まるでステーキ! 分厚さが魅力の「ポークのしょうが焼き」

コクハク編集部
更新日:2019-09-12 18:12
投稿日:2019-08-06 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・外苑前の「ごはんやパロル」の桜井莞子さんに、夏バテ対策にもピッタリな「ポークのしょうが焼き」のレシピを教えていただきました。

粗みじんのしょうがをたっぷり

合うお酒=赤ワイン(C)コクハク
合うお酒=赤ワイン (C)コクハク

 しょうが焼きの香りというのは、なぜこうも食欲をそそり、酒欲をかき立てるのでしょう。食堂で、酒場で、誰かが頼んだが最後、そんなつもりはなくても、連鎖反応的に「しょうが焼き」と口をついて出てしまいます。「パロル」のお客もご多分にもれず。

「“ごはんやパロル”のときからの人気メニューです。ウチのしょうが焼きは分厚いのが自慢で、しょうがの量もたっぷり。すりおろしではなく粗くみじん切りにしてトッピングしてしまいます」

 幅1センチはあろうかというしょうが焼きは、ポークソテーかステーキかといった迫力です。このたたずまいと甘辛ソースには、ビールでも日本酒でもなく、赤ワインがよく合います。爽やかなしょうがの香りはもちろん、シャキシャキとした食感も楽しめます。ふっくらジューシーな焼き加減も絶妙。 お酒が止まりません。

「焼くときは少なめの油で、弱火でじっくりと。たっぷりのお酒を入れるのは、まろやかにするのはもちろんですが、焦がさないため。お酒の熱でお肉に火を通すんです。フライパンもオムレツ用くらいの小さいもののほうが失敗がないと思います」

材料

・豚肉(厚切り) 1枚
・しょうが 30~50グラム
・にんにく 2分の1片
・サラダ油 適量
・酒 50ミリリットル
・醤油 大さじ1と2分の1
・塩、コショウ、小麦粉、ベビーリーフ 各 適量

レシピ

1. 豚肉は塩、コショウで下味をつけ、小麦粉を薄くはたく。しょうがとにんにくはみじん切りにする。
2. フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を入れて両面を弱火でじっくり焼く。
3. 酒、しょうが、にんにくを加えて強火にしてフライパンをあおり、全体に火が通ったら醤油を加え、煮汁がなくなったら火を止める。
4. 皿に盛り、ベビーリーフを添える。

本日のダンツマ達人…桜井莞子さん

▽さくらい・えみこ
 デザイン会社に勤務の後、1988年にケータリング会社を立ち上げる。94年に東京・西麻布に「ごはんやパロル」を開くが、2004年に閉店して伊豆に転居。料理教室を主宰していたが、14年、71歳で再び青山に店を開く。

▼ごはんやパロル
 東京メトロ外苑前駅から徒歩2分。何げないけれど、まっとうで上等な家庭料理を、伊豆で作陶する陶芸家・黒田泰蔵さんの白磁で味わえる。おいしい料理とお酒とともに器も楽しめる店。
東京都港区南青山2―22―14 フォンテ青山101
℡03・6434・5959
18~22時(LO)/土・日・月・祝定休

(日刊ゲンダイ2019年4月12日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「爆速ドリア」で料理上手な女になった? 2022.11.26(土)
 絶対に作りたい。  記事を読んだ瞬間、そう心に誓った料理がある。爆速クリエイターおよねさんが教えてくれた「革命的...
「イカの雲丹醤油つぶつぶ和え」ここぞという日の贅沢おつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「ハタハタの唐揚げ 山椒あんかけ」あんかけで和食上級者に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「革命的シーフードドリア」片栗粉でホワイトソースを作る!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-21 06:00 フード
「福井ポーク、上庄里芋の黒糖炒め」黒糖で野菜をおいしく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「アペロ」って知ってる?成城石井で買うお手軽1本はこれ!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-16 06:00 フード
「油あげのお袋煮」なんでも詰めちゃう“おばあちゃん”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、懐かし...
「豆苗のベビースター和え」ふりかけ感覚で簡単&クセになる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、1分で...
脳がバグる「カップヌードル 餃子 ビッグ」2022.11.10(木)
「すいませーん、ラーメンと餃子ください」  40年ちょい生きてきて過去何回、このセリフを言ったことでしょう。ラーメンと...
「『大芽園』風焼きそば」麺とモヤシ! 今はなき“名店”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
爆速「オートミールお好み焼き」フライパンでまぜて焼く!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-07 06:00 フード
つまみになるご飯!「納豆チャーハン」をパラパラに作るコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
「タコとジャガイモのエスカルゴバター」魚介類との相性抜群
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
覚王山フルーツ大福「弁才天」実食レポ! 2022.11.3(木)
 いま流行りのフルーツ大福。大行列で話題の覚王山フルーツ大福「弁才天」に行って参りました。  朝から並ばないと売り切れ...
ブームの「ノンアルワイン」ぶっちゃけ、本当においしいの?
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-02 06:00 フード
餃子の皮で再現! ロシア風餃子をアレンジした「ペリメニ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...