出会いがないと嘆く40代独女に気付いて欲しい12のこと。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-14 19:07
投稿日:2020-11-17 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。
「結婚はシンプルなもの」
「結婚はシンプルなもの」

case3-3.佐伯京香さん(仮名/47歳)

日本仲人協会様よりご紹介いただいた佐伯京香さん(仮名/47歳)は今月、お相手の三島敦さん(仮名/46歳)の誕生日に入籍予定とのこと。

 初対面はZoomお見合いだったそうですが、敦さんに対して「誠実な人」という印象を抱いたと言います。敦さんのどこに「誠実さ」を感じたのでしょうか。

マイナス面を自分から打ち明けた誠実さ

誠実だから信頼できた(写真:iStock)
誠実だから信頼できた (写真:iStock)

「初めてのお見合いのときに、自身の事情を包み隠さず話してくれたんです。『隠してもいつかは話さなければいけないことなので、今すべてお話しします。自分には離婚歴があり、子ども3人の養育費を支払っています。NPO法人に勤めている職業柄、この先年収が倍になることはないので、経済面ではあまり贅沢はさせてあげられないかもしれません』と。

 経済的な実像をはぐらかそうとする方もいらっしゃったので、最初からストレートに言うのは男らしいし誠実だなと思いました」

 マイナスポイントを初回で話すのは、勇気がいります。臆せず話したのは、「自分はある程度稼いでいるから、お相手の収入は気にしない」京香さんが相手だったからかもしれません。

「誠実」と感じる基準は人それぞれ。婚活中は他者のアドバイスに傾倒するのではなく、自分基準で「誠実さとはなにか」を見極めておくといいのかもしれません。

 敦さんを「誠実」と評する京香さんも同じく、誠実なお人柄です。インタビュー中、取材を受けるのが初めてとは思えないほどわかりやすく話してくださるので、「さすが東大卒だけあり、お話しの内容が明確です!」と伝えたところ、「今日お話ししようと思ったことを、予習としてメモ帳にまとめているからだと思います」との答えが。

清野さん&生田さん夫婦に見る結婚のカタチ

結婚の“決め手”は「誠実」だった?(C)日刊ゲンダイ
結婚の“決め手”は「誠実」だった? (C)日刊ゲンダイ

 事前に話すことをまとめておく。真面目で相手に真心を込められる人柄でなくては実行しない事柄です。メモにまとめることが誠実さの絶対条件とは断言しませんが、筆者が3500人以上取材してきた中で、あらかじめメモをしてきてくださったのは10人ほどでしょうか。もっとも印象的だったのは、先日結婚した女優、清野菜名さん。

 筆者は、「今日がインタビューを受けるのが初めてなのです。緊張しています……」というタレントさんを、おそらく600人以上は取材しています。筆者が“インタビュー処女”をいただいた清野さんも、その1人。当日、取材ルームで合流すると、緊張した面持ちで企画書とご自身のメモを熱心に見比べていました。その姿があまりにもかわいらしく、「せっかく書いてきてくださったので、メモも見せていただいてよろしいですか?」と聞くと、はにかみながら手渡してくれた記憶がいまでも残っています。

 別案件で旦那様の生田斗真さんにも取材しましたが、清野さんに負けず劣らず誠実な方でした。「夫婦は合わせ鏡」という言葉がありますが、生田さんと清野さんは、「他者に誠実であること」という価値観が一致したのかもしれません。「夫婦関係は修行」という言葉もあり、正反対の気質同士が婚姻するケースも珍しくありませんが、個人的に京香さんと敦さんは「誠実」というワードでつながったような気がします。

大人婚の動機は「シンプル」でもいい

結婚に決め手が「お好み焼きが上手」でもいいじゃない(写真:iStock)
結婚に決め手が「お好み焼きが上手」でもいいじゃない (写真:iStock)

 お2人は価値観の一致で自然と惹かれ合い、都内に住む京香さんが敦さんの住む長野県東部へ通い、デートを重ねました。京香さんは3度目のデートで、「敦さんと結婚したい」と思ったそうです。

