“色っぽいメイク”で男心を掴む♡ メイクで色気を作る方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-04-29 06:00
投稿日:2021-04-29 06:00
 色気のある女性って、同性でも惹かれてしまいますよね♡ でも、「私には色気なんてまったくないし……」と、諦めている人も多いのではないでしょうか? 実は、色気はメイクでも作ることができるんです! そこで今回は、色っぽいメイクのやり方をご紹介します。さらに、メイクと併せて、全体の色気をアップさせるポイントもご紹介します♡

“女性の色気”ってどんなところで感じるの?

色気を感じるメイクって?(写真:iStock)
色気を感じるメイクって? (写真:iStock)

 男性は女性の顔を見た時に、「ぽってりした唇」や「潤んだ瞳」から、色気を感じやすいそうです。また、女性は色気を出そうとメイクなども作り込んでしまいがちですが、男性が魅力を感じるのは、人工的に作り込まれていない「自然な美しさ」。そのため、派手なメイクよりも、上品な色気を感じるナチュラルメイクのほうが断然人気なんですよ。

 さらに、ツヤがある白くて透明な美肌も色気を感じさせるポイント。これを押さえておくと、色っぽいメイクが作りやすくなります♡

色気は作れる! 色っぽいメイクのやり方

ハイライトよりもオイルで「色っぽさ」を(写真:iStock)
ハイライトよりもオイルで「色っぽさ」を (写真:iStock)

 それではさっそく、色っぽいメイクのやり方をご紹介しましょう!

【ファンデーション】厚塗り厳禁! 素肌感が命

 色っぽいメイクをする際には、とにかくナチュラルな素肌感が大切! 具体的な方法を見ていきましょう。

1. 淡いピンクのコントロールカラー下地を、顔全体に塗る
2. 気になる部分には、少量のコンシーラーを使って肌を均一にする
3. 両頬にリキッドファンデを多めに塗り、スポンジで顔全体に伸ばす

 ピンク色のコントロールカラーは明るく柔らかい肌に見せ、血色をプラスしてくれます。下地で肌を均一にしたら、ファンデーションは頬から全体に伸ばしていきましょう。この時、新しくファンデーションを足さずに、スポンジに残ったものを塗り伸ばしていくのがポイントです。

【オイル】自然なツヤをプラス

 色っぽいメイクにツヤ感は必須です。オイルを使って、自然なツヤをプラスしていきましょう。

1. 少量のオイルを手に取り、手の甲に伸ばす
2. 鼻筋、目尻、頬の高い部分、眉頭と眉尻の下に軽く塗ってツヤを出す

 通常ならラメ入りのハイライトなどを使う人も多いと思いますが、色気を出すには作られたツヤではなく、自然なツヤを作るのが効果的。あえてオイルのみでツヤを出すことで、滲み出るようなセクシー肌が手に入ります。

赤みのあるアイシャドウで血色感を演出(写真:iStock)
赤みのあるアイシャドウで血色感を演出 (写真:iStock)

【アイメイク】血色感の赤で知的&セクシーな目元に

 色気は、内側から火照ったような血色感からも滲み出ます。そのため、アイメイクには赤みのあるブラウンを使うのがおすすめ。

1. 赤みのあるブラウンのアイシャドウを用意する
2. アイホール全体に、赤みブラウンを伸ばしていく
3. 涙袋の際に、赤みブラウンを細いラインでのせていく
4. ナチュラルベージュの細かいラメを目頭と涙袋に少量塗って、潤んだ感じを演出する

 赤みブラウンは、透け感のあるカラーがおすすめ。透明感がありながらも深い赤色に、大人の知性とセクシーさが宿ります。

【リップ】ぽってりした厚みが重要

最後はグロスでうるうる感をプラス(写真:iStock)
最後はグロスでうるうる感をプラス (写真:iStock)

 多くの男性は、女性の唇からも色気を感じるといいます。ポイントは、ぽってりした厚みのある唇を作ること。

1. リップクリームやバームなどを使って、唇を潤わせる
2. ブラウン系の深い赤リップを、少しオーバー気味に塗っていく
3. 最後にグロスで濡れたツヤ感を出す

 おすすめカラーは、ブラウン系の赤リップです。深みのある色が、大人女性の色気を演出します。ぽってりした唇がポイントなので、少しオーバー気味に塗っていくと良いですよ。唇が乾燥していると色気が半減してしまうので、リップを塗る前の保湿は念入りに行いましょう。

【チーク】チークはなしでもOK

 血色感をプラスするチークですが、実はなくてもOK。その分、唇に視線が集中しますし、チークがないだけで一気に甘さがなくなり、大人っぽい色気が出ます。ぜひ、試してみてくださいね!

