妻はウンザリ!夫の“サイレントにトゲトゲしい”モラ発言3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-02 06:00
投稿日:2020-01-02 06:00
 世の中には、褒めているように聞こえて、実は相手を辛らつに批判している会話も存在します。そんな暴言を妻に吐く夫は、ジワジワとモラハラをしているのと同じこと。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、妻が我が耳を疑ったという、無礼すぎる夫の暴言をご紹介します。

1:余程まわりがショボいんだな~

「仕事で、2カ月連続でMVP表彰を受けたのですが、それを夫に報告したところ『おめでとう! 余程まわりがショボいんだな~!』と笑いながら言われました。

 その2カ月間は死にものぐるいで働き、睡眠時間も削ってがんばったのを見ていたクセに、まさかのその言葉⁉︎ と耳を疑いましたね。

 日頃から、穏やか口調で失礼なことを言うので、最近は、隠れモラ夫なんじゃないかと感じています……」(38歳女性/保険)

  ◇  ◇  ◇

 この夫、がんばった妻を素直に労えないとは、くだらないプライドでもあるのでしょうか。聞くだけで一気にテンションが下がるほど、失礼すぎる暴言です。

2:ジャンクフードと同じくらい美味しい

「今年のクリスマスには、初めて自宅で、ご馳走を作りました。

 平日だったので、前日から少しずつ仕込んで、ローストチキンやロブスターサラダなど、いかにもクリスマスっぽいメニューを揃えて、自分的にも自信作が完成したんです!

 それなのに、夫からは真顔で『ウマイ。いつも食べているカップラーメンくらいウマイね』と、褒めているのか貶しているのかわからない言葉が……。

 急激に気分が萎えましたし、こんな人のために何かを作るのは、バカバカしいと思ってしまいました」(37歳女性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 カップラーメンが大好きな夫ならば、最大級の褒め言葉だった可能性も否めないものの……。妻の手間を労っていない誉め言葉は、イヤミにしか聞こえないのも傾向です。

3:そんなに欲しいなら…

「うちの夫は、普通の会話にも上から目線な返事を返してくるので、私はストレスが溜まっています。

 例えば、帰宅するときに洗剤を買ってきてほしいと頼むと『そんなに欲しいなら、買って帰るよ』などと、いちいちスッキリしない返事が返ってくるんです。まぁ、文句を言って買ってきてくれないわけじゃないから、完全なモラ夫よりは、まだマシって自分に言い聞かせていますけど……。

 自分も使う日用品を頼んでいる日用品を頼むだけで、なんでいちいち余計なひと言がくっついているのか……って思いますね。普通に『了解』や『オッケー』などと返してくれれば済む話なのに、万事こんな調子です。夫に連絡を入れるのが密かにユーウツです」(40歳女性/専門職)

  ◇  ◇  ◇

 カラッとした明るいコミュニケーションが不得手な夫ほど、事務的な連絡に対しても、一癖ある返事をしがち。いちいち突っかかるかのような返事が戻ってくるとなれば、妻には地味にストレスですよね。

まとめ

 どんなに静かな口調の夫であっても、その内容が辛らつであるほど、妻の心はジワジワと傷めつけられます。いわゆる派手なモラハラではないとしても、こんな夫の性分に不快感を抱いている女性は、案外といるのではないでしょうか。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「娘に“男”を見せたくなかった…」マチアプを悔やむ45歳シンパパの本音
「冷酷と激情のあいだvol.191〜女性編〜」では、自身の妊娠と出産を年齢的な理由で諦め、シングルファザー限定で恋人探し...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
出産は諦めたけど子は欲しい…シンパパ射止める“5秒前”、47歳独女の計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
着信26件、もはやホラー! アラサー・アラフォー女性が蛙化した瞬間
「好きだったけど幻滅した!」と、好意が一気に消えてしまう“蛙化現象”。(元々は、好きになった人から好意を感じると逆に嫌悪...
恋バナ調査隊 2024-04-20 06:00 ラブ
人生狂わす男女の金銭トラブル 大谷を襲った“一平さん騒動”と次元違えど
 大谷翔平選手と水原一平さんの間で起こった金銭トラブルとは次元が異なるものの、男女間でもお金が原因の関係が破綻は少なくな...
恋バナ調査隊 2024-04-19 06:00 ラブ
年下男子とのデートは「ヌン活」に限る? 彼らを誘うと「即OK」するワケ
 アフタヌーンティーが人気です。色とりどりのスイーツとおいしいお茶を味わいながらの午後のティータイム女子会は格別な心地良...
内藤みか 2024-04-18 06:00 ラブ
自分にはお金使うくせに「ケチな男」の特徴4つ、結婚したらどうなる?
 自分の持ち物や趣味には好き勝手お金を使うのに、それ以外のことにはお金を出すのを嫌がる男、いますよね。  車がベンツで...
恋バナ調査隊 2024-04-17 06:00 ラブ
職場は心の浮気の震源地!四六時中チャット、2人きりランチ…リスクは?
 恋人がいるのに他の男性と体の関係があったら、それはガッツリ「浮気」。そして、既婚者であれば「不倫」です。でも「体の関係...
恋バナ調査隊 2024-04-16 06:00 ラブ
不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-05-07 18:41 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