理想は成長し合えるカップル♡ 彼を尊敬できなくなったら?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-04-12 06:00
投稿日:2021-04-12 06:00
 大人の男女のお付き合いでは、「成長し合える関係」を理想とする人が増えてきます。実は、お互いに成長し合える関係でいることは、恋愛が長続きする秘訣にもなるそう。そんなカップルには、どんな特徴があるのでしょうか? また、もしも彼を尊敬できなくなった時には、どうすれば良いのでしょう?

成長し合えるカップルってどんな関係? 7つの特徴

お互いが自立している(写真:iStock)
お互いが自立している (写真:iStock)

「彼氏とは、お互いに成長できる関係がいい」、そんなふうに思う女性は多いです。でも、相手が同じような価値観を持っているとは限りません。そこでまずは、成長し合えるカップルの特徴を見てみましょう。自分が理想とする恋愛像のヒントになるかもしれません。

1. 尊敬し合える

 お互いを尊敬し合えることは、成長し合えるカップルの最大の特徴です。尊敬の気持ちが欠けてしまうと、人によっては相手を見下したり、軽視してしまうことも。これだと喧嘩になりやすいのはもちろん、関係を続けることも難しくなってしまいます。

 尊敬できる相手といると自分も頑張ろうと思えるため、常に新しいことにチャレンジする気持ちが湧いてきます。その結果、いつも新鮮な姿を相手に見てもらえて、マンネリしづらくなるというメリットもありますね。

2. 一人の時間を有意義に過ごせる

 学生時代のように「四六時中一緒にいても飽きない」と思えるのは、相性の良い証拠かもしれません。しかし、なかなかそうはいかないのが現実。

 大人になると、それぞれの仕事や人間関係、趣味や勉強などがあるため、一人の時間をいかに上手に使えるかが大切だったりします。会えない時間を有意義に過ごせることも、成長し合うカップルには欠かせないことでしょう。

3. 価値観を押し付けず、尊重し合える

 育った環境や経歴は人それぞれですので、価値観は一人一人違って当たり前。しかし、中には自分の価値観を押し付けて、相手の色を変えようとする人もいます。

 その点、成長し合えるカップルは、自分の価値観を相手に押し付けず、尊重し合うことができます。「ちょっと違うな」と思うことがあっても、「それも相手の一部」だと許すことができたり、上手に伝えて妥協点を見つけることができるのです。

4. 自立している

 精神面でも経済面でも、すべてにおいてお互いが自立していることも、成長し合えるカップルの秘訣でしょう。

 どちらかが相手に寄りかかってしまうと、本来対等であるはずのカップルのバランスは崩れてしまいます。「もしも相手がいなくなったとしても、変わらずに生活をしていける」、そういった基盤があるからこそ、計算なしで相手を大切に思うことができますし、たとえ相手が病気になったとしても、経済的に苦難に陥っても、前を向いて支え合うことができる関係を作ることができるでしょう。

5. 欠点を補える

 人間誰しも、長所があれば短所もあります。相手の短所が見えた時、ただがっかりするのではなく、補おうと行動できるのも成長し合えるカップルの特徴です。

 相手が口下手なら、自分から連絡を頻繁にとってみたり、片付けが苦手であれば、マメに掃除をしてみるなど。そういったお互いの気遣いでトラブルは減りますし、そんな相手の姿を見て自分も変わろうと思えるため、ますます良い関係性を築いていくことができます。

6. 褒め合える

 相手の良いところを見つけて褒め合えるのも、お互いに成長できるカップルの証でしょう。誰かを手放しで褒めることができるのは、自分に余裕や自信があり、精神的に落ち着いているからこそ。

 好きな人に褒められて、嫌な気がする人なんていません。褒め合うことができるとお互いに気持ちよくいられますし、褒めてもらったことを意識して保とうとしたり、高めようとするでしょう。これも、それぞれの成長の原動力になるはずです。

7. ポジティブな気持ちになれる

 成長し合える相手と一緒にいると、ポジティブな気持ちになれますし、自然と笑顔も増えます。夢を語ったり、相手に一番に報告したくなるような楽しい話題が増えるため、精神的にも安心でき、お互いが癒しの存在になれるでしょう。

 恋愛面でそういった状態を作れたら、悩みも少なくなるため、仕事や趣味、スキルアップにと、思い切り打ち込める環境が作れます。そうすることで、また成長できる……と、良いループを作れるのです。

もしも相手を尊敬できなくなったら…?

よい部分を見ることも大切(写真:iStock)
よい部分を見ることも大切 (写真:iStock)

 恋が始まった当初は、相手をかっこいいと思えたり、素直に「すごい」と思える瞬間があったはず。しかし、いつしか相手のことを尊敬できなくなったら、どのように対処すれば良いのでしょうか?

尊敬できなくなった理由を考える

 物事にはきっかけがあるはずです。最初は尊敬していたはずなのに、なぜそうではなくなってしまったのかを考えてみましょう。

「あの仕事をしている時の彼が好きだった」というのであれば、彼に仕事に打ち込んで欲しいと思っているのかもしれませんし、「誰にでも優しい彼を尊敬できた」というのであれば、優しくない彼の姿を見てしまったのかもしれません。

 それを改善できるようであれば、サポートしてみるのもあり。しかし、一度失ってしまった「彼を尊敬する気持ち」は取り戻すことができない可能性もあるので、どうしても修正できないような理由であれば、別れを考えたほうが良い場合もあります。

「成長」を求めすぎている可能性もある

 彼に悪いところはまったく見当たらないのに、尊敬できなくなってしまったという場合には、彼に「成長」を求めすぎているのかもしれません。向上心が高い女性に多いケースだと思いますが、自分のスピードと同じように相手にも成長してほしいと思ってしまうのです。

 しかし、価値観や成長の速度は人それぞれ。そもそも、相手は「成長」に重きを置いていない可能性もあります。相手が変わらずに穏やかに笑顔を向けてくれるからこそ、自分が思い切りチャレンジできているのかもしれませんよ。悪い部分だけを見るのではなく、良い部分に目を向けてみましょう。

恋愛に正解はない!「成長」にどのくらい重きを置く?

「成長し合いたい」と思っても価値観を押し付けず(写真:iStock)
「成長し合いたい」と思っても価値観を押し付けず (写真:iStock)

 自分の理想が「成長し合えるカップル」だったとしても、価値観は人それぞれ。成長したことで「昔はこんなところがよかったのに変わってしまった……」と相手が離れていってしまう場合もありますから、価値観を押し付けないことが大切です。

 そう考えると、成長し合える関係を求める女性は、相手も同じように成長し合いたいと思ってくれる男性を見つけたほうが手っ取り早いのかもしれません。でも、好きになる相手や今の彼がそうであるとは限らないため、見て見ぬふりができるなら、成長は自分だけの目標にしておくという道もあるでしょう。

 恋愛に正解はありませんから、そこも含めて、「相性」なのかもしれませんね。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