“重い女”と思われるかも…男性が嫌がるLINEの特徴7つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-06 11:44
投稿日:2020-11-03 06:00
 コミュニケーションツールとしてとても便利なLINEですが、知らず知らずのうちに、男性から「重い女」と思われているかもしれません……。そんな気はなくても、自分では相手の重荷になっているかは気づかないもの。そこで今回は、気をつけたい「男性が嫌がるLINE」の特徴を8つご紹介します。

「重い女」が送るLINEの特徴8つ!

1. 長文ばかり送ってくる

 LINEで送るメッセージが、いちいち長文になっていませんか? 長い文章は見る人によっては、ストレスを与えてしまう可能性があります。こまめに区切ったり、返信が来るまで内容は1つの話題に絞るなど、男性が読んだ時にわかりやすく読みやすい内容を心がけましょう。

2. ネガティブ発言が多い

 ネガティブ発言は、ある意味「癖」のようなものなので、本人はなかなか気づけない場合も多いですよね。でも、どんな人でも、一緒に会話していて暗くなるよりも「楽しい!」と感じる人のほうに魅力を感じるものです。LINEを見返してみて、内容がマイナスに向かっていないかどうかをチェックしてみてくださいね。

3. 速攻で返信してくる

 いつLINEしても速攻で返信がくるというのは、意外と嫌がられるもの。ずっと監視されているような気分になりますし、こちらもすぐに返信しなくてはいけないようなプレッシャーを感じてしまうのです。返信をする時には、相手に合わせた程よいテンポで送るほうが印象が良くなりますよ。

4. 日報みたいな報告LINE

 毎日日報のように今日あった出来事をLINEしてくる女性も、「重い」と思われてしまいがち。時々、面白い出来事を報告するくらいなら可愛いかもしれませんが、聞いてもいないのに今日の出来事を毎日報告されても、正直なんて返したらいいかわからないというのが男性の本音のようです。

5. 付き合う前なのに監視してくる

 男性を束縛したがるのも、「重い女」の特徴でしょう。付き合う前でも飲み会に女性はいないか、今何をしているかなど、探りを入れていませんか? 自分の不安を和らげるために相手の行動を制限したくなってしまう、束縛癖がついているのかも……。男性は束縛されると逃げたくなってしまうそうですので、注意が必要です。

6. 重い内容の相談をLINEでしてくる

 LINEでは、あまり重たい内容を送るのはやめましょう。会って話すならまだしも、相手がLINEを読んだ時に「重いと感じるか」をよく想像してから送ることが大切です。悩んでいるなら、会う約束をして目を見て相談するのがベストです。

7. 褒め言葉を引き出そうとする

「重い女」は、不安感が強いので、自信が持てるような「言われたい言葉」を相手から引き出そうとしてしまいます。

 でも、その下心は男性には丸見え。「こう言って欲しいんでしょ」と、内心冷めた心で褒めてくれているだけかも……。

 褒め言葉は、催促しないようにしましょう。

「LINEが重い女」を脱する方法! すでに送ってしまったら?

 すでに重いLINEを送ってしまっていると気づいたら、「気づけただけでも一歩前進」したと思って行動をあらためていくことが大切。そこで、重い女を脱する方法をご紹介します。

私生活を充実させる

 そもそも、重いLINEを送ってしまう大きな原因は、女性自身の抱く不安感です。不安を持っていることで、「相手を束縛して安心したい」「常に人とつながっていたい」という感情になりやすいのです。

 まずは、スマホに依存してしまわないように、私生活を充実させてみてください。新しい趣味や資格取得など、あえて忙しい日々を作ってみるとスマホへの依存が減り、不安感もなくなってくるはずですよ。

自分の中でルールを決める

 重いLINEを送る時、多くの女性は重い内容だと意識せずに送ってしまっています。そこで、自分の中でLINEを送る際のルールを作ってみるのもおすすめです。「返信を催促しない」「文章は何行まで」など、ルールを基準にLINEを入れることで自然と重いLINEを送らなくて済むようになりますよ。

毎日を充実させて「LINEが重い女」から抜け出そう!

