スープストックタイリョー 2021.4.4(日)

コクハク編集部
更新日:2021-04-04 06:00
投稿日:2021-04-04 06:00

朝食は活力の源、元気の源

食物繊維もたっぷり(C)コクハク
食物繊維もたっぷり (C)コクハク

 一人暮らしです、わびしいです。朝からせっせと食事を作る元気はありません。張り合いもありません。それでも、毎日朝はやってきます……とまあ、ご託を並べてばかりでもいられません。

 朝食は活力の源、元気の源。毎日極力食べるように心がけているのですが、withコロナの生活になってから継続しているのが、スープストックな生活です。一度に仕込む量はとにかくたくさん。日中、仕事の合間を見計らって大きなお鍋いーっぱいにこしらえます。

 レシピは珍しくもなければ、目からウロコでもありません。ただただ基本に忠実。どこにでもあるスープの作り方です。おさらいしてみましょう。

・残り物の野菜2種類以上(うち根野菜が入っていると、食べ応えが増してなおベター)
・うまみとなるもの(ハム、ベーコン、油揚げなど)
・2種類以上のハーブ類(ローリエ、クミン、イタリアンパセリ、ローズマリーなど)

 この“三種の神器”さえ用意できれば、あとは、水と塩と一緒に「弱火でコトコト煮込む」だけ。えぐみなどが出てきてしまうので、ぐらぐらと沸騰させないよう、やさしく見守りながら愛でるように煮込みましょう(←この気持ちが大切)。

とある日のサツマイモごろごろスープのレシピ

3日分ぐらいでしょうか(C)コクハク
3日分ぐらいでしょうか (C)コクハク

 ここ数カ月のお気に入りは、サツマイモを入れたスープでした。火を入れるとほんのり甘くてホックホク、胃腸にもやさしい気がします。

【材料】

・サツマイモ (小)2本
・にんじん 1/2本
・玉ねぎ 1個
・きのこミックス 適量
・ベーコン 2枚
・生のハーブ、クミン、ローリエ 適量
・塩 ひとつまみとちょっと

 きのこは数種類買ってきて天日干し→冷凍庫にてスタンバイ。水分が抜けたきのこを冷凍すると、さらに食感と旨味が増すといわれています。なにより冷蔵庫で干からびる心配もありません。ものすごーく重宝しますので、ぜひお試しを。

ハーブ類も冷凍庫でストック

根野菜などを先に煮込み、のちほど玉ねぎをイン(C)コクハク
根野菜などを先に煮込み、のちほど玉ねぎをイン (C)コクハク

 ハーブ類も冷凍しておきます。スーパーでよく見かけるパックなアレは一度に使い切るのがなかなか難しい(なにせ一人暮らしなもので・苦笑)。なので、数種類買ってきては流水で洗い、水気を十分に切ってから粗みじん切りにし、保存袋に入れて冷凍庫へ。

 ご想像どおり、出来上がり時はかなり薄味です。「塩は後からでも足せる」の法則ですね。当日の朝、小鍋に移して温める際に必要あれば塩を加え、最終的に調節。そしてコショラーなので、器に盛った後、黒コショウをゴリゴリゴリッと挽き入れます。ものぐさではありますが、そのぐらいはやります。

 それでも市販の顆粒コンソメなど入れずとも、満足感の高い優しい味わいのスープができます。なにより、昨夜のお酒が軽く残っていても朝ごはんが楽しみに……!

春野菜でスープストックタイリョー生活を継続

2日目は豆乳で“味変”!(C)コクハク
2日目は豆乳で“味変”! (C)コクハク

 季節はすっかり春。新じゃが、新にんじん、新玉ねぎ、春きゃべつ……あなたたちが入れば、やっぱり、一人ぼっちの朝食もわびしくない!(苦笑)

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


「水ダコの和風カルパッチョ」薬味たっぷりサラダ感覚で!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・高円寺の居酒屋「あんぽんたん」の村山正人...
「アボカドの卵黄づけ」だし醤油に15分漬けて卵を落とすだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・高円寺の居酒屋「あんぽんたん」の村山正人...
最旨っ!ペヤング「獄激辛にんにく」実食 2021.8.3(火)
 まるか食品の「ペヤング獄激辛シリーズ」に新しい仲間が加わりました。その名も「獄激辛にんにくやきそば」! 夏だからね、に...
「水なすのみょうが味噌かけ」味噌と砂糖のバランスがカギ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...