平手・白石「国民的グループのエース」女優成功は難しい!?

こじらぶ ライター
更新日:2020-11-14 06:00
投稿日:2020-11-14 06:00

どうなる?平手友梨奈・白石麻衣の“女優道”

今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!?/(C)日刊ゲンダイ
今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!? /(C)日刊ゲンダイ

 2020年は1月に欅坂46から平手友梨奈(19)が脱退、10月に乃木坂46から白石麻衣(28)が卒業し、坂道シリーズの2大エースがそれぞれグループを巣立った。脱退から10カ月の平手はすでに撮影済みの来年公開予定の映画が2本、控えている。卒業したての白石も現在のところ大きな出演作の発表はないが、グループ在籍時代の経験からマルチな活動をしつつ女優業へ本格参戦するだろう。今回は女優として活躍しているアイドルOGの成功例を交えながら、平手、白石の今後を占っていきたい。

 まず2人に共通していることは「国民的グループ(簡易な定義として紅白連続出場、ミリオンヒット記録保持)出身」、「グループのエース格」の2点だ。しかし、この条件を満たすアイドルOGが女優として成功するのは意外にも難しいようだ。お茶の間に浸透しているアイドル時代のイメージを払拭しなければならないからだ。

“実は元アイドルだった”の系譜はあるが…

 元東京パフォーマンスドールの篠原涼子(47)や仲間由紀恵(41)などのちに女優として大ブレイクを果たし、“実は元アイドルだった”という経歴の持ち主はいるものの、「国民的グループ出身」、「グループのエース格」という2つの条件を満たした上で大成した女優は多くない。90年代以降、モーニング娘。やSPEEDといったグループが国民的人気を博したが、全盛期主要メンバーで女優として成功したメンバーはいなかった。

 そんな前例を覆し、前述の2つの条件下で女優成功組の先駆者となったのはAKB48不動のエース、前田敦子(29)だろう。

安易にママタレ路線に転向する必要もない

テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田/(C)日刊ゲンダイ
テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田 /(C)日刊ゲンダイ

 キラキラして華やかな集団の先頭にいる“AKB48のあっちゃん”というイメージを持たれながらも、グループ卒業後には繊細さや傷つきやすさをリアルに出したホラー映画「クロユリ団地」、キュートながら裏では小悪魔的な表情を見せる「イニシエーション・ラブ」で主演を務め、いずれも興行収入10億円超えを果たし結果も残した。

 この他の出演作でもアイドル時代の“あっちゃん”のイメージとは異なるキャラクターで数々の名監督から高い評価を受け、以降もオファーが絶えない。18年に結婚し1子の母となった現在も安易にママタレ路線に転向せず、19年には「旅の終わり世界のはじまり」、「マスカレード・ホテル」など5つの出演作が評価され、TAMA映画賞最優秀女優賞を受賞した。

“天真爛漫でいつも笑顔”以外の真価

童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…!/(C)日刊ゲンダイ
童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…! /(C)日刊ゲンダイ

 AKB48時代、前田と共にツートップの一角だった大島優子(32)も成功したレアなケースだろう。そもそも子役上がりで演技に情熱を持っていた彼女だが、卒業後には映画「紙の月」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。宮沢りえ(47)演じる主人公を破滅へと向かわせる小悪魔的キャラクターで、これまた“天真爛漫でいつも笑顔”なアイドル大島のイメージを覆した。17年には幸薄なアラサー女子役で出演したドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)が大ヒット。19年連続テレビ小説「スカーレット」(NHK)では地味なおばさん役を好演し、「元AKB48」のイメージが無くなったと評価を受けた。

パーソナルイメージからの脱却

 前田と大島、この2人に共通していえるのは、やはりアイドル時代のイメージをそのまま引きずることなく、見る者に「こんな顔もあるんだ」と思わせることに成功したことだ。それを重ねるうちにいつしか「元AKB48のエース」から役そのものとして見てもらえるようになったのではないか。また、監督や大物共演者から高い評価を得ていることでお茶の間の「アイドル的人気」に固執せずともオファーが絶えないともいえるだろう。

