感染対策で別居生活に…コロナを機に妻に嫌われた夫の言い分

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-06-07 04:16
投稿日:2020-06-06 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。関係の終わらせ方についても、思惑が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、コロナ禍において混乱している夫婦の話から、妻から「コロナ別居」を突きつけられた男性の本音をお届けします。

憧れの女性と結婚! それなのに…

完璧な妻といるとなぜだか疲れる(写真:iStock)
完璧な妻といるとなぜだか疲れる (写真:iStock)

 前回の妻の言い分では、コロナを通じて、夫との別居に踏み切った女性の話をご紹介しました。では、夫であるOさんは、この出来事をどう捉えているのでしょうか。

「Kとの出会いは運命的だったし、こっちが惚れ込んで結婚してもらったって感じの関係です。バリキャリで働いているKは僕から見て眩しい存在で、できるならばあんな風になりたいなって憧れの対象ですね。なので、付き合えるってなったときには『何が何でも結婚するぞ』って決めて、付き合ってからも結婚に向けて猛烈にアプローチし続けました。実際に、これまでは自分と同じようなだらしない女性とばかり付き合ってきたから、Kみたいな女性といれば、僕自身も変われるんじゃないかって思ったのも、その理由でした」

 そしてKさん宅での半同棲から、見事プロポーズを承諾してもらったOさん。Kさんと結婚できるとわかったときには、自分の人生もこれで好転するはずと感じたそうです。

「でも、Kは僕から見て完璧すぎて、実際に結婚生活が始まると疲れてきました。例えば、分担している家事をしても『床がまだ汚れてるよ?』とか『洗い物に食べカスが付いたままだけど……』とかって言われるんですが、多少家が汚れていても、洗い物に汚れが残っていても、そのくらいはいいじゃんって思うんです。

『やる』って話していた家の用事も、すぐにやらないと怒られるんですが、別に少しくらい遅れたって、問題ないじゃんって思ったし……。もちろんKみたいにテキパキと無駄なく完璧にいろんなことがこなせればいいんだろうけど、僕にはできないんですよ。

 なのでKには、悪いなぁという気持ちとうるさいなぁって気持ちの両方があり、家にいてもつまらない毎日になってきていましたね。僕がなんかやっても、どうせKが満足するレベルにはできないんだろうなって思い始めていたし、だから、休日とかも1日中ゴロゴロしちゃって……。そんな僕を見て、Kはイライラを募らせていたとは思います」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
“ご褒美彼女”になって彼を癒す存在になる♡ 4つのポイント
 社会で戦う男性たちの疲れを、包み込んで癒す「ご褒美彼女」。女性から会いたいと言わなくても、「頑張ったから会いたい!」「...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
イケてる男性を自分のトリコにして浮気もさせない方法とは?
 皆さん、浮気をされたことはありますか? 浮気されるととてもツライですよね。競争率が高い男性を見事GETしても、この先ま...
若林杏樹 2021-07-21 06:00 ラブ
はじめての待ち合わせデート♡印象をアップさせる方法まとめ
 大好きな彼と、はじめての待ち合わせデート♡ ウキウキドキドキしてしまいますよね! 「このデートを成功させて、絶対に恋を...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ
なぜか惹かれてしまう…性悪な男性の5つの特徴&モテる理由
 性悪な男性だとわかっているのに、なぜか惹かれてしまった……という経験がある女性も多いはずです。しかし、性悪な男性を好き...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ
彼氏が欲しい人必見♡ 友達の紹介で恋人を作る方法&注意点
 恋人を作るためには、男性との出会いが必要不可欠。同じ会社や紹介、マッチングサイトなど、さまざまな出会いがある中で、もっ...
恋バナ調査隊 2021-07-20 06:04 ラブ
彼はどう?浮気男のLINEあるある5選!要注意な特徴&行動
 彼氏が浮気をしている時、女性は心の中で「なにかが引っかかる」んですよね。“女の勘”とも言われますが、直感力が優れている...
恋バナ調査隊 2021-07-20 06:00 ラブ
“授かり婚”からわずか2年…スピード離婚した30代女性の場合
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-20 06:01 ラブ
私のパートナーっていい人?誠実な人とお付き合いするために
 男は星の数ほどいれど、やっぱり誠実でいい人をパートナーにしたいですよね。不誠実な人をパートナーに選んでしまうと、恋愛も...
七味さや 2021-07-19 06:00 ラブ
“かわいい”と“美人”はどっちが得&モテる?男視点で検証
「かわいい女性」と「美人な女性」どっちがタイプなのかは、男性によって分かれますよね。でも実は、この「かわいい」と「美人」...
恋バナ調査隊 2021-07-19 06:00 ラブ
彼はどう?独占欲が強い男性の5つの特徴&上手な付き合い方
 彼氏から愛されるのはもちろん嬉しいものですが、必要以上に詮索されたり、束縛されると嫌悪感を抱いてしまいますよね。でも、...
恋バナ調査隊 2021-07-18 06:00 ラブ
面白い女性がモテない3つの理由! 対処法&狙い目の男性は?
 なぜか男性にモテない、「面白い女性」。女性からすると「一緒にいて楽しいならいいじゃん!」と思ってしまうのですが、男性目...
恋バナ調査隊 2021-07-17 06:00 ラブ
配信とのギャップにうんざり…恋人への熱量が冷めた男性の弁
「冷酷と激情のあいだvol.47〜女性編〜」では、結婚を考えている恋人との関係の変化に悩む女性・Yさんの不安をご紹介しま...
並木まき 2021-07-17 06:29 ラブ
彼がライブ配信で人気者に…関係性が変わった恋人に悩む女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-17 06:21 ラブ
彼との別れを決める前に確認するべき5つのポイント&対処法
 好きな人と付き合えたからといって、必ずしも交際が順調に進むとは限りません。価値観や考え方の違いに気づいて違和感を感じた...
恋バナ調査隊 2021-07-16 06:00 ラブ