ティッシュ美容8選♪ メイク直しや美肌ケアに大活躍&裏技も

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-10-17 06:00
投稿日:2020-10-17 06:00
 私たちの身近な存在である「ティッシュ」。今、このティッシュがメイク直しや美肌ケアなどに使える美容アイテムだと、注目されているのをご存じでしょうか? コスパも良く、どのご家庭にもあるティッシュの活用法を、今回はたっぷりご紹介します!

知ってると得するティッシュ美容の方法5選♡

ティッシュってこんなに便利!(写真:iStock)
ティッシュってこんなに便利! (写真:iStock)

 さっそく、ティッシュ美容の方法をご紹介します。どの方法も、知ったらきっと試したくなるものばかり。さまざまなシーンで役立ちますよ。

1. 洗顔後、ティッシュで水分をオフ

「洗顔後には、清潔なタオルで水分を拭き取る」のが、従来の常識。でも、今、美容家さんの間で、タオルの代わりにティッシュを使うのが流行っています。

 なぜ、タオルがNGなのかというと、洗剤の残りや雑菌が付着していたり、どんなに優しく押し当てても少なからず摩擦が起こってしまうため、肌トラブルの原因になり得るものだからだそう。その点、ティッシュは毎回新しく清潔に使えるうえ、肌触りも柔らかくて肌負担が少ないのが魅力。

 やり方は簡単! ティッシュを1〜2枚顔に乗せて、水分を拭き取るだけ。高価なティッシュだとボロボロとちぎれてしまうことがあるため、一般的な安いティッシュのほうが扱いやすいようですよ。

2. ベースメイク崩れ予防にもティッシュが活躍

 暑い季節は汗や皮脂、寒い季節は乾燥……など、メイクが崩れる原因はたくさんあります。特にベースメイクの崩れは肌が汚く見えてしまうため、お悩みの方も多いでしょう。

 メイク前、スキンケアでの保湿は必須事項ですが、このスキンケアの油分によってヨレや崩れが起こりやすいのも事実。これを低減させてくれるのが、メイク前のティッシュオフです。

 化粧下地を塗る前に、ティッシュで顔全体を軽く押さえましょう。こうすることで、余分な油分をオフすることができます。それでもメイク後にベタつきが気になるようであれば、ベースメイク後にもう1度ティッシュオフをしても良いでしょう。

3. メイク直し時、あぶらとり紙代わりに使う

 ティッシュをあぶらとり紙代わりに使うというのは、もはや、おしゃれ女子の常識かもしれません。あぶらとり紙はテカリ予防に有効なアイテムですが、皮脂や水分を取りすぎてしまうというデメリットがあるそう。皮脂を取りすぎると肌は乾燥を防ぐために、さらに皮脂を分泌させ、テカリやメイク崩れがひどくなってしまうんですね。

 その点、ティッシュを使うと、肌に必要な皮脂は残しながら余分な油分のみをオフできます。その後、ミストなどで保湿を行い、メイク直しを行いましょう。

4. 応急処置としてパックとしても使える

 旅行先で乾燥が気になる……など、肌の水分不足を感じた時に応急処置としてティッシュをパックとして使うことも可能。コットンパックのようにティッシュに化粧水を染み込ませて、気になる部分にのせるだけ。3分ほど経ったら剥がして、美容液→乳液とケアを続けましょう。

 ただし、ティッシュは化粧水などを吸収することはできるものの、成分を肌に浸透させることにはあまり向いていないそうです。そのため、普段はシートマスクなど従来のパックアイテムを利用してくださいね。あくまで、応急処置として使用しましょう。

5. メイク直し時、綿棒代わりになる

 アイメイクなどの細かい部分のヨレが気になった時、綿棒を活用している方は多いでしょう。でも、いざという時に綿棒がなくても、ティッシュを代わりに使えます。

 ティッシュを何度か折って、少し硬い角の部分を作ります。その角を目の縁や小鼻脇など、メイク崩れが気になるところに当ててオフするだけ。ティッシュさえあれば、もう綿棒を持ち歩く必要はないかもしれませんね。

知れば知るほど役立つ! ティッシュ美容の裏技3選

花粉症の季節の対策は?(写真:iStock)
花粉症の季節の対策は? (写真:iStock)

 上記でお伝えしたように、ティッシュは洗顔時、メイク時、メイク直し時など、さまざまなシーンで役立てることができる優れもの。さらに、こんな裏技もあったのでご紹介します。

1. ティッシュ1枚で肌質診断ができる

 肌質は脂性肌や乾燥肌など、いくつかの種類に分かれますが、自分がどの肌質かを知りたい時にも役立つのがティッシュ。

 夜、洗顔をしたら、スキンケアを行わずにそのまま寝ます。そして、6時間ほど睡眠をとったら、起きてすぐにティッシュを1枚顔に押し付け、どの状態で落ちるかをチェックします。

