呪文で周囲と分断し過去を否定させる…優紀さんのケース#4

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-04-08 06:00
投稿日:2020-04-08 06:00
 ほとんどのモラハラ男は、彼女や妻にモラルを押し付けていることを自覚していません。
「これは恋愛相手にモラルが欠如しているから、自分は相手を助けているだけ」――。
 同情や憐れみなどの感情が欠如しているサイコパスと違い、彼らは自分の愛情を信じて疑わないのです。モラハラ男は彼女の友人や親、職場などを敵視します。彼女に影響を与えるのは自分だけであってほしい、と強く願うからです。

いつでも一緒にいてくれる彼氏が傷ついた心を癒してくれた

新しい恋に心弾ませるも(写真:iStock)
新しい恋に心弾ませるも (写真:iStock)

 バイト先で知り合ったワンゲル部の3年生、B男と優紀さんは急速に親しくなりました。学食でもバイト先でも下宿でも、いつでも一緒にいてくれる彼氏の存在が優紀さんの心を明るくしました。B男は、内気な優紀さんをグイグイ引っ張ってくれるリーダータイプ。優紀さんは、カメラマンのA氏との出来事で傷ついたことも、いつの間にか忘れていったのです。
 
 A氏とのことで疎遠になっていたクラスメート(Cさんとします)も、「彼氏できたんだね。よかったじゃん」と学食で声をかけてきました。以前と変わらない親しい口調がうれしくて、コイバナで盛り上がりました。しかし、優紀さんが「彼はワンゲル部で…」と言ったとたん、「えっ、マジで……」とCさんの顔色が変わったのです。

 そのときB男が「一緒に帰ろう」とやって来て、会話はそこで中断しました。2人きりになるとB男は「今の誰?」とCさんのことをたずねました。クラスでいちばん親しい子で、ピアノバーでバイトしてて……と話すと、「ああいうタイプには気をつけろよ。利用されるぞ」と表情が険しくなり、驚いた優紀さんは口をつぐみました。

友人との切り離し、痛い過去の白状の強要

秘密にしていた撮影のバイトのことを…(写真:iStock)
秘密にしていた撮影のバイトのことを… (写真:iStock)

 B男はコンビニのほかにもバイトをしていて、「家庭教師のようなこと」と言っていましたが、下宿生にしてはお金に余裕があるようでした。その日、もうひとつのバイトから優紀さんの下宿に来たB男は、買ってきた自分の食事を黙って食べはじめました。

 いつもは優紀さんの好きなものも買ってきてくれるのに、今日はそれもなくピリピリしていて、優紀さんは黙ってB男の前に座りました。やがて、B男が切り出したのはCさんのことだったのです。

「失礼な女だよな。普通、自分の友だちの彼氏ならきちんと挨拶するだろ。どんな女だよ、あれ」

 はじめて見るB男の不機嫌な顔に優紀さんは言葉を失いました。

「ピアノバーなんて聞こえはいいけどキャバクラだろ? 俺のことも舐めるような目で見てたしな」

「そんなことないと思うよ…」

「前から気になってたけど、優紀は上から目線の友だちや親に影響されやすいよな。自分を確立しろよ! もしかして、優紀もそういうバイトしてたんじゃないの?」

「まさか…私はやってないよ!?」

隠していたことを彼氏から指摘されて

 口論のようになった優紀さんは動揺し、B男に聞かれるままに撮影のバイトのことを話さざるを得なくなりました。

「へえ、そいつが撮ったグラビア見たことあるな」

 B男はスマホでA氏の名前を検索し、作品を見はじめました。優紀さんの作品は掲載されていませんでしたが、もっとセクシーな表現や局部だけを隠したヌードもあり、B男の顔色がみるみる変わっていきました。

「優紀、お前、このカメラマンとやっただろ?」

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


震えが止まらない…夫の浮気相手から妻に届いた怖いLINE5つ
 浮気に苦しむ女性は多いですよね。特に、浮気相手が強気な女性だと、さらに厄介です……。今回は、夫に浮気されている女性「サ...
女性に人気の“リンパケア資格”とは? リンパケアセラピストの魅力や給料、合格率まで徹底リサーチ♪
 今、女性に人気の「リンパケアセラピスト」。資格を取れば、自身の美容や健康維持に役立つのはもちろん、“リンパケアのプロ”...
心をすり減らさないで…嫌なことへの対応をテンプレ化しよう
 大人の皆さんは、嫌な相手とコミュニケーションをとらなければいけない時どうしてますか? きっと心をすり減らしながらメール...
ワイルドな肉球とふわふわ“にゃんたま”のギャップにきゅん♡
 きょうは、母性本能をくすぐる可愛い印象のソフトにゃんたまωを発見!  外猫ならではのワイルドに汚れた脚に、お手入...
ルノルマン占い〜9月の恋愛運〜腐れ縁とサヨナラできる人は
 18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起源です。日本で...
厳しい残暑に清涼を!ウコンの花「クルクマ」の美しい花姿
 だいぶ以前の話ではございますが、海外からやってきた友人を東京見物に連れて行った時のお話でございます。  一日かけ...
職場のスメハラ対処法5つ! 言えない&耐えられない人必見
 職場で起こる「ハラスメント」の中でも、特に対処が難しいのが「スメハラ」です。この“臭い問題”は、本人が気づいていない場...
人生の手綱を握ろう! 離婚を機に変わった私が伝えたいこと
 本連載も今回が最終回になります。1年以上にわたり、お付き合いいただきありがとうございました。この連載と一緒に私自身も離...
8月30日~9月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
チラ見えに風情を感じたら…あなたもすっかり“にゃんたま”通
 きょうは喉元をポリポリ、にゃんたまωチラリ♪♪  ふとした拍子に一瞬見えるというこの状況、バッチリ見えるよりも、...
都内初!西友の“レタス工場”に行ってみた 2021.8.30(水)
 今年3月、西友大森店に開設された店内植物工場「LEAFRU FARM(リーフルファーム)」に行ってきました! 西友では...
年齢不詳な人ってどんな人?真似したい特徴&目指すポイント
 年齢を重ねると、誰だって変化が起こるもの。肌や髪など見た目はもちろん、内面も変わってくるのが当たり前です。しかし、中に...
「根はいい人」と言うけれど…実はマイナスな人たちにご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「根はいい人だけど……」と前置きして紹介しなくてはいけない恋人や友人。「根は...
姑vs嫁で因縁バトル勃発! 女性同士の“壮絶LINE”の内容5選
 嫁姑の関係は、昔から多くの人が悩んできた課題でもありますよね。大切な息子を取られた姑が同居の嫁をいびるなんて話は、星の...
現実逃避?自信がない人ほどやってはいけない”逃げ酒”の話
 みなさんはお酒を飲む理由を考えたことがありますか? 美味しいから、楽しいから、色んな理由があると思いますが、”悲しいか...
ダンディーな見返りポーズと完璧な“にゃんたま”にうっとり♡
 きょうは、いばらのアーチの下で見返りポーズ、男っぽさを感じるダンディーなにゃんたまω君に出逢いました。  にゃん...