スープストックタイリョー 2021.4.4(日)

コクハク編集部
更新日:2021-04-04 06:00
投稿日:2021-04-04 06:00

朝食は活力の源、元気の源

食物繊維もたっぷり(C)コクハク
食物繊維もたっぷり (C)コクハク

 一人暮らしです、わびしいです。朝からせっせと食事を作る元気はありません。張り合いもありません。それでも、毎日朝はやってきます……とまあ、ご託を並べてばかりでもいられません。

 朝食は活力の源、元気の源。毎日極力食べるように心がけているのですが、withコロナの生活になってから継続しているのが、スープストックな生活です。一度に仕込む量はとにかくたくさん。日中、仕事の合間を見計らって大きなお鍋いーっぱいにこしらえます。

 レシピは珍しくもなければ、目からウロコでもありません。ただただ基本に忠実。どこにでもあるスープの作り方です。おさらいしてみましょう。

・残り物の野菜2種類以上(うち根野菜が入っていると、食べ応えが増してなおベター)
・うまみとなるもの(ハム、ベーコン、油揚げなど)
・2種類以上のハーブ類(ローリエ、クミン、イタリアンパセリ、ローズマリーなど)

 この“三種の神器”さえ用意できれば、あとは、水と塩と一緒に「弱火でコトコト煮込む」だけ。えぐみなどが出てきてしまうので、ぐらぐらと沸騰させないよう、やさしく見守りながら愛でるように煮込みましょう(←この気持ちが大切)。

とある日のサツマイモごろごろスープのレシピ

3日分ぐらいでしょうか(C)コクハク
3日分ぐらいでしょうか (C)コクハク

 ここ数カ月のお気に入りは、サツマイモを入れたスープでした。火を入れるとほんのり甘くてホックホク、胃腸にもやさしい気がします。

【材料】

・サツマイモ (小)2本
・にんじん 1/2本
・玉ねぎ 1個
・きのこミックス 適量
・ベーコン 2枚
・生のハーブ、クミン、ローリエ 適量
・塩 ひとつまみとちょっと

 きのこは数種類買ってきて天日干し→冷凍庫にてスタンバイ。水分が抜けたきのこを冷凍すると、さらに食感と旨味が増すといわれています。なにより冷蔵庫で干からびる心配もありません。ものすごーく重宝しますので、ぜひお試しを。

ハーブ類も冷凍庫でストック

根野菜などを先に煮込み、のちほど玉ねぎをイン(C)コクハク
根野菜などを先に煮込み、のちほど玉ねぎをイン (C)コクハク

 ハーブ類も冷凍しておきます。スーパーでよく見かけるパックなアレは一度に使い切るのがなかなか難しい(なにせ一人暮らしなもので・苦笑)。なので、数種類買ってきては流水で洗い、水気を十分に切ってから粗みじん切りにし、保存袋に入れて冷凍庫へ。

 ご想像どおり、出来上がり時はかなり薄味です。「塩は後からでも足せる」の法則ですね。当日の朝、小鍋に移して温める際に必要あれば塩を加え、最終的に調節。そしてコショラーなので、器に盛った後、黒コショウをゴリゴリゴリッと挽き入れます。ものぐさではありますが、そのぐらいはやります。

 それでも市販の顆粒コンソメなど入れずとも、満足感の高い優しい味わいのスープができます。なにより、昨夜のお酒が軽く残っていても朝ごはんが楽しみに……!

春野菜でスープストックタイリョー生活を継続

2日目は豆乳で“味変”!(C)コクハク
2日目は豆乳で“味変”! (C)コクハク

 季節はすっかり春。新じゃが、新にんじん、新玉ねぎ、春きゃべつ……あなたたちが入れば、やっぱり、一人ぼっちの朝食もわびしくない!(苦笑)

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


まだ買える⁉無印のカカオトリュフに夢中 2021.12.7(火)
 冬季限定で絶賛販売中の無印良品「カカオトリュフ」(全5種)、これ、本当にすごい。11月に入ってすぐ、お店でなんとなく目...
「マッシュルーム、トマト、チーズのホイル包み」肉厚が最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...