会い、事件に巻き込まれてしまう女性が後を絶ちません。特に初めて会う場合には、自...
内藤みか 2021-09-02 06:00 ラブ
価値観が合う人ってどんな人? 4つの特徴&見つけ方のコツ♡
 男性とお付き合いするなら、価値観が合う人を選ぶと長続きすると言いますよね。でも、「価値観が合う人」とは、いったいどんな...
恋バナ調査隊 2021-09-02 06:00 ラブ
社内恋愛は公表するべき?知っておきたいメリット&デメリット
 社内恋愛は、周りに知られないようにこっそり愛を育む人が多いです。秘密で付き合うことで、ドキドキ感を楽しんでいる人も多い...
恋バナ調査隊 2021-09-02 06:00 ラブ
彼からテキトーに扱われてない? 大切にされない女性の特徴
 オトナな関係になって恋愛が前に進まない——。そんな女性の恋の悩みを聞いていると、毎回彼の家に行ってご飯を作ったり、尽く...
若林杏樹 2021-09-01 06:00 ラブ
“恋愛したい”と思う既婚女性は要注意!隠れた心理&落とし穴
 好きな人と結婚したはずなのに、なぜか「また、恋愛がしたい」と思う人がいます。そんな人は「相手にバレなければいいだろう」...
恋バナ調査隊 2021-09-01 06:00 ラブ
厄介…“マウンティング彼氏”の4つの特徴&困ったときの対処法
 せっかく彼氏ができたのに、その彼が実は「マウンティング彼氏」だったら少々厄介。そこで今回は、マウンティングする彼氏の4...
恋バナ調査隊 2021-08-31 06:00 ラブ
言葉は不要? 大人が告白なしで付き合う理由4つ&デメリット
 本来、恋愛は告白してから付き合い始めるのが一般的。でも、大人になるにつれて、「告白なしで付き合う」ということも増えてく...
恋バナ調査隊 2021-08-31 06:00 ラブ
恋愛上手は仕事上手♡ 3つの理由&恋愛強者から学ぶスキル
 よく世間では、「恋愛上手は仕事上手」と言われますよね。一見関係のなさそうな「恋愛」と「仕事」ですが、実はこれ、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-08-30 06:00 ラブ
職場で振られた後どうすればいい?上手な接し方&乗り越え方
 失恋の中でも特に辛いのが、職場の人に告白して振られたり、別れたりした時でしょう。失恋後も仕事相手として接したり、顔を合...
恋バナ調査隊 2021-08-30 06:00 ラブ
男性が思わずOKする♡ LINEでのデートの誘い方5つのポイント
 男女の恋愛を進展させるのに欠かせないLINE。出会ったあと、LINEでどのようなやりとりをするかが、その後の2人の関係...
恋バナ調査隊 2021-08-29 06:00 ラブ
とにかく妻を怒らせたくない…不機嫌な妻に恐怖心を抱く夫
「冷酷と激情のあいだvol.53〜女性編〜」では、なんでも自分に質問してくる夫に嫌悪感を抱き始めた妻・Yさんの苦悩をご紹...
並木まき 2021-08-29 06:06 ラブ