食べるスープ!「豚肉と春雨・豆腐のピリ辛酸辣小鍋仕立て」

コクハク編集部
更新日:2021-02-21 06:00
投稿日:2021-02-21 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・葛西の「大衆割烹 大菊」の大羽昌美さんに、スープと麺の“いいとこ取り”おつまみ「豚肉と春雨・豆腐のピリ辛酸辣小鍋仕立て」のレシピを教えていただきました。
合う酒=ビール、焼酎、紹興酒(C)コクハク
合う酒=ビール、焼酎、紹興酒 (C)コクハク

「他のお店の料理は参考になります。これも外食がきっかけになりひらめいたものです」

 見た目は中華の酸辣湯麺。しかし、麺ではなく春雨で作るのがポイントです。

 記者も酸辣湯麺は好きですが、さすがに酒のアテとしては重すぎます。かといってスープのみの酸辣湯では物足りない。スープを吸って食感もある春雨はその中間、両者のいいとこ取りです。

「水菜などはあくまで彩りのためにのせました。なければないで構わない。そこはあまりこだわる必要はありませんよ。これは酸辣湯麺を食べていたとき、『春雨でも作れそうだ』と思ったのがきっかけです。他にもチェーン店のメニューからヒントを得ることもあります。チェーン店は味はともかく、面白い料理が多い。そもそも世の中には自分が知らないことなんてたくさんあるんです。自分とは違う他人の発想は、本当に参考になります」

材料

具材
・豚バラスライス 2枚
・絹豆腐 半丁
・春雨  適量
・刻みネギ 適量
・細切りタケノコ 適量
・シイタケ 2分の1個
・きくらげ 少々

スープ
・水 200㏄
・醤油 大さじ1
・ゴマ油 小さじ1
・中華スープのもと 小さじ1.5
・ラー油 小さじ1
・豆板醤 適量
・酢 大さじ1
・水溶き片栗粉 少量
・卵 1個
・水菜や三つ葉・糸唐辛子 必要ならそれぞれ適量

レシピ

(1)酢・片栗粉・卵以外のスープ材料を鍋で混ぜ合わせて、具材を入れて火にかける
(2)豚肉に火が通ってふつふつと沸いたら、水溶き片栗粉でとろみをつけてから、溶き卵、酢の順番で入れる。最後に水菜や糸唐辛子で飾って完成

本日のダンツマ達人…大羽昌美さん

▽大羽昌美(おおば・まさみ)
 東京都出身。高校中退後、1年間「大菊」でアルバイトをしてから、料理人になるため大阪で7年修業。その後、東京に戻って後を継ぐ。「大阪の割烹屋は寿司でも鍋でも、何でもやる店が多い。寿司も握れますよ」

▽大衆割烹 大菊
 大羽さんの父と叔父が1980年に共同で開店したのが始まり。和食を中心とした豊富なメニュー、豊洲市場から仕入れた新鮮な魚介類が売り。地元中心に常連が多く、「飽きさせないため、おすすめメニューを頻繁に変えています」とは大羽さん。東京都江戸川区東葛西6―4―2。

関連キーワード

フード 新着一覧


「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...