夫の心が折れる…鬼嫁からのLINEに潜む「恐ろしい癖」3例

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-12-25 14:48
投稿日:2019-12-25 06:00
 鬼嫁から夫のもとへと届くLINEには、恐ろしいメッセージが書かれているものも散見されます。
 日常的にキツいLINEを受信すれば、夫の心が折れる引き金にもなりがち。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁から届く、夫には恐怖でしかないLINEを3選ご紹介します。

1:不愉快をあらわす敬語

「ウチの嫁は、テンションがLINEに出やすいタイプ。わかりやすいと言えばそうですけど、しょっちゅう機嫌が悪くなるので、なにが地雷になるかわからず、ビクビクしています。

 基本的に、不愉快になると、それまでとテンションがガラリと変わり、敬語の文章が延々と続きます。

 ついこの前、同僚にノリでそのLINEを見せたら、笑ってくれるどころか『お前の奥さん、ヤバイな』ってガチにドン引きされました。

 実は、敬語になるだけじゃなく、そこに書かれている内容も辛辣で、敬語だから余計に怖さが増していて、まさに鬼嫁って感じのLINEなんですよね」(39歳男性/SE)

  ◇  ◇  ◇

 敬語イコール不機嫌をあらわす人は少なくないものの……。夫婦間のLINEでしょっちゅうコレをされれば、さすがに疲れてしまいそう。

2:命令文オンリー

「結婚してからというもの、妻から届くLINEは、僕への命令だけになりましたね。

 最初のうちは、恋人時代の延長で、くだらない話を送り合っていたこともあったのに……。

 最近は、朝から晩まで『アレして、コレして』や『○○を買って帰ってこい』などの命令文しか届きません。

 当然ながら、僕がその命令に従ってもねぎらいのLINEなんて届かないし、たまに妻とのやりとりを見返してみると、なんでこんな怖い女になったんだろう……と、ため息しか出ません」(35歳男性/製造)

  ◇  ◇  ◇

 鬼嫁は、夫にアレコレと指図するのが大得意。けれど、命令LINEしか届かないとなれば、夫の心はいつしか折れそうです。

3:事務連絡に辛辣な返事

「結婚後どんどん鬼嫁化している我が嫁は、だんだんと俺からの連絡への返事が雑になっています。

 たとえば、『今日、残業になった』と事務的な連絡LINEをいれると『は?』や『あっ、そう』などの辛辣な返事が一文だけ返ってきます。

 あまりに雑なコミュニケーションで、まるで漫画ですよね。

 最初のうちは『なんだこいつ、偉そうに』って腹が立っていましたけど、最近は『この先に文句がない分だけ、マシかな』と考えるようにしています。でも、夫でもなんだかんだで他人ですよ、その相手に『は?』を乱用するとか、ロクな女じゃないなと呆れています」(34歳男性/建設)

  ◇  ◇  ◇

 上品とは言えない雑なコミュニケーションを繰り返してしまうと、そんな妻に呆れてしまう夫もいる模様。親しき仲にも礼儀ありは、夫婦間LINEも例外ではないのです。

まとめ

 妻から届くLINEに、夫の心が折れそうになる要素が多いと「鬼嫁」認定される引き金にも。喜怒哀楽の「怒」が際立つLINEや、一方的かつ高圧的なコミュニケーションでしかないLINEは、夫の心をグサグサとえぐるメッセージにもなりやすいでしょうね。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ラブ 新着一覧


「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ
セルフプレジャーは私を解放してくれた。性欲は恥ずかしいものではない
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-06-03 06:00 ラブ
お金に寛容な年上彼女、急募! 遊びの延長の同棲を後悔するバツ1男
「冷酷と激情のあいだvol.197〜女性編〜」では、同棲を始めた途端にセコい金銭感覚をあらわにした8歳年下の恋人・ユウタ...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
私のアカウントで買い物し、支払いはスルー。セコさ増す彼に悩む49歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
「年収500万の星野源似=普通の男」問題も再燃…でも最近は「普通の男=吉沢亮」の深層
 歌手の星野源(43)に対する“臆測”投稿が世間の注目を集めた件。インフルエンサーに拡散されたアナウンサーとの不倫疑惑は...
思い込み? 年下独身男性が既婚女性を「好き避け」するサインが知りたい
「職場の年下の独身男性が、なんだか素っ気ない…」と悩んでいる女性、必見! それはもしかして好き避けかもしれません。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-31 06:00 ラブ
同じ空気ムリ、離婚する? 本音で話せない夫婦が抱えるリアルな悩み5選
 あなたはパートナーと本音で話せているでしょうか? 本音で話さずにいると、異性問題が勃発するケースもあるようです。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-31 06:00 ラブ
地雷踏んでませんか? 年下男子が“即ブロ”認定する年上女性のLINEとは
「どうして? 彼からブロックされちゃった…」と、茫然とする年上女性が増えています。  うまくいってると思っていたのに、...
内藤みか 2024-05-30 06:00 ラブ