グループLINEで意中の彼の目に留まりたい…効果的なテクは?

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-06-09 06:00
投稿日:2020-06-09 06:00
 会社の同期やサークル、地元の友達など、コミュニティに気になる異性がいる時、まずは全体の中で彼との仲を深めていきたいですよね。そんな時、例えばグループLINEで、彼の目に留まるような会話ができれば……。
 気になる人と一緒のグループLINEで、どう振る舞えばいいのか? お教えします!

スタンプ選びでセンスをアピール!

グループLINEで目立つにはどうする?(写真:iStock)
グループLINEで目立つにはどうする? (写真:iStock)

 LINEでのコミュニケーションの中で、最も手っ取り早く人間性を知ってもらえるのがLINEスタンプです。アニメ好きならアニメの公式スタンプ、おしゃれなセンスが好きなら、アイデンティティーがにじみ出るクリエイターズスタンプを使いましょう。

 気になる人が使っているスタンプも、お近づきになるきっかけになります。もしも彼が使っていて気になるスタンプがあれば、ささっと買って「私も持ってる〜」とスタンプを押しておけば、親近感を感じてもらえるかも。センスが違うな〜と感じる時も、彼の感性を品定めする参考になるので要チェック。

友人との絡みも人間力が出る

親しい友人との絡みで違う自分をアピール(写真:iStock)
親しい友人との絡みで違う自分をアピール (写真:iStock)

 グループに仲のいい友人がいるなら、その人の発言には注視しておきましょう。あんまり二人で盛り上がりすぎるのも周りに悪いですが、他の人の前では見せない一面を友人の前で見せているなら、あなたのイメージが良く変わるきっかけになるかもしれません。

 例えばあなたが周りから、おとなしいと思われているなら、友人との気軽なやり取りは親近感を与えることができそう。普段から元気な子なら、丁寧な言葉使いをしてみるのもアリですね。最初のうちは、ギャップを作ってみせるのも交流のきっかけになります。

気になる彼の発言には早めに反応

気になる彼には早めに返信を(写真:iStock)
気になる彼には早めに返信を (写真:iStock)

 グループLINEへの返信の頻度は、あまり多いと暇人に思われますし、少なすぎると存在感がなくなってしまうので、ほどほどがいいと思うのですが、気になる彼が発言した時には早めに返信してもいいのかも。

 グループLINEでの会話って、自分の発言が拾われるかどうかちょっとドキドキするという人も多いと思います。そんな時、早めに発言を拾ってもらえるのは安心したりするものです。まだまだこれから仲良くなっていく段階なら、これくらいのことでも十分意義があると思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


結婚は失敗だった…家業と資産を妻から守りたかった夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.40〜女性編〜」では、夫から前触れもなく離婚を突きつけられた女性・Kさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-05-29 06:20 ラブ
ある日突然「離婚届」が…本当の離婚理由を知りたい妻の激白
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-29 06:19 ラブ
アラフォー妻の告白 「既婚者合コン」で夫以外の男性に… #1
 男女ともに「個人を尊重した、自由な生き方」が叫ばれる昨今、出会いの場にも「多様性」が浸透しています。その一つが、既婚者...
蒼井凜花 2021-05-28 12:16 ラブ
主夫とは名ばかり…ヒモ夫に嫌悪感を抱いた30代女性のケース
 長引くコロナ禍では、「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱え...
並木まき 2021-05-28 06:00 ラブ
気づいてもらえない…鈍感男性の5つの特徴&気づかせる方法
 気になる男性ができて積極的にアプローチをしているのに、「ぜんぜん私の気持ちに気づいてもらえない」と、やきもきしている女...
恋バナ調査隊 2021-05-28 06:27 ラブ
目指せ電撃婚! 即ゴールインするためにするべき3つのこと
 星野源さんと新垣結衣さんなど、最近は芸能人の電撃結婚報告が相次いでいますが、芸能人でなくても「私も結婚を電撃発表したい...
内藤みか 2021-05-27 06:00 ラブ
彼氏が“愛してる”と言わない理由&言われる女性になる方法
 そもそも日本の男性は、気持ちを言葉で表現するのが苦手なタイプが多いので、彼女に「愛してる」と言わない男性が多いそうです...
恋バナ調査隊 2021-05-27 06:00 ラブ
いいなと思った男性が逃げて…アプローチしても失敗する理由
 より良い出会いを探している女性にとって、「いいな」と思える男性に会えた時はしっかりアプローチしていきたいですよね。モテ...
若林杏樹 2021-05-26 06:00 ラブ
更年期? イライラが止まらない…女性ホルモンとバラのお話
「いつも元気だね〜」  お客様に、よく言われるお言葉でございます。どんなお仕事も大変だとは思いますが、とりわけ「花...
斑目茂美 2021-05-26 06:00 ラブ
強力すぎる!?恋愛が成就するおまじない6選&成功するコツ♡
 好きな彼に告白したいけれど勇気はない……と悩んでいる人は多いはず。そんな時は、おまじないのパワーを信じてみるのも良いか...
恋バナ調査隊 2021-05-26 06:00 ラブ
偉そうな“俺様彼氏”に疲れていない? 彼の隠れた心理や対処法
 いつだって上から目線で偉そうな「俺様彼氏」に困っている女性は多いようです。でも、恋愛って難しいもので、彼の悪いところが...
恋バナ調査隊 2021-05-25 06:00 ラブ
結婚したいのに彼氏が働かない…男性心理&タイプ別対処法
 ある日、彼氏が家に転がり込んできて、仕事もしない……。そんな状態に悩んでいる女性は、意外と多いようです。中には、「お金...
恋バナ調査隊 2021-05-24 06:00 ラブ
可愛いわがままが言える女子はモテる♡ セリフ&コツを紹介
 恋愛において、男性は女性の「可愛いわがまま」が大好きだそうです。「仕方ないなぁ」なんて言いつつ、内心では「可愛すぎる!...
恋バナ調査隊 2021-05-23 06:00 ラブ
訳あり? 40代で売れ残る男性の特徴&掘り出し物の見抜き方
 出会った男性が独身で40代の場合、「売れ残る男性には、それなりの理由があるのかも……?」と、結婚になかなか踏み切れない...
恋バナ調査隊 2021-05-23 06:00 ラブ
幻滅から始まる倦怠期…妻を女性として見られなくなった瞬間
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「倦怠期」という言葉って、終わりが近いようなネガティブな印象があります。どの...
山崎世美子 2021-05-24 18:07 ラブ
恥ずかしい…消したい…好きな人に送ってすべったLINE5選!
 好きな人とのLINEって、彼の本音が知りたいものの、なかなか切り出せないドキドキ感でいっぱいですよね。中には、そんな彼...
恋バナ調査隊 2021-05-22 06:00 ラブ