理想は成長し合えるカップル♡ 彼を尊敬できなくなったら?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-04-12 06:00
投稿日:2021-04-12 06:00
 大人の男女のお付き合いでは、「成長し合える関係」を理想とする人が増えてきます。実は、お互いに成長し合える関係でいることは、恋愛が長続きする秘訣にもなるそう。そんなカップルには、どんな特徴があるのでしょうか? また、もしも彼を尊敬できなくなった時には、どうすれば良いのでしょう?

成長し合えるカップルってどんな関係? 7つの特徴

お互いが自立している(写真:iStock)
お互いが自立している (写真:iStock)

「彼氏とは、お互いに成長できる関係がいい」、そんなふうに思う女性は多いです。でも、相手が同じような価値観を持っているとは限りません。そこでまずは、成長し合えるカップルの特徴を見てみましょう。自分が理想とする恋愛像のヒントになるかもしれません。

1. 尊敬し合える

 お互いを尊敬し合えることは、成長し合えるカップルの最大の特徴です。尊敬の気持ちが欠けてしまうと、人によっては相手を見下したり、軽視してしまうことも。これだと喧嘩になりやすいのはもちろん、関係を続けることも難しくなってしまいます。

 尊敬できる相手といると自分も頑張ろうと思えるため、常に新しいことにチャレンジする気持ちが湧いてきます。その結果、いつも新鮮な姿を相手に見てもらえて、マンネリしづらくなるというメリットもありますね。

2. 一人の時間を有意義に過ごせる

 学生時代のように「四六時中一緒にいても飽きない」と思えるのは、相性の良い証拠かもしれません。しかし、なかなかそうはいかないのが現実。

 大人になると、それぞれの仕事や人間関係、趣味や勉強などがあるため、一人の時間をいかに上手に使えるかが大切だったりします。会えない時間を有意義に過ごせることも、成長し合うカップルには欠かせないことでしょう。

3. 価値観を押し付けず、尊重し合える

 育った環境や経歴は人それぞれですので、価値観は一人一人違って当たり前。しかし、中には自分の価値観を押し付けて、相手の色を変えようとする人もいます。

 その点、成長し合えるカップルは、自分の価値観を相手に押し付けず、尊重し合うことができます。「ちょっと違うな」と思うことがあっても、「それも相手の一部」だと許すことができたり、上手に伝えて妥協点を見つけることができるのです。

4. 自立している

 精神面でも経済面でも、すべてにおいてお互いが自立していることも、成長し合えるカップルの秘訣でしょう。

 どちらかが相手に寄りかかってしまうと、本来対等であるはずのカップルのバランスは崩れてしまいます。「もしも相手がいなくなったとしても、変わらずに生活をしていける」、そういった基盤があるからこそ、計算なしで相手を大切に思うことができますし、たとえ相手が病気になったとしても、経済的に苦難に陥っても、前を向いて支え合うことができる関係を作ることができるでしょう。

5. 欠点を補える

 人間誰しも、長所があれば短所もあります。相手の短所が見えた時、ただがっかりするのではなく、補おうと行動できるのも成長し合えるカップルの特徴です。

 相手が口下手なら、自分から連絡を頻繁にとってみたり、片付けが苦手であれば、マメに掃除をしてみるなど。そういったお互いの気遣いでトラブルは減りますし、そんな相手の姿を見て自分も変わろうと思えるため、ますます良い関係性を築いていくことができます。

6. 褒め合える

 相手の良いところを見つけて褒め合えるのも、お互いに成長できるカップルの証でしょう。誰かを手放しで褒めることができるのは、自分に余裕や自信があり、精神的に落ち着いているからこそ。

 好きな人に褒められて、嫌な気がする人なんていません。褒め合うことができるとお互いに気持ちよくいられますし、褒めてもらったことを意識して保とうとしたり、高めようとするでしょう。これも、それぞれの成長の原動力になるはずです。

7. ポジティブな気持ちになれる

 成長し合える相手と一緒にいると、ポジティブな気持ちになれますし、自然と笑顔も増えます。夢を語ったり、相手に一番に報告したくなるような楽しい話題が増えるため、精神的にも安心でき、お互いが癒しの存在になれるでしょう。

 恋愛面でそういった状態を作れたら、悩みも少なくなるため、仕事や趣味、スキルアップにと、思い切り打ち込める環境が作れます。そうすることで、また成長できる……と、良いループを作れるのです。

もしも相手を尊敬できなくなったら…?

よい部分を見ることも大切(写真:iStock)
よい部分を見ることも大切 (写真:iStock)

 恋が始まった当初は、相手をかっこいいと思えたり、素直に「すごい」と思える瞬間があったはず。しかし、いつしか相手のことを尊敬できなくなったら、どのように対処すれば良いのでしょうか?

尊敬できなくなった理由を考える

 物事にはきっかけがあるはずです。最初は尊敬していたはずなのに、なぜそうではなくなってしまったのかを考えてみましょう。

「あの仕事をしている時の彼が好きだった」というのであれば、彼に仕事に打ち込んで欲しいと思っているのかもしれませんし、「誰にでも優しい彼を尊敬できた」というのであれば、優しくない彼の姿を見てしまったのかもしれません。

 それを改善できるようであれば、サポートしてみるのもあり。しかし、一度失ってしまった「彼を尊敬する気持ち」は取り戻すことができない可能性もあるので、どうしても修正できないような理由であれば、別れを考えたほうが良い場合もあります。

「成長」を求めすぎている可能性もある

 彼に悪いところはまったく見当たらないのに、尊敬できなくなってしまったという場合には、彼に「成長」を求めすぎているのかもしれません。向上心が高い女性に多いケースだと思いますが、自分のスピードと同じように相手にも成長してほしいと思ってしまうのです。

 しかし、価値観や成長の速度は人それぞれ。そもそも、相手は「成長」に重きを置いていない可能性もあります。相手が変わらずに穏やかに笑顔を向けてくれるからこそ、自分が思い切りチャレンジできているのかもしれませんよ。悪い部分だけを見るのではなく、良い部分に目を向けてみましょう。

恋愛に正解はない!「成長」にどのくらい重きを置く?

「成長し合いたい」と思っても価値観を押し付けず(写真:iStock)
「成長し合いたい」と思っても価値観を押し付けず (写真:iStock)

 自分の理想が「成長し合えるカップル」だったとしても、価値観は人それぞれ。成長したことで「昔はこんなところがよかったのに変わってしまった……」と相手が離れていってしまう場合もありますから、価値観を押し付けないことが大切です。

 そう考えると、成長し合える関係を求める女性は、相手も同じように成長し合いたいと思ってくれる男性を見つけたほうが手っ取り早いのかもしれません。でも、好きになる相手や今の彼がそうであるとは限らないため、見て見ぬふりができるなら、成長は自分だけの目標にしておくという道もあるでしょう。

 恋愛に正解はありませんから、そこも含めて、「相性」なのかもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...