色っぽいメイクにプラス! 色気を感じさせる3つのポイント

美しい髪に感じる色気(写真:iStock)
美しい髪に感じる色気 (写真:iStock)

 メイクだけでも、かなり色気をアップさせることはできますが、さらに色気を出すためのポイントを押さえておくとより効果的! さっそくチェックしてみましょう。

1. 綺麗な髪の毛

「髪は女の命」ともいうように、髪の毛が与える印象は大きいものです。特に男性は、艶やかで綺麗な髪の毛にも、女性の色気を感じるそう。せっかく色っぽいメイクをしても、髪の毛がボサボサだったら残念ですよね。日頃からしっかり保湿したり、美容院でケアしたりするようにしましょう。

2. いい香り

 すれ違う時に女性からふんわりと良い香りがすると、男性はドキドキするそう。特に人気の香りは、石鹸やシャンプーの香り。きつくない程度の自然な香りで、男性に色気をアピールしましょう。

3. 女性らしい仕草

 たとえば、電車に座っている女性がスカートなのに足を広げていると、男性は一気に幻滅してしまいます。姿勢や物を拾う際に裾を気にしたり、何かを触る時に丁寧に扱ったりなど、さりげなく女性らしい仕草からも男性は色気を感じます。

色っぽいメイクで男性の視線を釘付けに♡

色っぽさにみんながドキドキしちゃうかも♡(写真:iStock)
色っぽさにみんながドキドキしちゃうかも♡ (写真:iStock)

 色っぽさは、普段から意識していないとなかなか出せないもの。でも、普段のメイクを色っぽいメイクにするだけで、不思議と所作まで色っぽくなります。ぜひ今日から、いつもよりほんの少し色気を意識して過ごしてみましょう。

 いつもは感じない男性たちの視線を感じるかもしれませんよ♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


石原さとみの不動の“モテリップ”を叶えるプチプラコスメ3選♡
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
知らないと損する! 老け見え髪型&若見え髪型の共通点7つ
 髪は女の命といいますが、髪型でも美しさに関わる印象は大きく左右します。せっかく綺麗な髪の毛をしているのに、老け見えする...
キレイな眉をキープする♡ 眉毛を整える頻度&お手入れ方法
 眉毛は、人の表情に大きな影響を与えるものですよね。細すぎるとキツい人に見えてしまったり、ぼさぼさだとだらしなく見えたり...
白髪染めの頻度はどれくらいが最適? 期間を伸ばすテクニック
 染めても染めても、すぐに目立ってしまう「白髪」。でも、髪へのダメージも気になってしまいますよね……。そこで今回は、白髪...
篠原涼子の凛とした透明感に憧れる! 美容家おすすめテク3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツを、...
前髪が決まらない人へ♡ 3つの原因&悩み別解決法をご紹介
 前髪は、顔の印象に大きな影響を与えるもの。朝、前髪が決まらないだけで全体的に残念な印象になってしまい、一日中気分が上が...
セルフネイルを長持ちさせる塗り方のコツ&お手入れポイント
 自宅で簡単にできてしまうセルフネイルは、ネイルサロンに通う時間やお金が節約できるし、何より手軽なのが魅力! 問題がある...
簡単にできる寝癖の直し方6選♡ “水なし”でもOKな方法も
 忙しい朝に私たちを悩ますのが「寝癖」。できるだけ早く直したい寝癖ですが、時には外出先で気づくこともありますよね……。そ...
時短で秋メイク♡ “アースカラー”の抜け感アイで誰でも旬顔に
 秋は「アースカラー」が映える時期です。洋服のコーディネートでも、カーキやブラウンといった、落ち着いた色合いのものを着る...
男ウケを狙うなら?メイクのポイント5つ♡ 部分別テクニック
 女性にとってメイクはひとつの武器。意中の男性を落とすために、メイクに力を入れている人もいるでしょう。でも、自分の好みや...
材料費1200円でスワロフスキー手作りピアス 2021.9.11(土)
 マスク生活となり、口元よりアイメークに力を入れるようになりましたね。アクセサリー類もリモートワークを意識した「オンライ...
透明感メイクで“肌美人”に♡ 綺麗に仕上げる8つのポイント
 肌の透明感は生まれつきのものだと思っている人も多いようですが、実は、コツさえマスターすればメイクでも作れるんですよ♡ ...
失敗しない!美容室でのヘアスタイルの頼み方6つのポイント
 理想のヘアスタイルを目指して美容室に足を運んだのに、「思っていたスタイルにならなかった……」と、後悔した経験がある人も...
田中みな実アイメイクを目指すなら?美容家が選ぶアイテム3選
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」と憧れる女性は多いもの。すべてのパーツをま...
ハイヒールで足が痛い…原因&知っておきたい簡単対処法4選
 女性のファッションの必須アイテムでもある、「ハイヒール」。おしゃれにスタイルアップができる反面、「足が痛い……」と、苦...
縮毛矯正の知っておきたいデメリット6つ&よくある疑問を解決
 くせ毛や髪の広がりが気になる人にとって、縮毛矯正は強い味方! ボリュームを抑え、髪の毛をまっすぐにしてくれるため、朝の...