スープストックタイリョー 2021.4.4(日)

コクハク編集部
更新日:2021-04-04 06:00
投稿日:2021-04-04 06:00

朝食は活力の源、元気の源

食物繊維もたっぷり(C)コクハク
食物繊維もたっぷり (C)コクハク

 一人暮らしです、わびしいです。朝からせっせと食事を作る元気はありません。張り合いもありません。それでも、毎日朝はやってきます……とまあ、ご託を並べてばかりでもいられません。

 朝食は活力の源、元気の源。毎日極力食べるように心がけているのですが、withコロナの生活になってから継続しているのが、スープストックな生活です。一度に仕込む量はとにかくたくさん。日中、仕事の合間を見計らって大きなお鍋いーっぱいにこしらえます。

 レシピは珍しくもなければ、目からウロコでもありません。ただただ基本に忠実。どこにでもあるスープの作り方です。おさらいしてみましょう。

・残り物の野菜2種類以上(うち根野菜が入っていると、食べ応えが増してなおベター)
・うまみとなるもの(ハム、ベーコン、油揚げなど)
・2種類以上のハーブ類(ローリエ、クミン、イタリアンパセリ、ローズマリーなど)

 この“三種の神器”さえ用意できれば、あとは、水と塩と一緒に「弱火でコトコト煮込む」だけ。えぐみなどが出てきてしまうので、ぐらぐらと沸騰させないよう、やさしく見守りながら愛でるように煮込みましょう(←この気持ちが大切)。

とある日のサツマイモごろごろスープのレシピ

3日分ぐらいでしょうか(C)コクハク
3日分ぐらいでしょうか (C)コクハク

 ここ数カ月のお気に入りは、サツマイモを入れたスープでした。火を入れるとほんのり甘くてホックホク、胃腸にもやさしい気がします。

【材料】

・サツマイモ (小)2本
・にんじん 1/2本
・玉ねぎ 1個
・きのこミックス 適量
・ベーコン 2枚
・生のハーブ、クミン、ローリエ 適量
・塩 ひとつまみとちょっと

 きのこは数種類買ってきて天日干し→冷凍庫にてスタンバイ。水分が抜けたきのこを冷凍すると、さらに食感と旨味が増すといわれています。なにより冷蔵庫で干からびる心配もありません。ものすごーく重宝しますので、ぜひお試しを。

ハーブ類も冷凍庫でストック

根野菜などを先に煮込み、のちほど玉ねぎをイン(C)コクハク
根野菜などを先に煮込み、のちほど玉ねぎをイン (C)コクハク

 ハーブ類も冷凍しておきます。スーパーでよく見かけるパックなアレは一度に使い切るのがなかなか難しい(なにせ一人暮らしなもので・苦笑)。なので、数種類買ってきては流水で洗い、水気を十分に切ってから粗みじん切りにし、保存袋に入れて冷凍庫へ。

 ご想像どおり、出来上がり時はかなり薄味です。「塩は後からでも足せる」の法則ですね。当日の朝、小鍋に移して温める際に必要あれば塩を加え、最終的に調節。そしてコショラーなので、器に盛った後、黒コショウをゴリゴリゴリッと挽き入れます。ものぐさではありますが、そのぐらいはやります。

 それでも市販の顆粒コンソメなど入れずとも、満足感の高い優しい味わいのスープができます。なにより、昨夜のお酒が軽く残っていても朝ごはんが楽しみに……!

春野菜でスープストックタイリョー生活を継続

2日目は豆乳で“味変”!(C)コクハク
2日目は豆乳で“味変”! (C)コクハク

 季節はすっかり春。新じゃが、新にんじん、新玉ねぎ、春きゃべつ……あなたたちが入れば、やっぱり、一人ぼっちの朝食もわびしくない!(苦笑)

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
スーパーの安価なマグロが早変わり!「ねっとり漬けマグロ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「空豆のからすみはさみ揚げ」一品で2つの風味が味わえる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「春かつおの梅しそ酒盗和え」季節感あるさっぱりした味わい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「レンコンの醤油焼き」味と香りとサクサク食感を楽しめる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...
「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤ...
「フレッシュマッシュルームのサラダ」薄く切るほど美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「ほうれん草と卵のナムル」計量スプーンで手軽にタレ作り!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
市販のサラチキで簡単おつまみ「鶏むね肉のカチョエペペ風」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「酒呑みのポテトサラダ」燻製たくあんとカレー粉を“後のせ”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
「やみつき白菜」塩昆布&ゴマ油&にんにくの“最強トリオ”で
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・四谷三丁目の「Beer, etc.」の鵜...
甘さと辛さの“無限ループ”に陥る…「ピリ辛ナスの煮びたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...
「ササミとザーサイの和え物」食感と薬味の辛味が小気味いい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地の「すぽーつ居酒屋おかだ」の岡田晋平...