妻バレ阻止に必死…浮気男が愛用しているLINEの便利機能3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-26 06:00
投稿日:2019-10-26 06:00
 LINEアプリには、便利な機能もたくさん。日常的に使うコミュニケーションツールだからこそ、自分好みの機能を愛用している人も多いですよね。他方、そんな便利な機能を駆使しつつ、必死で浮気バレを防いでいる“フトドキモノ”な男性も……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、浮気男ほど愛用しているLINEの便利機能に迫ります。

1:背景個別設定

背景を妻の顔のアップ写真に(C)コクハク
背景を妻の顔のアップ写真に (C)コクハク

「カミさんに送るLINEと浮気相手に送るLINEは、絶対に間違えるわけにいかないから、酔っ払ったときでも判別できるよう、妻のトーク画面は妻の顔のアップ写真にしています」(44歳男性)

「妻にはラブラブを装えるし、送信間違いを防げると一石二鳥なので、妻のトーク背景は、夫婦の結婚式写真。浮気相手のトークは、初期設定のままにしています」(34歳男性)

 LINEアプリには、個別にトークの背景を指定できる機能がありますが、これを駆使して“誤爆”を防ごうとしている浮気男も……。

 彼や夫が、自分の写真を背景に使っているからと言って安心できないのも実態かもしれません。

2:トークのピン固定

妻とのトークを一番上にピン固定(C)コクハク
妻とのトークを一番上にピン固定 (C)コクハク

「酔っ払って帰宅する前に、奥さんに送るLINEと浮気相手に送るLINEを間違えたことがあって……。それ以来、奥さんとのトークは一覧の一番上にくるようピン機能を使っています」(35歳男性)

「家族とのLINEをピンで固定してから、浮気相手に送るLINEと間違えなくなりました。固定の位置にトークがあるだけで、身体が覚えてくれるから、酒を飲んだあとでも誤送信せずに済んでいます」(49歳男性)

 こちらも誤爆を防ぎたい浮気男から人気の機能。確かに、位置が固定されていると、判断力が鈍っているときでも習慣でLINEできるため、誤送信は格段に減りそうです。

3:非表示+α

不倫相手とのトークは“非表示”に(C)コクハク
不倫相手とのトークは“非表示”に (C)コクハク

「不倫相手とのトークは、自宅に帰る直前に“非表示”にします。その前に、その子のLINE通知をオフにするのも欠かしません。毎回ブロックするのも面倒だし、とりあえず家にいるときにはこれでしのいでいます」(44歳男性)

「浮気相手のLINEが奥さんにバレないよう、以前はブロック機能を使っていたのですが、これだと設定中には、メッセージが届かないのが意外と不便で。

 それで最近は、まずは浮気相手のトークを非表示にしてから、全ての通知に“一定時間通知オフ”をすることにしました。

 自宅にいるときにくるLINEは、他の人からのものも緊急性が低いものが多いので、一切鳴らさなくしてからはスマホに触る時間も減り快適です」(47歳男性)

 トーク画面を“ブロック”ではなく“非表示”にすれば、再び表示された時に過去のトークが読めて、浮気男には便利なのでしょう。さらに別の機能との合わせ技により、妻に浮気を悟られないよう工夫しているようです。

まとめ

 浮気相手との連絡ツールとして、LINEを活用している男性も多いのが実情です。本来はもっとポジティブな目的で使われることを想定しているであろう機能の数々も、浮気男にとっては妻バレを防ぐための機能になってしまうようですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 シリーズでご紹介していますが、地方によって全く異なる性格や特徴に「なるほど!言われてみればそうかも?」なんて納得してい...
FILM
「バツイチはモテる」――。色々なところで見聞きするこのフレーズ、果たして本当なのでしょうか? 離婚しただけでそんなにモテ...
七味さや 2020-06-12 06:00 ラブ
FILM
 好きな男性に勇気を出してLINEしたのにも関わらず、「既読スルー」をされれば、誰だってショックを受けてしまうでしょう。...
恋バナ調査隊 2020-06-12 06:00 ラブ
FILM
 緊急事態宣言も解除され、街には少しずつ人が戻ってきました。そして今回の自粛がきっかけでカップル仲に激震が走っています。...
内藤みか 2020-06-11 06:00 ラブ
FILM
 モテる女性の多くは、男性から見て「可愛い」と思われることが多いでしょう。しかし、そんな女性は同性の視点で見ると、「可愛...
恋バナ調査隊 2020-06-11 06:00 ラブ
FILM
 離婚が珍しくなくなり、再婚によって幸せをつかむ男女も珍しくない時代になりました。しかし世の姑のなかには、悪気があるのか...
並木まき 2020-06-10 06:14 ラブ
FILM
「父の日」が近づいてまいりました。  今年の父の日は6月21日となっておりますが、「母の日」に比べて、この盛り上が...
斑目茂美 2020-06-10 06:00 ラブ
FILM
「ムラムラする」と聞くと、男性をイメージする人は多いでしょう。でも、人間ですから、女性だってムラムラするのは当然のこと。...
恋バナ調査隊 2020-06-10 06:00 ラブ
FILM
 会社の同期やサークル、地元の友達など、コミュニティに気になる異性がいる時、まずは全体の中で彼との仲を深めていきたいです...
ミクニシオリ 2020-06-09 06:00 ラブ
FILM
 彼氏がいると嫌な部分が見えたり、喧嘩したり、時には不満を感じることもあるでしょう。しかし、それ以上に幸せを実感する場面...
恋バナ調査隊 2020-06-09 06:00 ラブ
FILM
 先日、友人と「一目惚れはアリかナシか?」が話題になりまして。私はアリ派なのですが、周りは意外にも男性の方が慎重で「考え...
若林杏樹 2020-06-08 06:00 ラブ
FILM
 好きな人ができれば、知らず知らずのうちに相手に対して特別な対応をしてしまうものです。「バレないようにしよう」と思ってい...
恋バナ調査隊 2020-06-08 06:00 ラブ
FILM
「好きな男性が関東出身」という方は、多いでしょう。関東出身の男性というと、おしゃれでクール、恋愛に対しても淡白な印象があ...
FILM
 あなたは「恋人とやけに距離感の近い異性の友達」について悩んだり、疑ったりしたことはありますか? 私はあります。  元...
深志美由紀 2020-06-07 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-07 04:16 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-06 06:28 ラブ