「重い女」の特徴は、不安や自信のなさが根本にあることが多いです。ぜひ一度自分のLINEを見返してみて、重いなと思ったら毎日を充実させてみることから始めてみましょう。きっと自分に自信がつけば、「重い女」から「大切にしたい女」に変われるはずです♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


圏外男性からの告白LINE、顔を合わせるの気まずっ!上手に断る3本立て
 異性に告白されるのは嬉しいものですが、中には好きになれない相手、恋人として見れない相手からの告白もありますよね。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-04 06:00 ラブ
アラフォー世代以上の婚活成功の近道は「ありのまま」より「ちょいモテ」
 アラフォー、アラフィフという年齢に達してから慌てて婚活をスタートさせる女性が少なくありません。  しかし「ありのまま...
内藤みか 2024-05-02 06:00 ラブ
好きになった彼はモテ男でした。ライバルに勝ち、選ばれる女になる法5つ
 たまたま好きになった人がとてもモテると、恋のライバルも当然多いはず。中には積極的なライバルもいて、自分の恋を諦める人も...
恋バナ調査隊 2024-04-29 06:00 ラブ
40代既婚男性が20代女子からモテる謎…理由5つと夫に浮気心が出る面倒
 40代の既婚男性は、実は20代の若い女子に特にモテるといわれています。「なぜ40代の既婚者なのに、若い女子からモテるの...
恋バナ調査隊 2024-04-27 06:00 ラブ
22時半すぎ「さみちぃ!さみちぃ!!」連投⇒30分後のレスに激おこで“こじらせ40代独女”と見なされた件
 40代の女性は立派なオトナ! 豊富な恋愛経験に魅力を感じる男性も多々いるでしょう。  しかし、固定観念や思考の癖...
恋バナ調査隊 2024-04-27 06:00 ラブ
バツ2の恋人を「リゾート地の愛の巣で癒してあげたい…」と夢見る50歳男性、実はご無沙汰な夜生活に悶々
「冷酷と激情のあいだvol.192〜女性編〜」では、好きではなかった男性・ヨシテルさん(50歳・仮名)から懇願され、形式...
並木まき 2024-04-27 06:00 ラブ
2人の老後を妄想する50代彼が「不気味」と女、行き場のない憎悪どうする
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-27 06:00 ラブ
石原さとみ主演「Destiny」3話に賛否!元彼との“裏切りキス”はええの?
 石原さとみ(37)主演のドラマ「Destiny」(火曜夜9時、テレビ朝日系)第3話で描かれたあるシーンが物議を醸してい...
【漫画】「Hなビデオで見るやつ!」奥手な女が初めてのハプバーに驚愕
 インタビューにも登場した、まおいつかさんの漫画『ヤリマンになりたい。』を特別掲載!   32歳までセカンドバージ...
2024-04-26 06:00 ラブ
【漫画】32歳の地味女、ヤリマンの友達と行った場所がヤバすぎた!
 インタビューにも登場した、まおいつかさんの漫画『ヤリマンになりたい。』を特別掲載!   32歳までセカンドバージ...
2024-04-26 06:00 ラブ
【独占】「ハプバーは遊園地」ヤリマンに憧れる女が見た刺激的すぎる光景
 漫画『ヤリマンになりたい。』(小学館)。その直球すぎるタイトルから、ドン引きするようなヤリマンエピソードが満載なのかと...
河合桃子 2024-04-27 11:59 ラブ
【独占】いきなり“ヤリマン願望”宣言した漫画家のモヤモヤと裸への価値観
 青年コミック誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で連載中の『ヤリマンになりたい。』。そのド直球すぎるタイトルを描...
河合桃子 2024-04-26 06:00 ラブ
40女が再認識した“超絶モテ”作法 合コンの絶対的エースに学ぶ3本柱とは
 先日、大学時代の友人・Rちゃんと久しぶりに食事に行きました。このRちゃん、学生時代は「合コンの絶対的エース」でした。 ...
一生添い遂げる相手を見つけるのは不可能!?日本の結婚制度限界じゃない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  婚活がうまく...
豆木メイ 2024-04-23 06:00 ラブ
【推し活の落とし穴】推しへのガチ恋で婚期を逃し、心も懐も寂しくなった
 あなたには“推し”がいるでしょうか? アイドルやイケメン俳優、アニメキャラなどを熱烈に応援する“推し活”は、オトナの女...
恋バナ調査隊 2024-04-22 06:00 ラブ
48まで男を知らなかった私、無修正のAVがこじれたSEX感を植え付けた
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っている...
mirae.(みれ) 2024-04-22 06:00 ラブ