エンタメ 新着一覧


小室圭さん卒業式に姿なく…眞子さまと「海外婚」に現実味
 3年間のアメリカでの大学院生活を終えた、秋篠宮家長女・眞子さま(29)の婚約内定者である小室圭さん(29)。留学先の米...
2021-06-02 17:03 エンタメ
ドン・ファンの墓に「早貴」と刻まれ…命日に遺族が嫌悪
(ジャーナリスト・吉田隆) 「紀州のドン・ファン」こと和歌山県田辺市の資産家・野﨑幸助氏(享年77)が亡くなって3回目...
2021-06-02 17:03 エンタメ
有吉弘行に「電波少年」は黒歴史 毛嫌いする「2つの理由」
 テレビのバラエティー番組でその姿を見ない日はなく、最近はフリーアナの夏目三久(38)を妻にめとり、まさにこの世の春を謳...
2021-06-01 17:03 エンタメ
新垣結衣も? 結婚・出産後も女性芸能人が輝き続ける理由
 結婚を発表した新垣結衣(32)と星野源(40)に"祝福の嵐"が今なお続いている。  最近まで北川景子(34)に水川あ...
2021-06-01 17:03 エンタメ
米倉涼子「ドクターX」出演へ ギャラ半減でも承諾したワケ
 これまで固辞し続けてきたドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の続編に出演することを承諾したというのだ。ドラマを支...
2021-06-01 17:03 エンタメ
深キョンが「適応障害」に…ここらでちょっと休みましょう
【山田邦子 人生いろいろ】#55  深田恭子さん・深キョンが急きょ仕事を休むことに。もしや結婚か? 妊娠か? 事件か?...
2021-06-01 17:03 エンタメ
「キックの鬼」こと沢村忠を生んだ“名プロモーター”野口修
【芸能界と格闘技界 その深淵】#1  2021年3月26日。キックボクシングの第一人者にして昭和の格闘技界のスーパース...
2021-06-01 17:03 エンタメ
「さんまのスーパーからくりTV」で人気 下地敏雄さんは今
【あの人は今こうしている】  下地敏雄さん(65歳・元中学教諭、教育アドバイザー)  1992年から2014年までT...
2021-05-31 17:03 エンタメ
PANTAはトリ前に「物真似猿の大行進が始まる」と歌った
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#47  コロナ禍にあって御年71ながら、軽やかなフットワークでライブ活動を続...
2021-05-31 17:03 エンタメ
夏木マリ「おかえりモネ」10年前の“悶着”を黙らせる演技力
 5月17日にスタートしたNHK朝ドラ「おかえりモネ」。主演の清原果耶(19)は、気象予報士を目指す永浦百音(愛称モネ)...
2021-05-31 17:03 エンタメ
ジョニー小野さん 水道橋博士運転手と3業種会社社長も兼務
【役者・芸人「貧乏物語」】  ジョニー小野さん(41歳)  現在、運転手を務める浅草キッドの水道橋博士さんと親戚だと...
2021-05-31 17:03 エンタメ
守永真彩さん イスラボニータの種付け、マーヤ初勝利の1枚
【私の秘蔵写真】  守永真彩さん(タレント/29歳)  元グラビアアイドルで現在は競馬番組でおなじみのタレント、守永...
2021-05-31 17:03 エンタメ
吉永小百合は涙で…我慢の限界で加速する小池知事への反旗
 我慢の限界という悲鳴があっちでもこっちでも上がっている。  20日に神奈川県内で行われた映画「茜色に焼かれる」の上映...
2021-05-30 17:03 エンタメ
明日海りおはドラマで快進撃 存在感増す元宝塚トップたち
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  昨今、宝塚の元トップスターの活躍がめざましく、ファンとしてはうれしい限り。これま...
2021-05-30 17:03 エンタメ
高橋ひかるが早口マシンガントークで開花 原点はラジオ愛
【今週グサッときた名言珍言】 「一応、まだ清純のつもり」(高橋ひかる/テレビ東京「あちこちオードリー」5月19日放送)...
2021-05-30 17:03 エンタメ
深田恭子を襲ったストレスの“正体”…降板ドラマでも迷走劇
 5月26日、深田恭子(38)が適応障害のため休養に入ると発表された。7月期の木曜22時の主演ドラマ(フジテレビ系)がク...
2021-05-30 17:03 エンタメ