・前を向いた時に落ちる→乾燥肌
・下を向いた時に落ちる→普通肌
・下を向いても落ちない→脂性肌

 もちろん、スキンチェッカーなどを利用したほうが正確な診断ができますが、手軽にチェックしたい方にはおすすめの方法です。

2. あぶらとり紙の代用にはティッシュの内側がおすすめ

 ティッシュをあぶらとり紙の代用として使う方法については上記でお伝えしましたが、「皮脂が気になるから、もう少し油分を取り除きたい」という方におすすめなのが、ティッシュの内側を使う方法。

 知っての通り、ティッシュは2枚重ねになっています。これを剥がして1枚ずつにすると、外側よりも内側の方がざらざらしていることがわかるはず。この内側の面を肌に当てることで、より皮脂を吸収できます。ただし、繰り返しますが、皮脂の取りすぎには注意! 優しく押さえるだけにしてください。

3. 鼻をかむ前には霧吹きでティッシュを湿らせる

 花粉症や風邪を引いた時など、鼻をかむ時にティッシュを使うのは一般的。でも、鼻をかみすぎると、肌が赤くなったり、ヒリヒリと痛くなってしまうことがありますよね。

 今では、肌に負担がかかりづらい保湿成分入りの柔らかいティッシュなども販売されていますが、普通のティッシュでも肌負担を減らす方法があります。それが、鼻をかむ前に霧吹きでティッシュを湿らせるという方法。小さいお子さんがいるご家庭にもおすすめです。肌トラブルから、柔らかい肌を守ることができますね。

今日から実践♡ 毎日のティッシュ美容で美肌に近づける

洗顔後のタオル代わりに使っても(写真:iStock)
洗顔後のタオル代わりに使っても (写真:iStock)

 いかがでしょうか? 今回ご紹介した方法は、一般的なティッシュでもできる美容方法ですが、肌が弱い方はローションティッシュなどを利用してみると、さらに肌負担を減らすことができるでしょう。

 たかがティッシュ、ですが、劇的に美容ライフが楽になること間違いなし! ぜひ、ティッシュ美容を毎日の美肌ケアに役立ててくださいね♪

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
 口紅よりも落ちないと、人気の「ティントリップ」。食事をしてもマスクをつけても落ちにくいため、もはや、メイクの定番アイテ...
FILM
 そろそろ本格的な冬に向けて、アイメイクを少し変えてみたいと思う女性も多くなる時期ですね。アイシャドウやチークはメイクの...
FILM
 秋から冬にかけて、おしゃれにブーツを履きこなしている人も多いでしょう。ブーツは、寒い時期のファッションポイントにもなる...
FILM
 マスクに顔が隠れる最近、美容熱が下がっている人も多いのではないでしょうか? それなら、雑誌の付録で新しいアイテムを試す...
FILM
 大きさ、形、ハリ……など、バストに悩みを抱えている人は意外と多いもの。しかし、この手の悩みは人に相談しづらいため、一人...
FILM
 愛され顔に欠かせない「涙袋」。あるかないかで、目の大きさや印象が大きく左右されるパーツですよね。実際に、女優さんやタレ...
FILM
 現代人はスマートフォンやパソコンなどの端末を毎日何時間も触っています。同じ姿勢や下を向いている状態、首が前に出た姿勢が...
FILM
 おしゃれ女子の間で注目の「ワントーンメイク」。統一感が出て、一気におしゃれ上級者が目指す旬顔になることができるんです♡...
FILM
 数ある黒ずみケア商品の中でも人気が高いのが、今回ご紹介する「ホワイトラグジュアリープレミアム」。3回目のリニューアルを...
FILM
 目元のたるみや、なかなか消えないくまにお悩みではありませんか? そんな時におすすめのアイテムが、「アイクリーム」です♡...
FILM
 野菜やフルーツを一度に多く摂取できるスムージーはビタミンやミネラルが豊富、且つヘルシーなので美容意識の高い女性から根強...
FILM
 朝、しっかりアイメイクをしたはずなのに、夕方鏡を見ると真っ黒のパンダ目になっていた……! そんな経験は、誰にでもあるで...
FILM
 ヘルシーかつアレルゲンフリー、コレステロールフリーと魅力的な要素をいくつも持つ「ライスミルク」。ビタミン・ミネラル・食...
FILM
 TVや雑誌を見ていると、必ず出てくるおしゃれで綺麗な芸能人。そして、SNSには可愛いインフルエンサーが……。そんな毎日...
FILM
 女性の多くは、バストに関する悩みを抱えているもの。形や大きさなどに、コンプレックスを持っている人もいるでしょう。そんな...
FILM
 自分を可愛く見せるためのメイクですが、やり方を間違えると老けて見えたり、ケバく見えたりと、「ブス見え」になってしまうこ...