「敦さんがつくってくれた、お好み焼きがものすごくおいしかったんです。2人とも関西人で、世の中で一番好きな食べ物がお好み焼き。一番好きな食べ物をつくってくれて、それがすごくおいしいというだけで『この人だ!』と思いました。胃袋をつかまれたんです(笑)」

 お見合いで京香さんが希望した条件は、「動物OK」のみ1点。そして、世界で一番好きな食べ物であるお好み焼きをつくるのが上手だったので、敦さんと結婚したいと思いました。

 理由が非常にシンプルです。

 ですが京香さんの話を聞いていると、年齢を問わず「結婚の動機は単純でいいのかもしれない」と思いました。初恋の頃に感じた、「この人、素敵!」と、心の底から思えればいいのかな、と。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ
付き合っていることを隠す彼氏の男性心理5つ&NG行動は?
 せっかく彼氏ができても、付き合っていることを周囲に隠されていると、「もしかして遊ばれているのかな……」「私を紹介するの...
恋バナ調査隊 2021-05-04 06:00 ラブ
一番に顔が思い浮かぶのは…? パートナーとの価値観の違い
 うれしいことやつらいことがあった時に、いちばんに思い浮かぶのは誰の顔ですか? 誰に真っ先に伝えたいと思うでしょうか? ...
七味さや 2021-05-03 06:00 ラブ
理系女子の恋愛あるある5つ♡ 相性バツグンの男性の特徴は?
 いつも理論的な、「リケジョ」こと理系女子。頭の回転が早くて、なんとなく甘えるのが苦手そうな彼女たちは、いったいどんな恋...
恋バナ調査隊 2021-05-03 06:00 ラブ
やっぱりピュアな人が一番モテる♡ 心が綺麗な女性の特徴7つ
 心がピュアな女性というと、真っ白くて純粋な心を持ち、人の苦しむ姿に涙する……なんて、まさに、“デキた人柄”を思い浮かべ...
恋バナ調査隊 2021-05-02 06:00 ラブ
コロナ禍のLINE恋愛術5選♡彼との距離をぐっと縮めよう
 長引くコロナ禍によって、人と会う機会が大幅に減ってしまった昨今。その影響は、これから彼氏を作ろうと思っていた女性たちに...
恋バナ調査隊 2021-05-02 06:00 ラブ
運命の結婚相手とは相性が悪いという少しスピリチュアルなお話
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。出会って一緒になった運命の相手。結婚披露宴は人生で一番と言っていいほど“自分...
山崎世美子 2021-05-01 12:56 ラブ
法律婚から事実婚へ…結婚関係の格下げを提案された夫の狼狽
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-01 06:22 ラブ
この人とはもう無理…法律婚を解消し事実婚を望んだ妻の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.37〜男性編〜」では、法律婚をしていた妻から「事実婚」への変更を提案され、どうしても受け入れ...
並木まき 2021-05-01 06:19 ラブ
ルノルマン占い〜5月の恋愛運〜 後半の混乱期を乗り切るには
 ルノルマンカードとは、18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トラ...
七色翡翠 2021-05-01 06:00 ラブ
コロナ禍の結婚はコスパ良し? これからの婚活方法を考える
 新型コロナウィルスの猛威により、外出自粛生活が始まって早一年。3度目の緊急事態宣言が発令され、マスクなしで生活ができる...
田中絵音 2021-04-30 06:00 ラブ
“ギャップモテ”したい女子必見♡ 男性が惚れる7つのケース
 いつもキツい女性がふいに見せる笑顔や、強気な女性が弱音を吐く瞬間など、いわゆる“女性のギャップ”に弱い男性は多いです。...
恋バナ調査隊 2021-04-30 06:00 ラブ
コロナ禍で登山女子にモテ期到来も…素直に喜べない理由とは
 近ごろ、アウトドアは大注目のレジャーとなっています。それと同時に、登山好きな女性やキャンプが好きな女性が、男性からかな...
内藤みか 2021-04-29 06:00 ラブ