食べるスープ!「豚肉と春雨・豆腐のピリ辛酸辣小鍋仕立て」

コクハク編集部
更新日:2021-02-21 06:00
投稿日:2021-02-21 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・葛西の「大衆割烹 大菊」の大羽昌美さんに、スープと麺の“いいとこ取り”おつまみ「豚肉と春雨・豆腐のピリ辛酸辣小鍋仕立て」のレシピを教えていただきました。
合う酒=ビール、焼酎、紹興酒(C)コクハク
合う酒=ビール、焼酎、紹興酒 (C)コクハク

「他のお店の料理は参考になります。これも外食がきっかけになりひらめいたものです」

 見た目は中華の酸辣湯麺。しかし、麺ではなく春雨で作るのがポイントです。

 記者も酸辣湯麺は好きですが、さすがに酒のアテとしては重すぎます。かといってスープのみの酸辣湯では物足りない。スープを吸って食感もある春雨はその中間、両者のいいとこ取りです。

「水菜などはあくまで彩りのためにのせました。なければないで構わない。そこはあまりこだわる必要はありませんよ。これは酸辣湯麺を食べていたとき、『春雨でも作れそうだ』と思ったのがきっかけです。他にもチェーン店のメニューからヒントを得ることもあります。チェーン店は味はともかく、面白い料理が多い。そもそも世の中には自分が知らないことなんてたくさんあるんです。自分とは違う他人の発想は、本当に参考になります」

材料

具材
・豚バラスライス 2枚
・絹豆腐 半丁
・春雨  適量
・刻みネギ 適量
・細切りタケノコ 適量
・シイタケ 2分の1個
・きくらげ 少々

スープ
・水 200㏄
・醤油 大さじ1
・ゴマ油 小さじ1
・中華スープのもと 小さじ1.5
・ラー油 小さじ1
・豆板醤 適量
・酢 大さじ1
・水溶き片栗粉 少量
・卵 1個
・水菜や三つ葉・糸唐辛子 必要ならそれぞれ適量

レシピ

(1)酢・片栗粉・卵以外のスープ材料を鍋で混ぜ合わせて、具材を入れて火にかける
(2)豚肉に火が通ってふつふつと沸いたら、水溶き片栗粉でとろみをつけてから、溶き卵、酢の順番で入れる。最後に水菜や糸唐辛子で飾って完成

本日のダンツマ達人…大羽昌美さん

▽大羽昌美(おおば・まさみ)
 東京都出身。高校中退後、1年間「大菊」でアルバイトをしてから、料理人になるため大阪で7年修業。その後、東京に戻って後を継ぐ。「大阪の割烹屋は寿司でも鍋でも、何でもやる店が多い。寿司も握れますよ」

▽大衆割烹 大菊
 大羽さんの父と叔父が1980年に共同で開店したのが始まり。和食を中心とした豊富なメニュー、豊洲市場から仕入れた新鮮な魚介類が売り。地元中心に常連が多く、「飽きさせないため、おすすめメニューを頻繁に変えています」とは大羽さん。東京都江戸川区東葛西6―4―2。

関連キーワード

フード 新着一覧


「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「春かつおの梅しそ酒盗和え」季節感あるさっぱりした味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「レンコンの醤油焼き」味と香りとサクサク食感を楽しめる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤ...
「フレッシュマッシュルームのサラダ」薄く切るほど美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「ほうれん草と卵のナムル」計量スプーンで手軽にタレ作り!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
市販のサラチキで簡単おつまみ「鶏むね肉のカチョエペペ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「酒呑みのポテトサラダ」燻製たくあんとカレー粉を“後のせ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「やみつき白菜」塩昆布&ゴマ油&にんにくの“最強トリオ”で
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
スープストックタイリョー 2021.4.4(日)
 一人暮らしです、わびしいです。朝からせっせと食事を作る元気はありません。張り合いもありません。それでも、毎日朝はやって...
甘さと辛さの“無限ループ”に陥る…「ピリ辛ナスの煮びたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...